HOME 国内

2024.05.12

1500m飯澤千翔が復活!!日本歴代2位の3分35秒77「来年の世界選手権は標準を切って出たい」/木南記念
1500m飯澤千翔が復活!!日本歴代2位の3分35秒77「来年の世界選手権は標準を切って出たい」/木南記念

24年木南記念男子1500mで優勝を飾った飯澤千翔

◇木南記念(5月12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

日本GPシリーズG1の木南記念が行われ、男子1500mは飯澤千翔(住友電工)が3分35秒77の日本歴代2位をマークして優勝した。日本記録まであと0.35秒に迫った。

フィニッシュし、ガッツポーズを見せる。「しばらくトップでゴールできなかったのでホッとしました」。その表情は戻ってきた安堵感と、「やってきたことは間違っていない」という充実感にあふれていた。

金栗記念、織田記念(11位)と消極的なレースをしてしまった反省から「積極的に行こう」とスタート。前めでレースを進め、GP2連勝しているグエム・アブラハム(阿見AC)を、飯澤らしいキレ味のあるスパートで引き離した。

東海大1年で3分38秒94(当時U20日本歴代2位)を出し、4年目には3分36秒55(日本歴代2位)を出した。しかし、昨年はケガに苦しんだ。

3月の米国遠征後に腸脛靱帯を痛め、「6月くらいまでかかった」。その後は体調不良が続き、さらにふくらはぎも肉離れ。走り始めたのは「1月から」で、徐々に強度も上げてきたが、「大学の一番良かった頃と比べるとまだまだ」の内容だった。

それでも長野での高地合宿で調子を徐々に取り戻し、2戦を経てレース勘も戻ってきた。

「記録は意識していなかったですが、やってきたことが間違っていなかった。記録を見て、(日本記録まで)あと少しで悔しいなっていう感じです」

パリ五輪は厳しいが、ようやく世界を目指せるところに戻ってきた。「来年の東京世界選手権は参加標準記録を切って出たい。3分33秒あたりを切れるように頑張っていきます」。

頼もしい中距離の若きエースが、その輝きを再び放ち始めた。

◇木南記念(5月12日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 日本GPシリーズG1の木南記念が行われ、男子1500mは飯澤千翔(住友電工)が3分35秒77の日本歴代2位をマークして優勝した。日本記録まであと0.35秒に迫った。 フィニッシュし、ガッツポーズを見せる。「しばらくトップでゴールできなかったのでホッとしました」。その表情は戻ってきた安堵感と、「やってきたことは間違っていない」という充実感にあふれていた。 金栗記念、織田記念(11位)と消極的なレースをしてしまった反省から「積極的に行こう」とスタート。前めでレースを進め、GP2連勝しているグエム・アブラハム(阿見AC)を、飯澤らしいキレ味のあるスパートで引き離した。 東海大1年で3分38秒94(当時U20日本歴代2位)を出し、4年目には3分36秒55(日本歴代2位)を出した。しかし、昨年はケガに苦しんだ。 3月の米国遠征後に腸脛靱帯を痛め、「6月くらいまでかかった」。その後は体調不良が続き、さらにふくらはぎも肉離れ。走り始めたのは「1月から」で、徐々に強度も上げてきたが、「大学の一番良かった頃と比べるとまだまだ」の内容だった。 それでも長野での高地合宿で調子を徐々に取り戻し、2戦を経てレース勘も戻ってきた。 「記録は意識していなかったですが、やってきたことが間違っていなかった。記録を見て、(日本記録まで)あと少しで悔しいなっていう感じです」 パリ五輪は厳しいが、ようやく世界を目指せるところに戻ってきた。「来年の東京世界選手権は参加標準記録を切って出たい。3分33秒あたりを切れるように頑張っていきます」。 頼もしい中距離の若きエースが、その輝きを再び放ち始めた。

男子1500m日本歴代10傑

3.35.42 河村一輝(トーエネック) 2021. 7.17 3.35.77 飯澤千翔(住友電工)   2024. 5.12 3.36.59 三浦龍司(順大3)     2022. 4. 9 3.36.63 荒井七海(Honda)     2022. 6.22 3.36.69 遠藤日向(住友電工)   2022. 4. 9 3.37.18 佐藤圭汰(洛南高3京都)  2021. 7.17 3.37.36 森田佳祐(SUBARU)   2022. 7.16 3.37.42 小林史和(NTN)      2004. 7.31 3.37.90 戸田雅稀(サンベルクス) 2019. 7. 9 3.37.99 坂東悠汰(富士通)    2021. 7.17

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top