HOME 駅伝

2024.01.01

トヨタ自動車が歴代3位タイとなる4度目の頂点「強くあり続けるために大事な優勝だった」/ニューイヤー駅伝
トヨタ自動車が歴代3位タイとなる4度目の頂点「強くあり続けるために大事な優勝だった」/ニューイヤー駅伝

8年ぶりの優勝テープを切るトヨタ自動車・服部勇馬

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり4度目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

アンカーを務めたキャプテンの服部勇馬はフィニッシュ前から沿道に向かって左手を上げた。2位のHondaに2分09秒差をつけた圧巻のレース。フィニッシュ後には、服部、今年度限りで引退する大石港与、熊本剛監督、佐藤敏信総監督の順で胴上げし、2016年以来の歓喜を味わった。

1区でトップの4秒差の4位でつないだ大石は「後輩たちが僕のためにとがんばっていたので、それムダにするわけにはいかなかったです。仕事を果たせて良かったです」と最後のニューイヤー駅伝を振り返った。距離変更で今大会から最長区間となった2区を務めたのは太田智樹。区間賞の快走でトップに立った。「ここでトップに立てば、優勝に大きく近づくと思いました。その仕事ができたと思います」

3区はルーキーの田澤廉は、区間6位だったものの、リードを拡大。「区間賞は取れなかったけど、チームために走ろうと思っていたので、しっかり貢献できたなと思います」と淡々と語っていた。4区のフェリックス・コリルも先頭をがっちり守り、「初めてのニューイヤーだったが、ベストは尽くした」と振り返った。

さらに、5区を務めた33歳の田中秀幸は区間賞。58秒のリードを1分29秒まで広げ、独走態勢をがっちりと固めた。「優勝を経験しているのは、大石さんと僕だけ。今回優勝することはトヨタ自動車が強くあり続けるためには大事だった。後輩や関係者と喜びを分かち合えることができてうれしいです」と笑顔で語った。

広告の下にコンテンツが続きます

アンカーの服部は、6区で区間賞に輝いた西山雄介から2分05秒の貯金をもらってスタート。強い向かい風のなか、区間3位でまとめてフィニッシュテープを切った。「本当に悔しい思いをしてきました。優勝は格別。これまで走ってきた選手や関係者の方々に感謝しています」と力強く話していた。

今回でトヨタ自動車の優勝回数は25回の旭化成、8回のコニカミノルタに次いで、歴代3位タイ。Kao(鐘紡時代を含む)やエスビー食品と並んだことになる。熊本監督は「8年ぶりの優勝でうれしいのひと言。みんながよくがんばりました」と選手を称えていた。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり4度目の優勝を飾った。 アンカーを務めたキャプテンの服部勇馬はフィニッシュ前から沿道に向かって左手を上げた。2位のHondaに2分09秒差をつけた圧巻のレース。フィニッシュ後には、服部、今年度限りで引退する大石港与、熊本剛監督、佐藤敏信総監督の順で胴上げし、2016年以来の歓喜を味わった。 1区でトップの4秒差の4位でつないだ大石は「後輩たちが僕のためにとがんばっていたので、それムダにするわけにはいかなかったです。仕事を果たせて良かったです」と最後のニューイヤー駅伝を振り返った。距離変更で今大会から最長区間となった2区を務めたのは太田智樹。区間賞の快走でトップに立った。「ここでトップに立てば、優勝に大きく近づくと思いました。その仕事ができたと思います」 3区はルーキーの田澤廉は、区間6位だったものの、リードを拡大。「区間賞は取れなかったけど、チームために走ろうと思っていたので、しっかり貢献できたなと思います」と淡々と語っていた。4区のフェリックス・コリルも先頭をがっちり守り、「初めてのニューイヤーだったが、ベストは尽くした」と振り返った。 さらに、5区を務めた33歳の田中秀幸は区間賞。58秒のリードを1分29秒まで広げ、独走態勢をがっちりと固めた。「優勝を経験しているのは、大石さんと僕だけ。今回優勝することはトヨタ自動車が強くあり続けるためには大事だった。後輩や関係者と喜びを分かち合えることができてうれしいです」と笑顔で語った。 アンカーの服部は、6区で区間賞に輝いた西山雄介から2分05秒の貯金をもらってスタート。強い向かい風のなか、区間3位でまとめてフィニッシュテープを切った。「本当に悔しい思いをしてきました。優勝は格別。これまで走ってきた選手や関係者の方々に感謝しています」と力強く話していた。 今回でトヨタ自動車の優勝回数は25回の旭化成、8回のコニカミノルタに次いで、歴代3位タイ。Kao(鐘紡時代を含む)やエスビー食品と並んだことになる。熊本監督は「8年ぶりの優勝でうれしいのひと言。みんながよくがんばりました」と選手を称えていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top