HOME 海外

2024.05.20

十種競技はワーナーが8678点でV 七種競技はフェッターが快勝/WA混成ツアー
十種競技はワーナーが8678点でV 七種競技はフェッターが快勝/WA混成ツアー

男子十種競技のワーナー

5月18日、19日の両日に、世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのハイポ・ミーティングがオーストリア・ゲツィスで開催され、男子十種競技では東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が8678点で優勝した。女子七種競技では東京五輪銀メダルのA.フェッター(オランダ)が今季世界最高の6642点で制している。

男子優勝のワーナーは、ブダペスト世界選手権で銀メダルを獲得して以来の十種競技競技に臨み、100m10秒20、走幅跳7m80、砲丸投14m55、走高跳2m03、400m47秒46で1日目を終えた。この日はオレゴン世界選手権の銅メダリスト・S.エハンマー(スイス)がトップで折り返した。

2日目のワーナーは110mハードル13秒45、円盤投46m41と得点を重ねエハンマーを逆転。その後も棒高跳4m80、やり投57m53、1500m4分36秒94とハイパフォーマンスを続けた。2位は22歳のS.ローゼン(オランダ)で8517点。エハンマーは1500mに出場せず途中棄権だった。

女子優勝のフェッターは1日目を2位で折り返し、得意のやり投で57m91を投げて首位に立つと、そのままトップを譲らなかった。2位にはオレゴン世界選手権6位のA.カリン(スイス)が6506点で続いた。

5月18日、19日の両日に、世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのハイポ・ミーティングがオーストリア・ゲツィスで開催され、男子十種競技では東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が8678点で優勝した。女子七種競技では東京五輪銀メダルのA.フェッター(オランダ)が今季世界最高の6642点で制している。 男子優勝のワーナーは、ブダペスト世界選手権で銀メダルを獲得して以来の十種競技競技に臨み、100m10秒20、走幅跳7m80、砲丸投14m55、走高跳2m03、400m47秒46で1日目を終えた。この日はオレゴン世界選手権の銅メダリスト・S.エハンマー(スイス)がトップで折り返した。 2日目のワーナーは110mハードル13秒45、円盤投46m41と得点を重ねエハンマーを逆転。その後も棒高跳4m80、やり投57m53、1500m4分36秒94とハイパフォーマンスを続けた。2位は22歳のS.ローゼン(オランダ)で8517点。エハンマーは1500mに出場せず途中棄権だった。 女子優勝のフェッターは1日目を2位で折り返し、得意のやり投で57m91を投げて首位に立つと、そのままトップを譲らなかった。2位にはオレゴン世界選手権6位のA.カリン(スイス)が6506点で続いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top