HOME ニュース、国内

2020.10.01

【100m】決勝に役者そろう 桐生「最後の10m焦らなければ行ける」準決勝10秒27/日本選手権
【100m】決勝に役者そろう 桐生「最後の10m焦らなければ行ける」準決勝10秒27/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日

男子100mは予選、準決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、多田修平(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)、飯塚翔太(ミズノ)といった有力どころが決勝に駒を進めた。

広告の下にコンテンツが続きます

 桐生は予選から「スタートが決まった」と10秒21(-0.3)の1着通過で、両手をパンっと叩く納得のレース。準決勝は「気温が下がっため身体を冷やさないように」臨み、「スタートしてすぐによろけた」ものの焦らず立て直し、10秒27(-0.3)で小池を0.01秒抑えた。決勝に向け、「練習でやってきたことを発揮したい。中盤、後半で伸びを出す。最後の10mで焦らず走れば行ける(勝てる)」と語った。

 小池は「今季は力が発揮できない不安がありましたが、今日は90点くらいの走りができた」とホッとした様子。「明日は準決勝と同じようにおおざっぱに行くか、修正するか考えます」と小池らしく冷静に話した。

 準決勝2組(0.0)は多田が10秒23でトップ、ケンブリッジが同タイム着差ありで続いた。「勝手に脚が回る理想的な走りに近づいた」と話し、「決勝は気合を入れて臨みたい」と力強い。ケンブリッジは「予選は脚に少し不安があり様子見だった。準決勝は身体も動いてきた」と振り返り、「明日はまた少し調子が上がると思う。集中して臨めれば」と見据えていた。

 また、決勝には今季10秒27を出している高校2年生の栁田大輝(東農大二)が残った。決勝は明日10月2日、20:30号砲が鳴らされる。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100m決勝のスタートリスト
2 栁田大輝(東農大二高)
3 鈴木涼太(城西大)
4 ケンブリッジ飛鳥(Nike)
5 小池祐貴(住友電工)
6 多田修平(住友電工)
7 桐生祥秀(日本生命)
8 竹田一平(スズキ)
9 飯塚翔太(ミズノ)

◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 男子100mは予選、準決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、多田修平(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)、飯塚翔太(ミズノ)といった有力どころが決勝に駒を進めた。  桐生は予選から「スタートが決まった」と10秒21(-0.3)の1着通過で、両手をパンっと叩く納得のレース。準決勝は「気温が下がっため身体を冷やさないように」臨み、「スタートしてすぐによろけた」ものの焦らず立て直し、10秒27(-0.3)で小池を0.01秒抑えた。決勝に向け、「練習でやってきたことを発揮したい。中盤、後半で伸びを出す。最後の10mで焦らず走れば行ける(勝てる)」と語った。  小池は「今季は力が発揮できない不安がありましたが、今日は90点くらいの走りができた」とホッとした様子。「明日は準決勝と同じようにおおざっぱに行くか、修正するか考えます」と小池らしく冷静に話した。  準決勝2組(0.0)は多田が10秒23でトップ、ケンブリッジが同タイム着差ありで続いた。「勝手に脚が回る理想的な走りに近づいた」と話し、「決勝は気合を入れて臨みたい」と力強い。ケンブリッジは「予選は脚に少し不安があり様子見だった。準決勝は身体も動いてきた」と振り返り、「明日はまた少し調子が上がると思う。集中して臨めれば」と見据えていた。  また、決勝には今季10秒27を出している高校2年生の栁田大輝(東農大二)が残った。決勝は明日10月2日、20:30号砲が鳴らされる。 男子100m決勝のスタートリスト 2 栁田大輝(東農大二高) 3 鈴木涼太(城西大) 4 ケンブリッジ飛鳥(Nike) 5 小池祐貴(住友電工) 6 多田修平(住友電工) 7 桐生祥秀(日本生命) 8 竹田一平(スズキ) 9 飯塚翔太(ミズノ)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top