HOME 駅伝

2023.12.29

名城大・米田監督「全日本より状態上がっている」大東大は大会新V狙う/富士山女子駅伝
名城大・米田監督「全日本より状態上がっている」大東大は大会新V狙う/富士山女子駅伝

富士山女子駅伝の監督会見の様子

12月30日に開催される2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)の前日会見と開会式が、静岡県富士市内で29日に行われた。

会見には全日本大学女子駅伝での上位6チームの監督が参加。名城大の米田勝朗監督、大東大の外園隆監督、立命大の杉村憲一監督、城西大の赤羽周平監督、日体大の佐藤洋平監督、大阪学大の弘潤一監督がそれぞれ意気込みや目標などを話した。

広告の下にコンテンツが続きます

大会5連覇中の名城大・米田監督は「どの選手も、全日本よりも状態が上がっている。ミスなく走ることができれば大丈夫」と自信をのぞかせる。

全日本で補員となった主将の増渕祐香(4年)は今回6区で、「4年間の中でも最も調子がいいと思う。3年生以下は、彼女を気持ちよく卒業させてあげたいと思ってるはずなのでがんばってほしい」と最上級生の求心力に期待。前半から貯金を積み上げるレースイメージで、最終区間までに余裕が持てる展開を思い描いている。

大東大は2週間前に3名がインフルエンザに感染したという苦境を明かし、1区、5区以外は事前の想定とは大きく異なるオーダーとなったが、「大会新記録で優勝」を狙って勝負に出る。

5区のサラ・ワンジル(1年)までに「1分差なら合格点。最悪でも1分20秒差なら逆転できる。ただこの区間終了時点で、トップに立つだけでなく、20?30秒くらい差をつけたい」と目論んでいる。1年生5人の若い布陣で、2区・蔦野萌々香(1年)を勝負のカギに挙げた。

広告の下にコンテンツが続きます

立命大は優勝が目標。「全日本はいい流れだったが残念ながら優勝はできなかった。その後2ヵ月間、富士山では絶対に優勝すると思ってトレーニングに励んできた」と杉村監督。11月に10000m32分40秒47の自己新をマークした5区・福永楓花(3年)の地道な努力が良い影響をチームに与えており、士気が高まっているという。前半重視のオーダーで、逃げ切りを図る。

城西大は5位以内を目標に掲げる。「全日本は4位だったが、表彰台に立つチームとは差がある現状を、選手たちは冷静に分析している」と赤羽監督。後半3区間に自信を持ち、「5位が目指せる位置でエース区間・5区の髙橋葵(2年)にタスキを渡せれば、目標が達成できると思う。目標達成のいい状態で来年に向かいたい」と話した。

日体大の佐藤監督は「コンディショニングに重点を置いてきた。状態は悪くないと思う」と話し、メダル獲得を目指して臨む。「ウチのエースは山崎りさ(3年)。世界で活躍する選手になってほしい。彼女の成長のためにも良いチームメイトが必要で、それが今回2区を走る尾形唯莉(3年)。名城大の米澤さん(奈々香、2年)と戦って、エースと呼ばれるようになってほしい」と佐藤監督は期待を寄せる。ただ1人の4年生・保坂晴子にも「自分がいい成績に導く覚悟をもっている。最後にやってくれるはず」と太鼓判を押した。

前回2位の大阪学大・弘監督は「日本一の山は富士山。でも、2番目の山の名前は知られていない。1位以外は優勝の引き立て役というのが現実だ、ということを伝えて取り組んできた」という。全日本は6位で、それ以上の順位は狙える手応えを持っている。「全日本で出遅れた(1区19位)小林舞妃留(3年)に、今回しっかりと自分の走りをして区間賞をとってほしい」と、期待する選手に次期キャプテンの名を挙げた。

広告の下にコンテンツが続きます

なお、注目された拓大の不破聖衣来(3年)は補員登録。取材に応じた五十嵐利治監督は「無理に狙わせていなかった。ケガをするから無理に合わせなかっただけ。故障しないよう、長期的に考えていている」と話し、「来年、何がなんでも五輪というつもりではない」と状況を説明する。チームの状態については「順調で、みんなの目標は5位。どこまで近づけるか。1、7区は区間賞狙えます」と自信をのぞかせた。

