HOME 国内

2024.03.07

第一生命グループの山下佐知子監督が退任 尾崎好美、田中智美、鈴木優花らを指導 後任は早瀬浩二ヘッドコーチ
第一生命グループの山下佐知子監督が退任  尾崎好美、田中智美、鈴木優花らを指導 後任は早瀬浩二ヘッドコーチ

山下佐知子氏

3月7日、第一生命グループ女子陸上競技部は山下佐知子監督が3月末をもって退任することを発表した。

山下氏は59歳。鳥取東高から鳥取大に進み、卒業後は教職に就いたものの、その後退職して京セラで競技を続けた。1989年の名古屋国際女子でマラソンデビューを果たすと、91年の同大会で優勝。同年に行われた東京世界選手権では銀メダルを獲得している。92年のバルセロナ五輪で4位に入賞。その後第一生命に移り、96年春に現役を引退した。

広告の下にコンテンツが続きます

引退と同時に第一生命の監督として就任し、指導する尾崎好美が09年ベルリン世界選手権マラソンで銀メダルを獲得。尾崎は12年のロンドン五輪に出場したほか、16年リオ五輪にはマラソンの田中智美、5000mの上原美幸が出場。また、昨年のMGCで優勝を飾り、パリ五輪代表に内定している鈴木優花など、指導者としても多くの選手を育て上げた。

山下氏はホームページを通じて、「1996年4月、選手を引退して間もないタイミングで監督に就任させていただき、自身の未熟さゆえに、周囲にはご迷惑をおかけしたことも多々ありましたが、日々、全力投球の素晴らしく充実した28年間でした」と振り返り、「歴代の選手やそのご家族、高校、大学の先生、チームスタッフ、会社フロント、その他多くの関係者の皆様のお力添えがあってこそ歩むことができた監督生活だったと思います。この場をお借りし、改めて感謝申しあげます」と感謝の気持ちを綴った。

4月以降はアドバイザーに就任し、今後も五輪代表に決まっている鈴木らの指導には携わっていくという。

また、後任には昨年からヘッドコーチを務める早瀬浩二氏が就任することも発表された。早瀬氏は兵庫県出身の39歳。駒大卒業後はファイテン、日立、日本郵政グループなどでコーチに就いていた。監督就任にあたり、「歴史と実績のあるチーム、かつ、素晴らしい指導者である山下佐知子監督からの引継ぎということで光栄に存じます。伝統を引き継ぎ、また、新たな挑戦をしていきたいと思っています」と意気込みを語っている。

広告の下にコンテンツが続きます

第一生命グループは1990年に創部。全日本実業団対抗女子駅伝では02年、11年と2度優勝を飾っている。

3月7日、第一生命グループ女子陸上競技部は山下佐知子監督が3月末をもって退任することを発表した。 山下氏は59歳。鳥取東高から鳥取大に進み、卒業後は教職に就いたものの、その後退職して京セラで競技を続けた。1989年の名古屋国際女子でマラソンデビューを果たすと、91年の同大会で優勝。同年に行われた東京世界選手権では銀メダルを獲得している。92年のバルセロナ五輪で4位に入賞。その後第一生命に移り、96年春に現役を引退した。 引退と同時に第一生命の監督として就任し、指導する尾崎好美が09年ベルリン世界選手権マラソンで銀メダルを獲得。尾崎は12年のロンドン五輪に出場したほか、16年リオ五輪にはマラソンの田中智美、5000mの上原美幸が出場。また、昨年のMGCで優勝を飾り、パリ五輪代表に内定している鈴木優花など、指導者としても多くの選手を育て上げた。 山下氏はホームページを通じて、「1996年4月、選手を引退して間もないタイミングで監督に就任させていただき、自身の未熟さゆえに、周囲にはご迷惑をおかけしたことも多々ありましたが、日々、全力投球の素晴らしく充実した28年間でした」と振り返り、「歴代の選手やそのご家族、高校、大学の先生、チームスタッフ、会社フロント、その他多くの関係者の皆様のお力添えがあってこそ歩むことができた監督生活だったと思います。この場をお借りし、改めて感謝申しあげます」と感謝の気持ちを綴った。 4月以降はアドバイザーに就任し、今後も五輪代表に決まっている鈴木らの指導には携わっていくという。 また、後任には昨年からヘッドコーチを務める早瀬浩二氏が就任することも発表された。早瀬氏は兵庫県出身の39歳。駒大卒業後はファイテン、日立、日本郵政グループなどでコーチに就いていた。監督就任にあたり、「歴史と実績のあるチーム、かつ、素晴らしい指導者である山下佐知子監督からの引継ぎということで光栄に存じます。伝統を引き継ぎ、また、新たな挑戦をしていきたいと思っています」と意気込みを語っている。 第一生命グループは1990年に創部。全日本実業団対抗女子駅伝では02年、11年と2度優勝を飾っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top