HOME 国内

2024.01.28

前田穂南が日本人初の2時間18分台! 19年ぶりの日本新で設定記録を突破し、パリ五輪代表へ前進/大阪国際女子マラソン
前田穂南が日本人初の2時間18分台! 19年ぶりの日本新で設定記録を突破し、パリ五輪代表へ前進/大阪国際女子マラソン

24年大阪国際女子マラソンで19年ぶり日本新をマークした前田穂南(天満屋)

女子マラソン日本歴代チェックチェック

2.18.59 前田 穂南(天満屋)     2024. 1.28
2.19.12 野口みずき(グローバリー)  2005. 9.25
2.19.24 新谷 仁美(積水化学)    2023. 1.15
2.19.41 渋井 陽子(三井住友海上)  2004. 9.26
2.19.46 高橋 尚子(積水化学)    2001. 9.30
2.20.29 一山 麻緒(ワコール)    2020. 3. 8
2.20.52 松田 瑞生(ダイハツ)    2022. 1.30
2.21.36 安藤 友香(スズキ浜松AC) 2017. 3.12
2.21.42 細田 あい(エディオン)   2022.10. 2
2.21.45 千葉 真子(豊田自動織機)  2003. 1.26
2.21.51 坂本 直子(天満屋)     2003. 1.26

◇第43回大阪国際女子マラソン(1月28日/大阪・ヤンマースタジアム長居発着42.195km) MGCファイナルチャレンジを兼ねた大阪国際女子マラソンが行われ、前田穂南(天満屋)が日本新記録の2時間18分59秒(速報値)で日本人トップの2位に入った。パリ五輪代表入りへ必須のMGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間21分41秒)を突破して2大会連続の五輪代表に大きく前進した。 21年東京五輪代表の前田。中間点を1時間9分46秒で通過した直後に先頭集団の前に出た。ペースメーカーをも振り切るスピードで20kmから25kmの5kmを16分18秒、次の5kmを16分10秒で駆け抜け、35kmは1時間38秒36秒と日本記録(2時間19分12秒)樹立時の1時間38分48秒を12秒上回った。 31.2kmでウォルケネシュ・エデサ(エチオピア)に逆転され、35km以降はペースダウンしたものの、最後まで粘って2位でフィニッシュした。 前田は兵庫県出身の27歳。大阪・薫英女学院高では全国高校駅伝の出場経験はなかったが、天満屋に入社して飛躍を遂げた。

19年ぶり日本新記録誕生!前田穂南のフィニッシュシーンをチェック

https://twitter.com/i/status/1751480335915954268

女子マラソン日本歴代チェックチェック

2.18.59 前田 穂南(天満屋)     2024. 1.28 2.19.12 野口みずき(グローバリー)  2005. 9.25 2.19.24 新谷 仁美(積水化学)    2023. 1.15 2.19.41 渋井 陽子(三井住友海上)  2004. 9.26 2.19.46 高橋 尚子(積水化学)    2001. 9.30 2.20.29 一山 麻緒(ワコール)    2020. 3. 8 2.20.52 松田 瑞生(ダイハツ)    2022. 1.30 2.21.36 安藤 友香(スズキ浜松AC) 2017. 3.12 2.21.42 細田 あい(エディオン)   2022.10. 2 2.21.45 千葉 真子(豊田自動織機)  2003. 1.26 2.21.51 坂本 直子(天満屋)     2003. 1.26

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

勝負の3年目。周囲を驚かせる走りを 箱根に対する強い情熱を持つ川崎監督。選手以上の熱意を近田も日々感じている。 一方、小学校時代に走る楽しさを教わったTTランナーズ。代表を務めるのは箱根駅伝第60回大会(1984年)の早 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

男子5000mの出場選手をチェック! (○は既に発表済み) キエラン・トゥンティワテ(タイ) ○佐藤圭汰(駒大) ○遠藤日向(住友電工) キプロノ・シトニク(黒崎播磨) ○塩尻和也(富士通) マシュー・ラムズデン(オース […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top