HOME 国内、駅伝

2024.02.23

ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024の招待女子は高1・久保凛が制覇!あこがれの田中希実のように「世界で通用する選手に」
ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024の招待女子は高1・久保凛が制覇!あこがれの田中希実のように「世界で通用する選手に」

ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024の招待女子を制した久保凛(東大阪大敬愛高)

第2回目を迎えたアディダス ジャパン主催のランニングイベント「ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024」が2月23日、東京都新宿区の明治神宮外苑特設コースで行われた。

冷たい雨が降り続くコンディションの中で行われた最終種目の招待5kmの女子は、高校1年生の久保凛(東大阪大敬愛高)が16分22秒で優勝した。2位は2秒差で大学1年の野田真理耶(大東大)が続き、飛田凜香(第一生命グループ)が16分28秒で3位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のインターハイ800m女王が、5kmレースで力強い走りを見せた。「5kmという長い距離ですが、実業団や学生の方と走るいい機会なので挑戦したい」と、大阪から遠征。終盤まで野田らが引っ張る先頭集団にしっかりとつき、ラストで「気持ちで負けない」と持ち味のスピードを発揮。見事にVテープを切った。

「競り勝てて、自分の今の全力を出し切って優勝できたので、とてもうれしかったです」と笑顔をのぞかせて振り返った。

中学時代は全中を制し、高校に入っても頂点に立つなど、主戦場は800m。だが、だが、9月の近畿高校ユースを高1歴代2位の2分06秒05で制してトラックシーズンを締めくくると、その後は駅伝へ。地区代表として全国高校駅伝初出場を果たしたチームの主軸となった。

12月に盲腸の手術をした影響で本番は補欠に回ったが、年明けの全国都道府県対抗女子駅伝では7区で年末に果たせなかった都大路を駆け抜け、区間6位と好走している。近畿高校駅伝では1区(6km)で19分38秒(区間2位)をマーク。「中学の頃よりも練習の距離が少し長くなったので、対応できていると思います」と自身の成長を感じている。

広告の下にコンテンツが続きます

また、スタミナとスピードのバランスについても、「長い距離を走れるからこそ短い距離も走れるし、短い距離を走れるからこそ長い距離も走れます。冬季は長い距離を積んで、それをトラックに生かしたいです」。あこがれの田中希実(New Balance)のように、さまざまな距離をこなせるランナーを目指しつつ、その力を800mにつなげて「五輪に出場するなど世界に通用する選手になることが目標」と力強い。

今季のターゲットは「インターハイの800mで2連覇することと、日の丸を背負うこと」ときっぱり。再びの高校日本一とU20世界選手権を視野に入れ、トラックシーズンに備える。

第2回目を迎えたアディダス ジャパン主催のランニングイベント「ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024」が2月23日、東京都新宿区の明治神宮外苑特設コースで行われた。 冷たい雨が降り続くコンディションの中で行われた最終種目の招待5kmの女子は、高校1年生の久保凛(東大阪大敬愛高)が16分22秒で優勝した。2位は2秒差で大学1年の野田真理耶(大東大)が続き、飛田凜香(第一生命グループ)が16分28秒で3位に入った。 昨年のインターハイ800m女王が、5kmレースで力強い走りを見せた。「5kmという長い距離ですが、実業団や学生の方と走るいい機会なので挑戦したい」と、大阪から遠征。終盤まで野田らが引っ張る先頭集団にしっかりとつき、ラストで「気持ちで負けない」と持ち味のスピードを発揮。見事にVテープを切った。 「競り勝てて、自分の今の全力を出し切って優勝できたので、とてもうれしかったです」と笑顔をのぞかせて振り返った。 中学時代は全中を制し、高校に入っても頂点に立つなど、主戦場は800m。だが、だが、9月の近畿高校ユースを高1歴代2位の2分06秒05で制してトラックシーズンを締めくくると、その後は駅伝へ。地区代表として全国高校駅伝初出場を果たしたチームの主軸となった。 12月に盲腸の手術をした影響で本番は補欠に回ったが、年明けの全国都道府県対抗女子駅伝では7区で年末に果たせなかった都大路を駆け抜け、区間6位と好走している。近畿高校駅伝では1区(6km)で19分38秒(区間2位)をマーク。「中学の頃よりも練習の距離が少し長くなったので、対応できていると思います」と自身の成長を感じている。 また、スタミナとスピードのバランスについても、「長い距離を走れるからこそ短い距離も走れるし、短い距離を走れるからこそ長い距離も走れます。冬季は長い距離を積んで、それをトラックに生かしたいです」。あこがれの田中希実(New Balance)のように、さまざまな距離をこなせるランナーを目指しつつ、その力を800mにつなげて「五輪に出場するなど世界に通用する選手になることが目標」と力強い。 今季のターゲットは「インターハイの800mで2連覇することと、日の丸を背負うこと」ときっぱり。再びの高校日本一とU20世界選手権を視野に入れ、トラックシーズンに備える。

ADIDAS TOKYO CITY RUN 2024 ADIZERO 5K SPECIAL RACE 男子のフィニッシュシーンはこちら!

https://twitter.com/Getsuriku/status/1760930237196763368

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

田中希実、秦澄美鈴が貫禄勝ち 男子走幅跳は山浦がV 女子3000m障害・齋藤が好記録/兵庫RC

◇兵庫リレーカーニバル(4月21日/神戸ユニバー記念競技場) 日本グランプリシリーズG2の兵庫リレーカーニバルが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 女子1500mは地元出身の田中希実(New Balance)が躍 […]

NEWS マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、男女20km、U20男女10km、そして初実施の男女混合マラソンリレーの5種目で日本が世界に挑んだ。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top