HOME 駅伝

2024.01.01

トヨタ自動車が首位キープ!U20世界選手権銀のフェリックスが力走 Honda・ヴィンセントが40秒差に迫る/ニューイヤー駅伝
トヨタ自動車が首位キープ!U20世界選手権銀のフェリックスが力走 Honda・ヴィンセントが40秒差に迫る/ニューイヤー駅伝

トップで中継したトヨタ自動車のフェリックス

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、今回から新たに外国人選手を起用できるインターナショナル区間となった4区(7.8km)でもトヨタ自動車がトップをキープ。入社2年目の20歳、コリル・フェリックスが力走した。

序盤を快調に飛ばしたフェリックスは、22年のU20世界選手権3000mで銀メダリスト。その実力を、ニューイヤー駅伝デビュー戦でしっかりと発揮した。

3連覇を狙うHondaは、東京国際大卒のルーキー、イェゴン・ヴィンセントが58秒から40秒差まで追い上げる。黒崎播磨のシトニック・キプロノが5位から53秒差の3位に浮上した。

Kaoが1分21秒差の4位、ルーキー・井川龍人が外国人ランナーを相手に力走した旭化成が1分21秒差の5位でつないだ。

1分36秒差の同タイムで三菱重工、NTT西日本が6位、7位。GMOインターネットグループは22年オレゴン世界選手権5000m銀メダルのジャコブ・クロップを起用したが、8位から順位を上げられなかった。

区間賞はマツダのディエマ・アイザックがただ1人20分を切る20分52秒で獲得した。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、今回から新たに外国人選手を起用できるインターナショナル区間となった4区(7.8km)でもトヨタ自動車がトップをキープ。入社2年目の20歳、コリル・フェリックスが力走した。 序盤を快調に飛ばしたフェリックスは、22年のU20世界選手権3000mで銀メダリスト。その実力を、ニューイヤー駅伝デビュー戦でしっかりと発揮した。 3連覇を狙うHondaは、東京国際大卒のルーキー、イェゴン・ヴィンセントが58秒から40秒差まで追い上げる。黒崎播磨のシトニック・キプロノが5位から53秒差の3位に浮上した。 Kaoが1分21秒差の4位、ルーキー・井川龍人が外国人ランナーを相手に力走した旭化成が1分21秒差の5位でつないだ。 1分36秒差の同タイムで三菱重工、NTT西日本が6位、7位。GMOインターネットグループは22年オレゴン世界選手権5000m銀メダルのジャコブ・クロップを起用したが、8位から順位を上げられなかった。 区間賞はマツダのディエマ・アイザックがただ1人20分を切る20分52秒で獲得した。

ニューイヤー駅伝4区通過記録

1位 トヨタ自動車 2時間41分20秒 2位 Honda 2時間42分00秒 3位 黒崎播磨 2時間42分13秒 4位 Kao 2時間42分21秒 5位 旭化成 2時間42分41秒 6位 三菱重工 2時間42分56秒 7位 NTT西日本 2時間42分56秒 8位 GMOインターネットグループ 2時間43分03秒 9位 中国電力 2時間43分12秒 10位 SGホールディングス 2時間43分19秒 [adinserter block="4"]11位 ひらまつ病院 2時間43分46秒 12位 YKK 2時間44分12秒 13位 トヨタ自動車九州 2時間44分25秒 14位 サンベルクス 2時間44分33秒 15位 マツダ 2時間44分33秒 16位 安川電機 2時間44分35秒 17位 富士通 2時間44分36秒 18位 トヨタ紡織 2時間44分36秒 19位 SUBARU 2時間44分38秒 20位 九電工 2時間44分47秒 [adinserter block="4"]21位 埼玉医科大学G 2時間45分00秒 22位 住友電工 2時間45分23秒 23位 トーエネック 2時間45分28秒 24位 プレス工業 2時間45分37秒 25位 JR東日本 2時間45分42秒 26位 大阪府警 2時間45分47秒 27位 コニカミノルタ 2時間45分49秒 28位 ヤクルト 2時間45分53秒 29位 愛三工業 2時間45分54秒 30位 コモディイイダ 2時間46分00秒 [adinserter block="4"]31位 NTN 2時間46分13秒 32位 中電工 2時間46分14秒 33位 富士山の銘水 2時間46分20秒 34位 JFEスチール 2時間46分23秒 35位 NDソフト 2時間46分37秒 36位 大塚製薬 2時間46分45秒 37位 大阪ガス 2時間47分24秒 38位 中央発條 2時間47分57秒 39位 愛知製鋼 2時間48分06秒 40位 西 鉄 2時間49分37秒 41位 ロジスティード 2時間50分03秒

4区区間成績

1位 I.ディエマ(マツダ) 20:52 2位 K.シトニック(黒崎播磨) 21:02 3位 E.マル(トヨタ紡織) 21:03 3位 P.K.ワンガリ(NTN) 21:03 5位 E.キサルサク(富士山の銘水) 21:11 6位 B.キプランガット(SUBARU) 21:12 7位 T.ワンブア(埼玉医科大学G) 21:21 8位 E.キプラガット(三菱重工) 21:22 8位 C.ムワンギ(中国電力) 21:22 10位 Y.ヴィンセント(Honda) 21:23 [adinserter block="4"]11位 D.ディリツ(NTT西日本) 21:25 12位 J.クロップ(GMOインターネットグループ) 21:30 12位 B.キマニ(コモディイイダ) 21:30 14位 B.コエチ(九電工) 21:33 14位 S.ワイザカ(ヤクルト) 21:33 16位 A.クルガト(中電工) 21:34 16位 D.キプランガット(JFEスチール) 21:34 18位 M.アントニー(トヨタ自動車九州) 21:37 18位 B.キメリ(富士通) 21:37 20位 P.キプラガット(愛三工業) 21:38 [adinserter block="4"]21位 G.キプロティッチ(サンベルクス) 21:40 22位 F.コリル(トヨタ自動車) 21:41 22位 K.レダマ(Kao) 21:41 24位 A.ロロット(YKK) 21:44 25位 M.ディラング(愛知製鋼) 21:47 25位 G.ロノ(ロジスティード) 21:47 27位 M.B.モゲニ(安川電機) 21:49 28位 S.M.サイディム(中央発條) 21:51 29位 Y.ビヤゼン(ひらまつ病院) 21:54 29位 N.レシア(西鉄) 21:54 [adinserter block="4"]31位 井川龍人(旭化成) 21:56 32位 D.ムトゥク(JR東日本) 21:57 32位 J.ムオキ(コニカミノルタ) 21:57 32位 B.ムルア(NDソフト) 21:57 35位 E.キプチルチル(SGホールディングス) 22:06 36位 L.グレ(プレス工業) 22:07 37位 大坂祐輝(大阪府警) 22:16 38位 阿部弘輝(住友電工) 22:29 39位 千守倫央(大塚製薬) 22:32 40位 河村一輝(トーエネック) 22:41 41位 中村友哉(大阪ガス) 22:48

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top