HOME 駅伝

2024.01.01

3区・NTT西日本の小林歩が激走!16人抜き、トヨタ自動車・田澤廉との“駒大OB対決”制す/ニューイヤー駅伝
3区・NTT西日本の小林歩が激走!16人抜き、トヨタ自動車・田澤廉との“駒大OB対決”制す/ニューイヤー駅伝

23年日本選手権10000mで5に入った小林歩

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、15.4kmの3区はNTT西日本の小林歩が区間賞を獲得した。

23位でタスキを受けた小林。5kmを13分32秒で飛ばすと、10km通過はなんと27分17秒をマーク。最後まで勢いが落ちることなく、42分29秒を叩き出した。

追い風もあったが、「普通にきつかったです」と小林。過去2回も3区を務めているが、今年からコース変更で約2km延びた。「順位はわからなかったが、一つでも抜こうと思って走った。あまり距離は考えず、体力を少し温存しました」と振り返る。

大阪・関大北陽高から駒大へ。大学時代には4年目の箱根駅伝3区2位となり、2区の後輩・田澤廉(現・トヨタ自動車)とタスキをつなぎ、総合優勝に貢献している。今回は田澤と同区間となり、区間成績で“駒大OB対決”を制してみせた。

高校時代は5000m14分32秒21がベスト。大学時代は10000m28分38秒75、ハーフは1時間2分25秒だった。卒業後に着実に力をつけると、昨年12月の日本選手権10000mでは日本歴代7位の27分28秒13をマークしていた。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、15.4kmの3区はNTT西日本の小林歩が区間賞を獲得した。 23位でタスキを受けた小林。5kmを13分32秒で飛ばすと、10km通過はなんと27分17秒をマーク。最後まで勢いが落ちることなく、42分29秒を叩き出した。 追い風もあったが、「普通にきつかったです」と小林。過去2回も3区を務めているが、今年からコース変更で約2km延びた。「順位はわからなかったが、一つでも抜こうと思って走った。あまり距離は考えず、体力を少し温存しました」と振り返る。 大阪・関大北陽高から駒大へ。大学時代には4年目の箱根駅伝3区2位となり、2区の後輩・田澤廉(現・トヨタ自動車)とタスキをつなぎ、総合優勝に貢献している。今回は田澤と同区間となり、区間成績で“駒大OB対決”を制してみせた。 高校時代は5000m14分32秒21がベスト。大学時代は10000m28分38秒75、ハーフは1時間2分25秒だった。卒業後に着実に力をつけると、昨年12月の日本選手権10000mでは日本歴代7位の27分28秒13をマークしていた。

ニューイヤー駅伝3区区間成績

1位 小林歩(NTT西日本) 42:29 2位 田村和希(住友電工) 42:58 3位 相澤晃(旭化成) 43:04 4位 田村友佑(黒崎播磨) 43:06 5位 中山雄太(JR東日本) 43:12 6位 田澤廉(トヨタ自動車) 43:13 7位 荻久保寛也(ひらまつ病院) 43:18 7位 山野力(九電工) 43:18 9位 伊藤達彦(Honda) 43:29 10位 林田洋翔(三菱重工) 43:31 11位 鈴木塁人(SGホールディングス) 43:34 12位 長谷川柊(Kao) 43:40 13位 吉田祐也(GMOインターネットグループ) 43:42 14位 梶谷瑠哉(SUBARU) 43:43 15位 大森太楽(中国電力) 43:57 15位 下條乃將(NDソフト) 43:57 17位 藤井寛之(愛三工業) 44:00 18位 鈴木大貴(YKK) 44:04 19位 髙木登志夫(サンベルクス) 44:05 20位 中園慎太朗(埼玉医科大学G) 44:12 21位 漆畑瑠人(安川電機) 44:13 22位 向晃平(マツダ) 44:17 23位 塩尻和也(富士通) 44:20 24位 牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州) 44:21 25位 松村和樹(愛知製鋼) 44:24 26位 宮木快盛(大塚製薬) 44:26 27位 西研人(大阪ガス) 44:27 28位 服部大暉(トヨタ紡織) 44:32 29位 坂本健悟(プレス工業) 44:34 29位 風岡永吉(JFEスチール) 44:34 29位 ハゲ下拓斗(NTN) 44:34 32位 河合代二(トーエネック) 44:39 33位 比夫見将吾(大阪府警) 44:47 34位 名取燎太(コニカミノルタ) 44:53 35位 富田峻平(ロジスティード) 44:56 36位 稲田翔威(コモディイイダ) 45:07 37位 小林竜也(富士山の銘水) 45:21 38位 髙久龍(ヤクルト) 45:28 39位 橋本崚(中央発條) 45:40 40位 井上亮真(中電工) 45:42 41位 設楽啓太(西鉄) 45:57

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top