HOME 国内、駅伝

2024.03.13

三菱重工監督に松村康平コーチが昇格 「ニューイヤー優勝、国際大会で活躍する選手の輩出を」 黒木純監督は総監督に
三菱重工監督に松村康平コーチが昇格 「ニューイヤー優勝、国際大会で活躍する選手の輩出を」 黒木純監督は総監督に

14年アジア大会マラソンで銀メダルを獲得している松村康平

3月13日、三菱重工は、4月1日から新監督に松村康平コーチが就任することを発表した。現在、監督を務める黒木純氏は同日付で総監督に就任し、マラソン競技を主体に指導を続けていくという。

松村氏は37歳。大阪・清風高から山梨学大に進み、箱根駅伝にも2度出場を果たしている。大学卒業後は、大学の先輩でもある黒木氏が監督を務める三菱重工に入社し、初マラソンとなった12年別府大分毎日マラソンで日本人トップとなる4位入賞を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

14年には東京マラソンで2時間8分09秒の自己新で日本人最上位を占め、同年の仁川アジア大会代表に選出。アジア大会では優勝したH.マフブーブ(バーレーン)とわずか1秒差の銀メダルに輝いた。また、駅伝でもエースとして全日本実業団対抗駅伝には9回出場し、2017年大会のチーム初入賞にも貢献している。21年のびわ湖毎日マラソンで引退した後はコーチとして指導にあたっていた。

松村氏は監督就任にあたり、「これまで目標としてきたニューイヤー駅伝優勝、そしてオリンピックを含めた国際大会で活躍する選手の輩出をこの長崎から実現するため、これまでのチームとしての軸をぶらさず、さまざまなことに挑戦し選手を育成していきます」と意気込みを語った。

2003年に児玉泰介前監督(現・愛知製鋼アドバイザー)の後を受けてチームを指導してきた黒木監督も「監督として20年間にわたりご支援いただきありがとうございました。引き続き総監督として、マラソン強化、新体制の育成とチーム強化に携わっていきますので、変わりなきご支援をよろしくお願いいたします」とコメントしている。

また、新年度からの体制も発表され、新主将に山下一貴、副主将に林田洋翔が就任。これまでキャプテンを務めていた的野遼大はコーチも兼ねることになり、プレイングコーチとして競技を続けていたエノック・オムワンバがコーチ業に専念する。

広告の下にコンテンツが続きます

三菱重工は1982年に三菱重工長崎駅伝部として創部。88年にマラソン部に改称し、2018年アジア大会マラソンで金メダルを獲得した井上大仁や昨年のブダペスト世界選手権代表の山下一貴が所属する。ニューイヤー駅伝には1995年に初めて出場を果たし、今年度まで28回出場。19年には準優勝を飾っている(当時のチーム名はMHPS)。

3月13日、三菱重工は、4月1日から新監督に松村康平コーチが就任することを発表した。現在、監督を務める黒木純氏は同日付で総監督に就任し、マラソン競技を主体に指導を続けていくという。 松村氏は37歳。大阪・清風高から山梨学大に進み、箱根駅伝にも2度出場を果たしている。大学卒業後は、大学の先輩でもある黒木氏が監督を務める三菱重工に入社し、初マラソンとなった12年別府大分毎日マラソンで日本人トップとなる4位入賞を飾った。 14年には東京マラソンで2時間8分09秒の自己新で日本人最上位を占め、同年の仁川アジア大会代表に選出。アジア大会では優勝したH.マフブーブ(バーレーン)とわずか1秒差の銀メダルに輝いた。また、駅伝でもエースとして全日本実業団対抗駅伝には9回出場し、2017年大会のチーム初入賞にも貢献している。21年のびわ湖毎日マラソンで引退した後はコーチとして指導にあたっていた。 松村氏は監督就任にあたり、「これまで目標としてきたニューイヤー駅伝優勝、そしてオリンピックを含めた国際大会で活躍する選手の輩出をこの長崎から実現するため、これまでのチームとしての軸をぶらさず、さまざまなことに挑戦し選手を育成していきます」と意気込みを語った。 2003年に児玉泰介前監督(現・愛知製鋼アドバイザー)の後を受けてチームを指導してきた黒木監督も「監督として20年間にわたりご支援いただきありがとうございました。引き続き総監督として、マラソン強化、新体制の育成とチーム強化に携わっていきますので、変わりなきご支援をよろしくお願いいたします」とコメントしている。 また、新年度からの体制も発表され、新主将に山下一貴、副主将に林田洋翔が就任。これまでキャプテンを務めていた的野遼大はコーチも兼ねることになり、プレイングコーチとして競技を続けていたエノック・オムワンバがコーチ業に専念する。 三菱重工は1982年に三菱重工長崎駅伝部として創部。88年にマラソン部に改称し、2018年アジア大会マラソンで金メダルを獲得した井上大仁や昨年のブダペスト世界選手権代表の山下一貴が所属する。ニューイヤー駅伝には1995年に初めて出場を果たし、今年度まで28回出場。19年には準優勝を飾っている(当時のチーム名はMHPS)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目の男女混合競歩リレーではイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告 […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top