HOME 国内

2023.12.11

塩尻和也が27分09秒80の日本新!アジア出身初の26分台に近づく快走「どの種目も勝ちたいと思ってやってきた」/日本選手権10000m
塩尻和也が27分09秒80の日本新!アジア出身初の26分台に近づく快走「どの種目も勝ちたいと思ってやってきた」/日本選手権10000m

日本選手権10000mのレース後、記録を確認して笑顔を見せた塩尻和也

◇第107回日本選手権10000m(12月10日/東京・国立競技場)

パリ五輪代表選考会を兼ねた第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録でこの種目初優勝。6月の5000mとの2冠に輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

日本記録保持者として記者会見に臨んだ塩尻。「事前にイメージしていたとおり、終盤の8000mまで先頭集団について、勝負どころで前に出られるように意識していました。そのとおり走れて日本記録も出せたので良い結果だと思います」と笑顔で振り返る。

11月3日の東日本実業団駅伝で4区区間賞。その後は「1ヵ月ほどチーム練習から少し離れて、スピード練習を加えて取り組んできました。順調に臨めました」と言う。

同い年で同じ群馬で高校時代から競り合ってきた清水歓太(SUBARU)が積極的にペースメーカーの後ろに陣取る。太田智樹(トヨタ自動車)や田澤廉(同)、そして日本記録保持者の相澤晃(旭化成)らと先頭集団を形成した。

「日本記録ペースだったので、無理に切り替えるよりは、落とさないようにすること」とじっくり脚を溜めていた塩尻。残り1000m付近からロングスパートを放ち、勝負を決めた。パリ五輪参加標準記録(27分00秒00)とアジア出身初の26分台にはあとわずか届かずも、アジア歴代4位、今季世界リスト9位のビッグレコードだった。

広告の下にコンテンツが続きます

それでも、「大幅自己ベスト更新ですが、国内・国外の水準も上がっています。レベルも上がっていて、周囲の雰囲気も日本記録は更新できない記録ではないというのを感じていました。海外に目を向ければ参加標準記録を更新していかないと勝負は難しい」と満足はしていない。

高校時代から3000m障害を得意とし、高3で世界ジュニア選手権に出場し、順大時代にはリオ五輪の舞台にも立っている。しかし、その後はケガなどもありフラットレースに専念。「まだ未練はありますし、また走りたい気持ちもあります」と本音ものぞかせ、「今後出るかどうかわかりませんが、今の経験は3000m障害にも無駄にはならない」と語る。

「どの種目も勝ちたいと思ってやってきた」と塩尻。高校時代、女子と一緒に練習していた時も、都道府県男子駅伝を走ったその夜に小雪が降るなか一人黙々と広島を走っていた時も、3000m障害で壁にぶち当たった時も、ずっと胸にその思いはあった。ブダペスト世界選手権に出た5000mでも、日本記録保持者となった10000mでも、そして3000m障害でも、とにかく勝ちたい。普段はおっとり話す27歳は、生粋の負けず嫌い。だからこそ、あきらめずにここにたどり着いた。

「26分台にはスピードも、スタミナも必要。また明日から、今以上のタイムを目指してやっていきたいです」

広告の下にコンテンツが続きます

自身2度目のオリンピックへ。次は自らの手で日本代表をつかみに行く。

◇第107回日本選手権10000m(12月10日/東京・国立競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録でこの種目初優勝。6月の5000mとの2冠に輝いた。 日本記録保持者として記者会見に臨んだ塩尻。「事前にイメージしていたとおり、終盤の8000mまで先頭集団について、勝負どころで前に出られるように意識していました。そのとおり走れて日本記録も出せたので良い結果だと思います」と笑顔で振り返る。 11月3日の東日本実業団駅伝で4区区間賞。その後は「1ヵ月ほどチーム練習から少し離れて、スピード練習を加えて取り組んできました。順調に臨めました」と言う。 同い年で同じ群馬で高校時代から競り合ってきた清水歓太(SUBARU)が積極的にペースメーカーの後ろに陣取る。太田智樹(トヨタ自動車)や田澤廉(同)、そして日本記録保持者の相澤晃(旭化成)らと先頭集団を形成した。 「日本記録ペースだったので、無理に切り替えるよりは、落とさないようにすること」とじっくり脚を溜めていた塩尻。残り1000m付近からロングスパートを放ち、勝負を決めた。パリ五輪参加標準記録(27分00秒00)とアジア出身初の26分台にはあとわずか届かずも、アジア歴代4位、今季世界リスト9位のビッグレコードだった。 それでも、「大幅自己ベスト更新ですが、国内・国外の水準も上がっています。レベルも上がっていて、周囲の雰囲気も日本記録は更新できない記録ではないというのを感じていました。海外に目を向ければ参加標準記録を更新していかないと勝負は難しい」と満足はしていない。 高校時代から3000m障害を得意とし、高3で世界ジュニア選手権に出場し、順大時代にはリオ五輪の舞台にも立っている。しかし、その後はケガなどもありフラットレースに専念。「まだ未練はありますし、また走りたい気持ちもあります」と本音ものぞかせ、「今後出るかどうかわかりませんが、今の経験は3000m障害にも無駄にはならない」と語る。 「どの種目も勝ちたいと思ってやってきた」と塩尻。高校時代、女子と一緒に練習していた時も、都道府県男子駅伝を走ったその夜に小雪が降るなか一人黙々と広島を走っていた時も、3000m障害で壁にぶち当たった時も、ずっと胸にその思いはあった。ブダペスト世界選手権に出た5000mでも、日本記録保持者となった10000mでも、そして3000m障害でも、とにかく勝ちたい。普段はおっとり話す27歳は、生粋の負けず嫌い。だからこそ、あきらめずにここにたどり着いた。 「26分台にはスピードも、スタミナも必要。また明日から、今以上のタイムを目指してやっていきたいです」 自身2度目のオリンピックへ。次は自らの手で日本代表をつかみに行く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top