HOME 特集

2024.03.15

田中希実「みんながおぉっ!てなるスパートをしたい」自身2度目の五輪へ突き進む 国内初戦は金栗記念の予定
田中希実「みんながおぉっ!てなるスパートをしたい」自身2度目の五輪へ突き進む 国内初戦は金栗記念の予定

インタビューに応えた田中希実(New Balance)

女子1500m・5000m日本記録保持者の田中希実(New Balance)が都内で本誌のインタビューに応じた。

3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権の3000mで日本女子初の8分40秒切りとなる8分36秒03の室内アジア記録で8位入賞を果たした田中。これで室内シーズンは一区切り。「次のシーズンに向かっていく狭間の時期」だといい、3月30日の世界クロスカントリー選手権(ベオグラード)のあと、国内合宿を経て屋外トラック初戦は金栗記念(4月13日)の1500mと800mになる見込みだ。

広告の下にコンテンツが続きます

今年はオリンピックイヤー。19年にドーハ世界選手権で初のシニア世界大会を経験し、2021年の東京五輪では1500mで8位入賞という快挙を成し遂げた。「レース中の感覚はあまり覚えていない」と言うが、「招集の時にすごくドキドキしたのは覚えています」と振り返る。

その後、オレゴン、ブダペストと世界選手権を2度経験。さらにダイヤモンドリーグをはじめ国際レースを数多く踏んできた。「やっぱり他の選手にとってオリンピックは特別だったんだなって今になって気づけた部分があります」と言う。振り返ると、世界選手権は「ダイヤモンドリーグに近くて、ちょっとリラックスしている」表情だが、オリンピックでは「緊張した感じでした」。

そうした舞台で見てきたのが、世界トップ選手たちの圧倒的なパフォーマンス。それは、『結果』だけではない。

「理想はラストスパートになった時に、(フェイス)キピエゴン選手や、(シファン)ハッサン選手のように、勝ち負けじゃなく、みんなが『おぉーっ!』てなるようなスパートをしたいんです。その仲間に入っていくのが一番の理想です」

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪も1500mと5000mで出場を狙う。5000mは参加標準記録(14分52秒00)を突破した時点で代表に内定。1500mは参加標準記録(4分02秒50)を狙いにいく。

昨日より速く、強くなりたい。純粋なかけっこ勝負をしたい――。田中にとって“2度目のオリンピックシーズン”がもうすぐ幕を開ける。

文/向永拓史

女子1500m・5000m日本記録保持者の田中希実(New Balance)が都内で本誌のインタビューに応じた。 3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権の3000mで日本女子初の8分40秒切りとなる8分36秒03の室内アジア記録で8位入賞を果たした田中。これで室内シーズンは一区切り。「次のシーズンに向かっていく狭間の時期」だといい、3月30日の世界クロスカントリー選手権(ベオグラード)のあと、国内合宿を経て屋外トラック初戦は金栗記念(4月13日)の1500mと800mになる見込みだ。 今年はオリンピックイヤー。19年にドーハ世界選手権で初のシニア世界大会を経験し、2021年の東京五輪では1500mで8位入賞という快挙を成し遂げた。「レース中の感覚はあまり覚えていない」と言うが、「招集の時にすごくドキドキしたのは覚えています」と振り返る。 その後、オレゴン、ブダペストと世界選手権を2度経験。さらにダイヤモンドリーグをはじめ国際レースを数多く踏んできた。「やっぱり他の選手にとってオリンピックは特別だったんだなって今になって気づけた部分があります」と言う。振り返ると、世界選手権は「ダイヤモンドリーグに近くて、ちょっとリラックスしている」表情だが、オリンピックでは「緊張した感じでした」。 そうした舞台で見てきたのが、世界トップ選手たちの圧倒的なパフォーマンス。それは、『結果』だけではない。 「理想はラストスパートになった時に、(フェイス)キピエゴン選手や、(シファン)ハッサン選手のように、勝ち負けじゃなく、みんなが『おぉーっ!』てなるようなスパートをしたいんです。その仲間に入っていくのが一番の理想です」 パリ五輪も1500mと5000mで出場を狙う。5000mは参加標準記録(14分52秒00)を突破した時点で代表に内定。1500mは参加標準記録(4分02秒50)を狙いにいく。 昨日より速く、強くなりたい。純粋なかけっこ勝負をしたい――。田中にとって“2度目のオリンピックシーズン”がもうすぐ幕を開ける。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top