HOME 国内

2024.03.03

日本人3位の細谷恭平「思ったよりも早く脚にきた」気持ち切り替え新たな一歩へ「東京世界陸上に照準を」/東京マラソン
日本人3位の細谷恭平「思ったよりも早く脚にきた」気持ち切り替え新たな一歩へ「東京世界陸上に照準を」/東京マラソン

24年東京マラソンで日本人3位の12位に入った細谷恭平

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前)

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、男子はベンソン・キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝。日本人3番手の12位で細谷恭平(黒崎播磨)がフィニッシュした。

広告の下にコンテンツが続きます

自己ベスト(2時間6分35秒)に次ぐセカンドベストの2時間6分55秒をマークしたが、念願の五輪代表には届かず「悔しいです」と語った。

「最低でも30kmからが勝負」と思っていたが、「思ったよりも早く脚にきた」と23km過ぎに日本人トップ争いから後退。それでも「途中から修正できてなんとか押していくことができた」と後半は大きく順位を上げる意地を見せた。

パリ五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を一番に獲得した。「一番長い準備期間をもらえてすごくいい準備ができた」昨年10月のMGCは中盤で転倒があって途中棄権。届かなかった五輪代表選考の道を振り返り、「やっと肩の荷がおりるじゃないですが、1回リラックスしたい」。

MGCから12月の福岡国際(2時間7分23秒で4位)を挟んだ過程に、「最善の選択をした」と後悔はない。「次の目標をしっかりと定めていきたい」と前を向く細谷は、「東京世界陸上があるので、そっちに照準を合わせて狙っていきたい」と言葉に力を込めた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前) アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、男子はベンソン・キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝。日本人3番手の12位で細谷恭平(黒崎播磨)がフィニッシュした。 自己ベスト(2時間6分35秒)に次ぐセカンドベストの2時間6分55秒をマークしたが、念願の五輪代表には届かず「悔しいです」と語った。 「最低でも30kmからが勝負」と思っていたが、「思ったよりも早く脚にきた」と23km過ぎに日本人トップ争いから後退。それでも「途中から修正できてなんとか押していくことができた」と後半は大きく順位を上げる意地を見せた。 パリ五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を一番に獲得した。「一番長い準備期間をもらえてすごくいい準備ができた」昨年10月のMGCは中盤で転倒があって途中棄権。届かなかった五輪代表選考の道を振り返り、「やっと肩の荷がおりるじゃないですが、1回リラックスしたい」。 MGCから12月の福岡国際(2時間7分23秒で4位)を挟んだ過程に、「最善の選択をした」と後悔はない。「次の目標をしっかりと定めていきたい」と前を向く細谷は、「東京世界陸上があるので、そっちに照準を合わせて狙っていきたい」と言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top