HOME 国内、大学

2024.05.12

順大・村尾雄己が果敢に攻めてV! 先輩・三浦龍司を「追うことで力がついたと実感」/関東IC
順大・村尾雄己が果敢に攻めてV! 先輩・三浦龍司を「追うことで力がついたと実感」/関東IC

24年関東インカレ男子1部3000m障害で優勝した村尾雄己

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの最終日が行われ、男子1部3000m障害は村尾雄己(順大3)が8分40秒43で優勝を飾った。

2021年東京五輪7位の“先輩”三浦龍司(現・SUBARU)を追う村尾が、序盤からレースを牽引して勝ちきった。

ラスト勝負を想定していたが、レース直前に「挑戦してみようかと思いました」とプランを変更。残り1周に入る前の水濠で一度は先頭を譲るもラスト1周で切り替える。2位に2秒以上の差をつけてゴールすると、右腕を突き上げて笑顔を浮かべた。

長野・佐久長聖高時代に同種目でインターハイ4位入賞。大学では3000m障害を続けるか悩んでいたというものの、「身近に三浦さんの走りを見たり、生活をする中で、三浦さんを追うことで力がついたと実感できました。(3000m障害の)見方が大きく変わったきっかけでした」。8分33秒76まで自己記録を伸ばし、昨年は日本選手権初出場も果たした。

三浦から学んだところは「怖じ気づかないところ」。国内では負けられない雰囲気が漂う中でも先頭を走って勝ちきる姿に、「自分の走りを貫かれている。速さだけじゃない、真の強さがあります」と尊敬のまなざしを向ける。

高校の後輩で、三浦の高校記録を更新した永原颯磨が加わるなど、“名門”順大はチーム内のレベルも高まっている。「まだまだ走力が足りていません。大学の中でも5000mや10000mで戦えるような強さを身につけていきたい」。これからも先輩の背中を追い続けていく。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目 関東インカレの最終日が行われ、男子1部3000m障害は村尾雄己(順大3)が8分40秒43で優勝を飾った。 2021年東京五輪7位の“先輩”三浦龍司(現・SUBARU)を追う村尾が、序盤からレースを牽引して勝ちきった。 ラスト勝負を想定していたが、レース直前に「挑戦してみようかと思いました」とプランを変更。残り1周に入る前の水濠で一度は先頭を譲るもラスト1周で切り替える。2位に2秒以上の差をつけてゴールすると、右腕を突き上げて笑顔を浮かべた。 長野・佐久長聖高時代に同種目でインターハイ4位入賞。大学では3000m障害を続けるか悩んでいたというものの、「身近に三浦さんの走りを見たり、生活をする中で、三浦さんを追うことで力がついたと実感できました。(3000m障害の)見方が大きく変わったきっかけでした」。8分33秒76まで自己記録を伸ばし、昨年は日本選手権初出場も果たした。 三浦から学んだところは「怖じ気づかないところ」。国内では負けられない雰囲気が漂う中でも先頭を走って勝ちきる姿に、「自分の走りを貫かれている。速さだけじゃない、真の強さがあります」と尊敬のまなざしを向ける。 高校の後輩で、三浦の高校記録を更新した永原颯磨が加わるなど、“名門”順大はチーム内のレベルも高まっている。「まだまだ走力が足りていません。大学の中でも5000mや10000mで戦えるような強さを身につけていきたい」。これからも先輩の背中を追い続けていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top