レースは12月30日10時に号砲。富士山本宮浅間大社鳥居前をスタート、富士総合運動公園陸上競技場をフィニッシュとする7区間43.4kmで行われる。大会の模様はフジテレビ系列(テレビ静岡)で9時55分から生中継される。

文/中村 外

12月30日に開催される2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)の前日会見と開会式が、静岡県富士市内で29日に行われた。 会見には全日本大学女子駅伝での上位6チームの監督が参加。名城大の米田勝朗監督、大東大の外園隆監督、立命大の杉村憲一監督、城西大の赤羽周平監督、日体大の佐藤洋平監督、大阪学大の弘潤一監督がそれぞれ意気込みや目標などを話した。 大会5連覇中の名城大・米田監督は「どの選手も、全日本よりも状態が上がっている。ミスなく走ることができれば大丈夫」と自信をのぞかせる。 全日本で補員となった主将の増渕祐香(4年)は今回6区で、「4年間の中でも最も調子がいいと思う。3年生以下は、彼女を気持ちよく卒業させてあげたいと思ってるはずなのでがんばってほしい」と最上級生の求心力に期待。前半から貯金を積み上げるレースイメージで、最終区間までに余裕が持てる展開を思い描いている。 大東大は2週間前に3名がインフルエンザに感染したという苦境を明かし、1区、5区以外は事前の想定とは大きく異なるオーダーとなったが、「大会新記録で優勝」を狙って勝負に出る。 5区のサラ・ワンジル(1年)までに「1分差なら合格点。最悪でも1分20秒差なら逆転できる。ただこの区間終了時点で、トップに立つだけでなく、20?30秒くらい差をつけたい」と目論んでいる。1年生5人の若い布陣で、2区・蔦野萌々香(1年)を勝負のカギに挙げた。 立命大は優勝が目標。「全日本はいい流れだったが残念ながら優勝はできなかった。その後2ヵ月間、富士山では絶対に優勝すると思ってトレーニングに励んできた」と杉村監督。11月に10000m32分40秒47の自己新をマークした5区・福永楓花(3年)の地道な努力が良い影響をチームに与えており、士気が高まっているという。前半重視のオーダーで、逃げ切りを図る。 城西大は5位以内を目標に掲げる。「全日本は4位だったが、表彰台に立つチームとは差がある現状を、選手たちは冷静に分析している」と赤羽監督。後半3区間に自信を持ち、「5位が目指せる位置でエース区間・5区の髙橋葵(2年)にタスキを渡せれば、目標が達成できると思う。目標達成のいい状態で来年に向かいたい」と話した。 日体大の佐藤監督は「コンディショニングに重点を置いてきた。状態は悪くないと思う」と話し、メダル獲得を目指して臨む。「ウチのエースは山崎りさ(3年)。世界で活躍する選手になってほしい。彼女の成長のためにも良いチームメイトが必要で、それが今回2区を走る尾形唯莉(3年)。名城大の米澤さん(奈々香、2年)と戦って、エースと呼ばれるようになってほしい」と佐藤監督は期待を寄せる。ただ1人の4年生・保坂晴子にも「自分がいい成績に導く覚悟をもっている。最後にやってくれるはず」と太鼓判を押した。 前回2位の大阪学大・弘監督は「日本一の山は富士山。でも、2番目の山の名前は知られていない。1位以外は優勝の引き立て役というのが現実だ、ということを伝えて取り組んできた」という。全日本は6位で、それ以上の順位は狙える手応えを持っている。「全日本で出遅れた(1区19位)小林舞妃留(3年)に、今回しっかりと自分の走りをして区間賞をとってほしい」と、期待する選手に次期キャプテンの名を挙げた。 なお、注目された拓大の不破聖衣来(3年)は補員登録。取材に応じた五十嵐利治監督は「無理に狙わせていなかった。ケガをするから無理に合わせなかっただけ。故障しないよう、長期的に考えていている」と話し、「来年、何がなんでも五輪というつもりではない」と状況を説明する。チームの状態については「順調で、みんなの目標は5位。どこまで近づけるか。1、7区は区間賞狙えます」と自信をのぞかせた。 レースは12月30日10時に号砲。富士山本宮浅間大社鳥居前をスタート、富士総合運動公園陸上競技場をフィニッシュとする7区間43.4kmで行われる。大会の模様はフジテレビ系列(テレビ静岡)で9時55分から生中継される。 文/中村 外

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top