HOME 海外

2024.04.15

男子円盤投でマイコラス・アレクナが世界新!! シュルトの記録を38年ぶりに更新する74m35!
23年世界選手権円盤投で3位のアレクナ

4月14日、米国で開催されたオクラホマ投てきシリーズ国際招待の男子円盤投で、マイコラス・アレクナ(リトアニア)が74m35の世界記録を樹立した。従来の世界記録はユルゲン・シュルト(東ドイツ)の74m08(1986年)で、38年ぶりの記録更新となった。

アレクナは現在21歳。シドニー、アテネ五輪で2度金メダルを獲得しているウィルギリウス・アレクナを父に持つ。

ジュニア期から父の指導を受け、21年のU20欧州選手権、U20世界選手権と金メダルを獲得するなど早くから活躍。その年の秋からは米国・カリフォルニア大学バークレー校に進学すると、同校のモハメド・サアタラ・コーチの指導の下、さらに躍進を遂げる。

22年のオレゴン世界選手権では円盤投で史上最年少メダルとなる銀メダルを獲得すると、昨年のブダペストでも銅メダルに輝く。30歳前後で全盛期を迎える選手が多い種目にあって、期待のホープとして注目を集めていた。

アレクナは1週間前のシーズン初戦でいきなり71m39と世界歴代10位の好記録をマーク。絶好調のなかで迎えたこの日は、1投目から72m21を投げて自己記録を更新すると、3投目に72m89。そして、強い向かい風が吹き、記録も出やすいとされる条件で臨んだ5投目に歴史を動かす一投を放った。

当初は74m41と記録が発表されたが、メジャーによる再計測によって74m35に訂正。それでも、男子の五輪実施種目では最も古い世界記録として残っていたシュルトの記録を27cmも塗り替えた。

父のウィルギリウスはシュルトに次ぐ73m88の記録を持っていたが、父もできなかった世界記録樹立を成し遂げたアレクナ。この夏のパリ五輪では親子制覇を目指す。

4月14日、米国で開催されたオクラホマ投てきシリーズ国際招待の男子円盤投で、マイコラス・アレクナ(リトアニア)が74m35の世界記録を樹立した。従来の世界記録はユルゲン・シュルト(東ドイツ)の74m08(1986年)で、38年ぶりの記録更新となった。 アレクナは現在21歳。シドニー、アテネ五輪で2度金メダルを獲得しているウィルギリウス・アレクナを父に持つ。 ジュニア期から父の指導を受け、21年のU20欧州選手権、U20世界選手権と金メダルを獲得するなど早くから活躍。その年の秋からは米国・カリフォルニア大学バークレー校に進学すると、同校のモハメド・サアタラ・コーチの指導の下、さらに躍進を遂げる。 22年のオレゴン世界選手権では円盤投で史上最年少メダルとなる銀メダルを獲得すると、昨年のブダペストでも銅メダルに輝く。30歳前後で全盛期を迎える選手が多い種目にあって、期待のホープとして注目を集めていた。 アレクナは1週間前のシーズン初戦でいきなり71m39と世界歴代10位の好記録をマーク。絶好調のなかで迎えたこの日は、1投目から72m21を投げて自己記録を更新すると、3投目に72m89。そして、強い向かい風が吹き、記録も出やすいとされる条件で臨んだ5投目に歴史を動かす一投を放った。 当初は74m41と記録が発表されたが、メジャーによる再計測によって74m35に訂正。それでも、男子の五輪実施種目では最も古い世界記録として残っていたシュルトの記録を27cmも塗り替えた。 父のウィルギリウスはシュルトに次ぐ73m88の記録を持っていたが、父もできなかった世界記録樹立を成し遂げたアレクナ。この夏のパリ五輪では親子制覇を目指す。

【動画】38年ぶりに世界記録を更新し、仲間とともに快挙を喜ぶアレクナ

男子円盤投世界歴代10傑

74.35 M.アレクナ(リトアニア)  2024. 4.14 74.08 J.シュルト(東ドイツ)   1986. 6. 6 73.88 V.アレクナ(リトアニア)  2000. 8. 3 73.38 G.カンテル(エストニア)  2006. 9. 4 71.86 Y.ドゥムチェフ(ソ連)   1983. 5.29 71.86 D.ストール(スウェーデン) 2019. 6.29 71.86 K.チェー(スロベニア)   2023. 6.16 71.84 P.マワホフスキ(ポーランド)2013. 6. 8 71.70 R.ファゼカシュ(ハンガリー)2002. 7.14 71.50 L.リーデル(ドイツ)    1997. 5. 3

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top