HOME 国内、駅伝

2024.04.01

パナソニックに学生トップランナー・保坂晴子、世界クロカン代表・石川桜子ら4名が新加入!6年ぶりクイーンズ駅伝制覇へ戦力さらに充実
パナソニックに学生トップランナー・保坂晴子、世界クロカン代表・石川桜子ら4名が新加入!6年ぶりクイーンズ駅伝制覇へ戦力さらに充実

23年関東インカレ5000mに出場した保坂晴子

パナソニック女子陸上競技部「パナソニックエンジェルス」は4月1日、新加入選手を発表。保坂晴子(日体大卒)、渡邉来愛(宮城・仙台育英高卒)、野上菜那(東大阪大敬愛高卒)、石川桜子(愛知・豊田大谷高卒)の4名が入社した。

保坂は東京・錦城学園高ではチームの全国高校駅伝初出場を牽引し、都大路では2区に出走。大学では1年時の全日本大学女子駅伝でいきなり2区区間賞に輝くと、翌年は日本インカレ1500mで優勝を飾った。3年時からは日本選手権1500mで4位、5位と2年連続入賞を果たし、昨年末の富士山女子駅伝では最終7区を務めてチーム最高位となる2位のフィニッシュテープを切った。「トラックシーズンでは自己ベストの更新と、10000mのレースに挑戦してみたいです。駅伝ではクイーンズ駅伝で出走し、チームの優勝に貢献できるような走りをしたいです」と抱負を述べた。

広告の下にコンテンツが続きます

高卒ルーキー3人も、渡邊は1年時に全国高校駅伝優勝に4区区間2位で貢献し、2年時にインターハイ1500m6位入賞と全国高校駅伝4区区間2位。野上はチーム初出場だった昨年の全国高校駅伝で1区を務め、石川は2月の日本選手権クロカンU20で6位に入賞して世界クロカン代表に選出されている(本番はケガのため欠場)。

パナソニックはクイーンズ駅伝で17年、18年と連覇を達成し、昨年は3位に入った強豪。6年ぶりの女王の座奪還を目指すチームに、新たな力が加わった。

パナソニック女子陸上競技部「パナソニックエンジェルス」は4月1日、新加入選手を発表。保坂晴子(日体大卒)、渡邉来愛(宮城・仙台育英高卒)、野上菜那(東大阪大敬愛高卒)、石川桜子(愛知・豊田大谷高卒)の4名が入社した。 保坂は東京・錦城学園高ではチームの全国高校駅伝初出場を牽引し、都大路では2区に出走。大学では1年時の全日本大学女子駅伝でいきなり2区区間賞に輝くと、翌年は日本インカレ1500mで優勝を飾った。3年時からは日本選手権1500mで4位、5位と2年連続入賞を果たし、昨年末の富士山女子駅伝では最終7区を務めてチーム最高位となる2位のフィニッシュテープを切った。「トラックシーズンでは自己ベストの更新と、10000mのレースに挑戦してみたいです。駅伝ではクイーンズ駅伝で出走し、チームの優勝に貢献できるような走りをしたいです」と抱負を述べた。 高卒ルーキー3人も、渡邊は1年時に全国高校駅伝優勝に4区区間2位で貢献し、2年時にインターハイ1500m6位入賞と全国高校駅伝4区区間2位。野上はチーム初出場だった昨年の全国高校駅伝で1区を務め、石川は2月の日本選手権クロカンU20で6位に入賞して世界クロカン代表に選出されている(本番はケガのため欠場)。 パナソニックはクイーンズ駅伝で17年、18年と連覇を達成し、昨年は3位に入った強豪。6年ぶりの女王の座奪還を目指すチームに、新たな力が加わった。

新加入選手のコメントをチェック!

保坂晴子 「自分の強みは力強い走りと、きつくなってから粘れるところと、根性があるところだと思っています。今後の目標は、トラックシーズンでは自己ベストの更新と、10000mのレースに挑戦してみたいです。駅伝ではクイーンズ駅伝で出走し、チームの優勝に貢献できるような走りをしたいです」 渡邉来愛 「スピードが強みだと思っている反面で、スタミナには自信がないので、これから距離を踏んでスタミナを身につけられるようにし、トラックでは1500m、5000mで自己ベスト更新、ロードレースではしっかり結果を残すことができる選手になりたいです。 駅伝では出走メンバーとしてチームの目標順位に貢献し、個人として区間賞を狙えるくらいの力をつけられるよう頑張りたいと思います。 これからパナソニックエンジェルスとして走れることに感謝して、これまで応援し、支えてくださった方々に、恩返しの走りが出来るよう頑張ります」 野上菜那 「私の強みはスピード力です。入社後は高校で培ったスピードをより磨き、そしてそのスピードを活かして幅広い競技に対応できる選手になりたいと思っています。 また、個人としては自己ベスト更新。チームとしては、クイーンズ駅伝に出走し優勝することを目標に、日々取り組んでいきます。 これまでお世話になった方々や、これからお世話になる方に、結果で恩返しができるよう、実業団選手となる自覚を持ち、全力で努力し頑張っていくので、よろしくお願いいたします!」 石川 桜子 「私は元々あまり感情を表に出したり、積極的に話すタイプではなかったのですが、陸上を始めてから自分に素直になり、キャプテンを経験させてもらい、自分から人に話すことができるようになったりと、人間的にも成長することができたと思います。 新しい環境でも、新しいチームメイトと過ごすのはワクワクドキドキばかりですが、楽しみの事も不安なことも、全部乗り越えて強くなれるよう、一日一日大切に頑張ります!」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top