HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.04

青学大「負けてたまるか」貫いた攻めの姿勢 12月のアクシデントも乗り越え大会新V/箱根駅伝
青学大「負けてたまるか」貫いた攻めの姿勢 12月のアクシデントも乗り越え大会新V/箱根駅伝

第100回箱根駅伝を制した青学大

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

第100回箱根駅伝が行われ、往路を5時間18分13秒の往路新記録で制した青学大が、復路も5時間23分12秒で優勝し、98回大会(22年)に同校が樹立した大会記録を2分17秒も更新する10時間41分25秒をマーク。2年ぶり7度目の王座奪還を“完全優勝”で成し遂げた。

往路優勝後に、原晋監督が「伝統的に復路は強い」と自信を見せたとおり、先頭を走る青学大は今回も強かった。往路優勝からの逃げ切りは、過去6度の優勝の内、実に5回を数える必勝パターン。

今回は2分38秒差で追いかける駒大が、箱根経験者の4年生3人を7~9区に配置したのに対し、青学大は12月29日の区間エントリー時点で8区に入っていた田中悠登(3年)が当日変更で外れたことで、復路は箱根経験者ゼロだった。それでも、選手層の厚いチームで出走を勝ち取った5人は、もれなく力強い走りを披露する。

6区の野村昭夢(3年)が区間歴代9位となる58分14秒で山を駆け下ると、7区の山内健登(4年)も1時間2分46秒の好タイムで区間3位。この時点で駒大との差を芦ノ湖のスタートから2分以上拡大した。

さらに8区の塩出翔太が(2年)が区間歴代3位の1時間4分00秒での快走で区間賞を獲得。続く倉本玄太(4年)も1時間8分51秒で区間賞だった。2人は原監督の母校である広島・世羅高の先輩・後輩コンビ。ここで“ダメ押し”。最後は宇田川瞬矢(2年)が区間2位の走りでヴィクトリーロードを疾走。東京・大手町のフィニッシュで待つチームメイトの歓喜の輪に飛び込んだ。

復路の選手は、そろって前の走者までが良い流れを作ったことに感謝しつつ、自らも“攻め”の走りをしたことを強調。野村と山内が「後ろとの差をさらに広げようと思った」と口をそろえれば、塩出、倉本、宇田川は大量リードの状況でも、それぞれの区間で区間記録への挑戦。

最初で最後の学生三大駅伝出場を果たした倉本は、「リードを広げてもらっていたので、自分も攻めていこうと思った」とOBの中村唯翔(現・SGホールディングス)が2年前にマークした同区の区間記録(1時間7分15秒)に果敢に挑むなど、どんなに後続と差を広げても、決してその走りを緩めることはなかった。

終わってみれば、1区の荒巻朋熙(2年)が先頭の駒大と35秒差に抑えると、2区以降は9人全員が区間3位以内と盤石だった。12月は中旬までインフルエンザがチーム内に広がり、一時は「優勝どころか、シード権も危なかった」と原監督。それでも、指揮官が選手たちと作り上げてきた『原メソッド』を基準に、しっかりと調整。そして何より、選手たちは最後まであきらめなかった。

結実した王座奪還の時、「負けてたまるか大作戦」の大号令の下、攻めの走りを貫いたフレッシュグリーンの継走は、100回を数えた箱根駅伝の歴史に新たなる金字塔を打ち立てた。

文/田中 葵

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 第100回箱根駅伝が行われ、往路を5時間18分13秒の往路新記録で制した青学大が、復路も5時間23分12秒で優勝し、98回大会(22年)に同校が樹立した大会記録を2分17秒も更新する10時間41分25秒をマーク。2年ぶり7度目の王座奪還を“完全優勝”で成し遂げた。 往路優勝後に、原晋監督が「伝統的に復路は強い」と自信を見せたとおり、先頭を走る青学大は今回も強かった。往路優勝からの逃げ切りは、過去6度の優勝の内、実に5回を数える必勝パターン。 今回は2分38秒差で追いかける駒大が、箱根経験者の4年生3人を7~9区に配置したのに対し、青学大は12月29日の区間エントリー時点で8区に入っていた田中悠登(3年)が当日変更で外れたことで、復路は箱根経験者ゼロだった。それでも、選手層の厚いチームで出走を勝ち取った5人は、もれなく力強い走りを披露する。 6区の野村昭夢(3年)が区間歴代9位となる58分14秒で山を駆け下ると、7区の山内健登(4年)も1時間2分46秒の好タイムで区間3位。この時点で駒大との差を芦ノ湖のスタートから2分以上拡大した。 さらに8区の塩出翔太が(2年)が区間歴代3位の1時間4分00秒での快走で区間賞を獲得。続く倉本玄太(4年)も1時間8分51秒で区間賞だった。2人は原監督の母校である広島・世羅高の先輩・後輩コンビ。ここで“ダメ押し”。最後は宇田川瞬矢(2年)が区間2位の走りでヴィクトリーロードを疾走。東京・大手町のフィニッシュで待つチームメイトの歓喜の輪に飛び込んだ。 復路の選手は、そろって前の走者までが良い流れを作ったことに感謝しつつ、自らも“攻め”の走りをしたことを強調。野村と山内が「後ろとの差をさらに広げようと思った」と口をそろえれば、塩出、倉本、宇田川は大量リードの状況でも、それぞれの区間で区間記録への挑戦。 最初で最後の学生三大駅伝出場を果たした倉本は、「リードを広げてもらっていたので、自分も攻めていこうと思った」とOBの中村唯翔(現・SGホールディングス)が2年前にマークした同区の区間記録(1時間7分15秒)に果敢に挑むなど、どんなに後続と差を広げても、決してその走りを緩めることはなかった。 終わってみれば、1区の荒巻朋熙(2年)が先頭の駒大と35秒差に抑えると、2区以降は9人全員が区間3位以内と盤石だった。12月は中旬までインフルエンザがチーム内に広がり、一時は「優勝どころか、シード権も危なかった」と原監督。それでも、指揮官が選手たちと作り上げてきた『原メソッド』を基準に、しっかりと調整。そして何より、選手たちは最後まであきらめなかった。 結実した王座奪還の時、「負けてたまるか大作戦」の大号令の下、攻めの走りを貫いたフレッシュグリーンの継走は、100回を数えた箱根駅伝の歴史に新たなる金字塔を打ち立てた。 文/田中 葵

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top