HOME 編集部コラム

2023.12.29

編集部コラム「プロスポーツとして」

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

広告の下にコンテンツが続きます

第228回「プロスポーツとして(向永拓史)


2023年、終わりますね!

こんな暮れに、しかも夜遅くにコラムを書いています。明日は富士山女子駅伝。1年で最後のビッグレースです。

今年の日本プロスポーツ大賞の殊勲賞とNHK賞に、女子やり投の北口榛花選手(JAL)が選ばれました。

「日本プロスポーツ大賞」とは、その年のプロスポーツを盛り上げた“象徴”的な選手が集まるもの。

広告の下にコンテンツが続きます

私はこの賞を1993年、小学校4年生の時から知っています。

当時、サッカー少年(今も変わらずですが)だった私は、大好きな三浦知良選手が日本プロスポーツ大賞を受賞したのを心に深く刻みました。とても大々的に取り上げられました。

「サッカーが日本一のスポーツになったんだ!」
「カズが日本で一番のスポーツ選手なんだ!」

子供ながらにそんなふうに思ったんです。それ以来、スポーツの賞といえば、日本プロスポーツ大賞でした。

広告の下にコンテンツが続きます

それから30年。陸上に携わるようになった12年。

この賞は陸上とは無縁でした。なぜなら「プロ」ではないから。オリンピックでの活躍は、この賞には直結しません。

ただ、今年初めて、その“牙城”が崩れたんです。北口選手の活躍は、この見えない「プロの壁」を取っ払ったのです。

「実業団選手ではありますが、プロ意識を持って競技と向き合っています」

広告の下にコンテンツが続きます

引き受けるかどうか、少し葛藤はあったかもしれませんが、そこには陸上競技で生計を立てているという覚悟と誇りが見えました。

陸上競技選手の活躍が「プロ」として認められた、記念すべき2023年が終わります。2024年も、それ以降も、日本プロスポーツ大賞に陸上競技選手の対象になっていくといいなぁ。

良いお年をお迎えください。

向永拓史(むかえ・ひろし)
月刊陸上競技編集部 新米(?)編集部員
1983年8月30日生まれ。16★cm、58kg、O型。石川県金沢市生まれ、滋賀県育ち。両親の仕事の都合で多数の引っ越しを経験し、幼少期より「どうせ友達になっても離れる」とひねくれて育つ。運動音痴で絵を描くのが好きな少年だったが、小4の時に開幕したJリーグの影響で三浦知良に心酔してサッカー少年に転向。2011年全中以降、陸上競技の取材をすることになり、現在に至る。最近はお菓子を食べてしまうが、何とか体型は最低限キープしている。ブダペスト世界選手権800m(メディアレース)で自己ベスト更新。

過去の編集部コラムはこちら

広告の下にコンテンツが続きます
毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第228回「プロスポーツとして(向永拓史)

2023年、終わりますね! こんな暮れに、しかも夜遅くにコラムを書いています。明日は富士山女子駅伝。1年で最後のビッグレースです。 今年の日本プロスポーツ大賞の殊勲賞とNHK賞に、女子やり投の北口榛花選手(JAL)が選ばれました。 「日本プロスポーツ大賞」とは、その年のプロスポーツを盛り上げた“象徴”的な選手が集まるもの。 私はこの賞を1993年、小学校4年生の時から知っています。 当時、サッカー少年(今も変わらずですが)だった私は、大好きな三浦知良選手が日本プロスポーツ大賞を受賞したのを心に深く刻みました。とても大々的に取り上げられました。 「サッカーが日本一のスポーツになったんだ!」 「カズが日本で一番のスポーツ選手なんだ!」 子供ながらにそんなふうに思ったんです。それ以来、スポーツの賞といえば、日本プロスポーツ大賞でした。 それから30年。陸上に携わるようになった12年。 この賞は陸上とは無縁でした。なぜなら「プロ」ではないから。オリンピックでの活躍は、この賞には直結しません。 ただ、今年初めて、その“牙城”が崩れたんです。北口選手の活躍は、この見えない「プロの壁」を取っ払ったのです。 「実業団選手ではありますが、プロ意識を持って競技と向き合っています」 引き受けるかどうか、少し葛藤はあったかもしれませんが、そこには陸上競技で生計を立てているという覚悟と誇りが見えました。 陸上競技選手の活躍が「プロ」として認められた、記念すべき2023年が終わります。2024年も、それ以降も、日本プロスポーツ大賞に陸上競技選手の対象になっていくといいなぁ。 良いお年をお迎えください。
向永拓史(むかえ・ひろし) 月刊陸上競技編集部 新米(?)編集部員 1983年8月30日生まれ。16★cm、58kg、O型。石川県金沢市生まれ、滋賀県育ち。両親の仕事の都合で多数の引っ越しを経験し、幼少期より「どうせ友達になっても離れる」とひねくれて育つ。運動音痴で絵を描くのが好きな少年だったが、小4の時に開幕したJリーグの影響で三浦知良に心酔してサッカー少年に転向。2011年全中以降、陸上競技の取材をすることになり、現在に至る。最近はお菓子を食べてしまうが、何とか体型は最低限キープしている。ブダペスト世界選手権800m(メディアレース)で自己ベスト更新。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top