HOME 国内

2024.01.31

桐生祥秀が60mで6秒53の室内日本新! WA室内ツアー・ゴールドで堂々のV 「世界室内、パリでも良い結果を残したい」
桐生祥秀が60mで6秒53の室内日本新! WA室内ツアー・ゴールドで堂々のV 「世界室内、パリでも良い結果を残したい」

桐生祥秀(日本生命)

1月30日、チェコのオストラヴァで世界陸連(WA)室内ツアー・ゴールドのチェコ室内が行われ、男子60mに出場した桐生祥秀(日本生命)が6秒53の室内日本新記録で優勝を飾った。従来の日本記録は19年に川上拓也(大阪ガス)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大/現・東レ)がマークした6秒54。

桐生は22年の日本選手権以降に休養を取り、昨シーズンに復帰。5月の木南記念で10秒03をマークしたものの、続くセイコーゴールデングランプリで左脚の肉離れを起こして、6月の日本選手権は欠場していた。9月に戦列に復帰し、10月のアジア大会100mに出場したが準決勝敗退と、決して満足のいく結果を残すことはできなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

それでも、この冬シーズンは下半身を中心にフィジカル面を強化。走り方にも新たなものを追求してきたという。

24年の初試合となった今大会では予選で鋭い出足から6秒55と好タイムをマーク。約40分後に行われた決勝も抜群のスタートを見せ、200mで20秒02のドイツ記録を持つヨシュア・ハルトマンや、100mでU23欧州チャンピオンのヘンリク・ラーション(スウェーデン)を寄せつけなかった。

桐生はレース後のインタビューで「日本新記録には満足しているし、まだまだ速く走れると思う。世界室内やパリでも良い記録が出せるようにしたい」と話し、五輪イヤー開幕戦での好成績に手応えをつかんだ様子だった。

桐生にとっては17年に日本人として初めて100m9秒台を出した9秒98以来の日本記録更新。3月に行われる世界室内選手権(英国・グラスゴー)の標準記録(6秒58)も突破したことで、再び世界の舞台で戦える可能生が近づいてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

サニブラウンは19年に6秒54を出した年に、100mで9秒97をマーク。桐生としても7年ぶりの9秒台、そして日本記録(9秒95)の更新に向けて、幸先の良いスタートとなった。

1月30日、チェコのオストラヴァで世界陸連(WA)室内ツアー・ゴールドのチェコ室内が行われ、男子60mに出場した桐生祥秀(日本生命)が6秒53の室内日本新記録で優勝を飾った。従来の日本記録は19年に川上拓也(大阪ガス)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大/現・東レ)がマークした6秒54。 桐生は22年の日本選手権以降に休養を取り、昨シーズンに復帰。5月の木南記念で10秒03をマークしたものの、続くセイコーゴールデングランプリで左脚の肉離れを起こして、6月の日本選手権は欠場していた。9月に戦列に復帰し、10月のアジア大会100mに出場したが準決勝敗退と、決して満足のいく結果を残すことはできなかった。 それでも、この冬シーズンは下半身を中心にフィジカル面を強化。走り方にも新たなものを追求してきたという。 24年の初試合となった今大会では予選で鋭い出足から6秒55と好タイムをマーク。約40分後に行われた決勝も抜群のスタートを見せ、200mで20秒02のドイツ記録を持つヨシュア・ハルトマンや、100mでU23欧州チャンピオンのヘンリク・ラーション(スウェーデン)を寄せつけなかった。 桐生はレース後のインタビューで「日本新記録には満足しているし、まだまだ速く走れると思う。世界室内やパリでも良い記録が出せるようにしたい」と話し、五輪イヤー開幕戦での好成績に手応えをつかんだ様子だった。 桐生にとっては17年に日本人として初めて100m9秒台を出した9秒98以来の日本記録更新。3月に行われる世界室内選手権(英国・グラスゴー)の標準記録(6秒58)も突破したことで、再び世界の舞台で戦える可能生が近づいてきた。 サニブラウンは19年に6秒54を出した年に、100mで9秒97をマーク。桐生としても7年ぶりの9秒台、そして日本記録(9秒95)の更新に向けて、幸先の良いスタートとなった。

【動画】桐生が60mで室内日本新!チェコ室内のレースをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top