HOME 国内

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」
マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

Garminアンバサダーに就任した川内優輝

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。

脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピードを出す練習まではもう少し」。それでも、毎週のようにゲストランナーで呼ばれている大会にはファンランで参加するそうで、しっかり走るのは、4月中旬のかすみがうらマラソンぐらいからの見込みという。

広告の下にコンテンツが続きます

2年前のゴールドコーストマラソンで膝を痛めたのをはじめ、数週間の休養を余儀なくされた大きなケガはこの4年間で3回目あるそうで、「年齢を重ねてきた影響もあると思うので、科学的なデータも活用してリハビリやコンディショニングを考えていなかい」と話した。

この日は、アンバサダーに就任したランニングGPSウォッチ「Garmin(ガーミン)」のトークイベントに参加。

「私は2010年からガーミンを使っています。ガーミンの一番の良さは距離が計測できること。公園など距離がわからないコースでもどれだけの走行距離だったかがわかり、自由自在に走れる。ガーミンの使用期間はもう13年半と長く、プロになってからスポンサーのお声がかからないかずっと期待していたのですが、ようやくアンバサダーに就任させていただくことになりました。これもMGCの効果でしょうか」と川内。

昨年10月に行われたMGC(パリ五輪マラソン日本代表選考会)では4位ながら健在ぶりを示して大絶賛を受け、「MGC後、いろんな方から声を掛けられることがますます多くなり、レースでテレビに長く映るのは幅広い層の方々への影響力や発信力がすごいことを改めて感じた」とも。

広告の下にコンテンツが続きます

MGCファイナルチャレンジの男子最終戦となる3日後の東京マラソンの結果次第で川内がパリ五輪の補欠になる可能性は残っており、「(東京マラソンでは)伏兵が登場してくるような気もしますが、僕のこと(五輪補欠の有無)はともかく、ニュートラルな気持ちで結果を待ちたい」。

当面はケガを治していい体調に戻すことが先決。ランナーにとってトレーニングとともに食事や休養が大切な要素で、常に7時間半の睡眠を確保している川内は、「ガーミンの最新モデルには睡眠の質を測る機能があるのがありがたい。僕は睡眠の質が高いタイプなのでリカバリーも早いのですが、朝方は睡眠が浅いデータが出ているのでまだ改善する余地がありそう。今後もしっかり睡眠の質をチェックしていきたい」と話す。

3月5日で37歳を迎えるレジェンドは、科学の力でコンディションを整えながらまだまだ日本のマラソン界に刺激を与えてくれそうだ。

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピードを出す練習まではもう少し」。それでも、毎週のようにゲストランナーで呼ばれている大会にはファンランで参加するそうで、しっかり走るのは、4月中旬のかすみがうらマラソンぐらいからの見込みという。 2年前のゴールドコーストマラソンで膝を痛めたのをはじめ、数週間の休養を余儀なくされた大きなケガはこの4年間で3回目あるそうで、「年齢を重ねてきた影響もあると思うので、科学的なデータも活用してリハビリやコンディショニングを考えていなかい」と話した。 この日は、アンバサダーに就任したランニングGPSウォッチ「Garmin(ガーミン)」のトークイベントに参加。 「私は2010年からガーミンを使っています。ガーミンの一番の良さは距離が計測できること。公園など距離がわからないコースでもどれだけの走行距離だったかがわかり、自由自在に走れる。ガーミンの使用期間はもう13年半と長く、プロになってからスポンサーのお声がかからないかずっと期待していたのですが、ようやくアンバサダーに就任させていただくことになりました。これもMGCの効果でしょうか」と川内。 昨年10月に行われたMGC(パリ五輪マラソン日本代表選考会)では4位ながら健在ぶりを示して大絶賛を受け、「MGC後、いろんな方から声を掛けられることがますます多くなり、レースでテレビに長く映るのは幅広い層の方々への影響力や発信力がすごいことを改めて感じた」とも。 MGCファイナルチャレンジの男子最終戦となる3日後の東京マラソンの結果次第で川内がパリ五輪の補欠になる可能性は残っており、「(東京マラソンでは)伏兵が登場してくるような気もしますが、僕のこと(五輪補欠の有無)はともかく、ニュートラルな気持ちで結果を待ちたい」。 当面はケガを治していい体調に戻すことが先決。ランナーにとってトレーニングとともに食事や休養が大切な要素で、常に7時間半の睡眠を確保している川内は、「ガーミンの最新モデルには睡眠の質を測る機能があるのがありがたい。僕は睡眠の質が高いタイプなのでリカバリーも早いのですが、朝方は睡眠が浅いデータが出ているのでまだ改善する余地がありそう。今後もしっかり睡眠の質をチェックしていきたい」と話す。 3月5日で37歳を迎えるレジェンドは、科学の力でコンディションを整えながらまだまだ日本のマラソン界に刺激を与えてくれそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top