HOME 国内

2024.04.27

北口榛花 初戦はハラハラV!一時は7位も「気持ちで投げた」ラスト2投で大逆転/DL蘇州
北口榛花 初戦はハラハラV!一時は7位も「気持ちで投げた」ラスト2投で大逆転/DL蘇州

5投目に2位に浮上して喜ぶ北口榛花/DL蘇州

◇ダイヤモンドリーグ蘇州大会(4月27日/中国・蘇州、オリンピックスタジアム)

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)の第2戦・蘇州大会が行われ、女子やり投の北口榛花(JAL)が62m97で優勝。これでDL通算7勝目を挙げた。

世界女王にとって、ハラハラのシーズン初戦だった。1回目はまさかの55m97。2回目も56m43にとどまり、3回目に58m93と、60mに届かず。欧州で主流の「硬い反発のピット」と違うことも影響。なんとか7位でトップ8に残った。

4回目も56m57。昨年優勝しているファイナルを見据えた時に「このままだと2点(順位ポイント)か……」と頭をよぎる。そして、「やっぱり6回投げたい」と、5回目に61m44をスロー。これで2位に上がって、上位3人だけが進める“ファイナル3”へ。

そして6回目。何度も逆転劇を演じてきた北口は、「気持ちで投げた」。自身でも頭を抱え、「あり得ない」と驚きの表情を見せた一投は、62m97でマッケンジー・リトル(豪州)を逆転し、見事に頂点に立った。

「本当に最悪でした」。欧州からの帰国後は体調不良になった日もあり、練習では「大学生に戻った」くらいしか飛距離も出なかったという。近年では過去最悪とも言える状態。「どうしたら良くなるのかも整理できない」まま、不安の初戦だった。

ただ、女王は、やはり女王だった。「他の選手は、またか、となったと思います」と苦笑い。金メダルに輝いたブダペスト世界選手権をはじめ、意地の一撃でまさに女王の貫禄を示した。

本来はいろいろ考え、試したかった初戦を「勢いだけで投げてしまったので、整理が必要」と反省するも、やはり勝ちきるのは、この先のシーズンを考えれば、ライバルに与えた印象は大きい。

これでDLは初出場時から一度もトップ3から落ちず、ファイナルを含めて11戦7勝という圧巻の成績を残す。

「自分の中で噛み合っていない。まだまだこれから。いろんな人と話をして考えていきたいです」

悲願のオリンピック金メダルへ。劇的なシーズン初戦を終えた女王のギアは、これから上がっていく。

◇ダイヤモンドリーグ蘇州大会(4月27日/中国・蘇州、オリンピックスタジアム) 世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)の第2戦・蘇州大会が行われ、女子やり投の北口榛花(JAL)が62m97で優勝。これでDL通算7勝目を挙げた。 世界女王にとって、ハラハラのシーズン初戦だった。1回目はまさかの55m97。2回目も56m43にとどまり、3回目に58m93と、60mに届かず。欧州で主流の「硬い反発のピット」と違うことも影響。なんとか7位でトップ8に残った。 4回目も56m57。昨年優勝しているファイナルを見据えた時に「このままだと2点(順位ポイント)か……」と頭をよぎる。そして、「やっぱり6回投げたい」と、5回目に61m44をスロー。これで2位に上がって、上位3人だけが進める“ファイナル3”へ。 そして6回目。何度も逆転劇を演じてきた北口は、「気持ちで投げた」。自身でも頭を抱え、「あり得ない」と驚きの表情を見せた一投は、62m97でマッケンジー・リトル(豪州)を逆転し、見事に頂点に立った。 「本当に最悪でした」。欧州からの帰国後は体調不良になった日もあり、練習では「大学生に戻った」くらいしか飛距離も出なかったという。近年では過去最悪とも言える状態。「どうしたら良くなるのかも整理できない」まま、不安の初戦だった。 ただ、女王は、やはり女王だった。「他の選手は、またか、となったと思います」と苦笑い。金メダルに輝いたブダペスト世界選手権をはじめ、意地の一撃でまさに女王の貫禄を示した。 本来はいろいろ考え、試したかった初戦を「勢いだけで投げてしまったので、整理が必要」と反省するも、やはり勝ちきるのは、この先のシーズンを考えれば、ライバルに与えた印象は大きい。 これでDLは初出場時から一度もトップ3から落ちず、ファイナルを含めて11戦7勝という圧巻の成績を残す。 「自分の中で噛み合っていない。まだまだこれから。いろんな人と話をして考えていきたいです」 悲願のオリンピック金メダルへ。劇的なシーズン初戦を終えた女王のギアは、これから上がっていく。

北口榛花のダイヤモンドリーグ全成績

22年 パリ大会 優勝 63m13 シレジア大会 優勝 65m10 モナコ大会 2位 62m37 ブリュッセル大会 2位 63m45 チューリヒ大会(ファイナル) 3位 63m56 23年 パリ大会 優勝 65m09 ローザンヌ大会 2位 63m34 シレジア大会 優勝 67m04=日本新 ブリュッセル大会 優勝 67m38=日本新 ユージン大会(ファイナル) 優勝 63m78 24年 蘇州大会 優勝 62m97

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

ダイヤモンドリーグ・ユージン5000mに田中希実!今季DL2戦目、参加標準突破でパリ五輪内定

最高峰シリーズのダイヤモンドリーグ(DL)のユージン大会(米国、5月25日)の一部種目のエントリー選手が更新された。 女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)が登録された。ユ […]

NEWS 多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top