HOME アラカルト

2023.11.27

【“陸女”インタビュー】アイドルFES☆TIVEの土光瑠璃子さん「精神面の強さが身についた!」
【“陸女”インタビュー】アイドルFES☆TIVEの土光瑠璃子さん「精神面の強さが身についた!」

中学時代に陸上部だった「FES☆TIVE」の土光瑠璃子さん

オリンピックの花形である陸上競技! 球技に比べると、すこーし“地味”な印象があるかもしれない……。しかし、中高生合わせて、なんと約30万人以上が「陸部」なんです。

実は芸能界で活躍するあの人も、この人も、結構、陸上経験者が多いらしい……。そんな「元陸部」の方々へのインタビュー企画がスタート! きつかった練習は!? 楽しかった思い出は!? 陸上を通して学んだことは!?

広告の下にコンテンツが続きます

アイドルグループ「FES☆TIVE」の一員として人気の土光瑠璃子さんは中学時代に陸上部を経験。「部活をしていなかったらアイドルを続けられていない!」と言う土光さんに、陸上部時代の思い出を聞きました!

仮入部期間でくじけそうに…

――陸上部に入ったきっかけを教えてください。

土光 実はあまり覚えていないのですが……。たぶん、友達が入るから、という理由だったと思います! ウチの中学は全校生徒が1000人近い学校で、陸上部も70人くらいいたと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

――運動は得意だったんですか?

土光 幼稚園の時から運動は好きでした。三姉妹の真ん中なのですが、私だけ活発で男の子たちと遊んでいました。いつも制服を汚して怒られていましたね(笑)

得意かどうかは…。走るのも球技も平均以上だったと思います。短距離やリレーよりも持久走のほうが得意でした。

――他に習い事はしていましたか。

広告の下にコンテンツが続きます

土光 小学校の時は水泳、テニス、新体操、チアダンスに通っていました!

幼い頃から活発だったという

――陸上部に入っての第一印象は…?

土光 仮入部期間でくじけそうでした…(笑)。待って、やばい!って。もうすごくきつくて。運動は好きとは言えそこまで体力もないし、腹筋もめちゃくちゃやるし。

広告の下にコンテンツが続きます

母に「何で陸上部に入ったの?」「実は私も陸上部だったんだよ」って後から聞いて知りました。ハードルをしていたそうです。そういう運命だったのかなって思って、背中を押されたのもあって続けました。

――土光さんの種目は。

土光 私もハードルです! 仮入部のうちはいろいろな種目に挑戦しました。走高跳をやってみたくて挑戦したのですが、バーを落とししまってその上に背中が着地してめっちゃ痛かったんです!! それで友達と一緒にハードルをやってみました。

――でもハードルも痛くないですか…?

広告の下にコンテンツが続きます

土光 そうなんです(笑)。すごく痛くて大変でしたが、ずっとハードルでした。得意だったので長距離をやりたいなって思ったのですが、先輩も熱心に教えてくれるのもあって、種目を替えにくくて。

陸上部時代の思い出を語る土光瑠璃子さん

思い出深い河口湖での夏合宿!

――チームの雰囲気はいかがでしたか。

土光 顧問の先生も熱心で、全国大会に行く先輩たちもたくさんいました。厳しかったですね(笑)。入部して少ししてから、友達と笑いながら練習をしていたらすごく怒られました。そこからはまじめに練習しました!

広告の下にコンテンツが続きます

――ハードルは難しくなかったですか。

土光 怖がりだったのでインターバル(ハードル間)の3歩がなかなかいけなかったです。最初は3歩で行っても途中から「ちょこちょこ」って走ってしまいました。先輩や同級生はポンポンと跳べるのに。フレキシブルハードルを使っても抜き脚を左右の柱部分にぶつけてしまって…。「先輩は脚が長いからだ!」ってひねくれていましたね(笑)

――きつかった練習は?

土光 「エンドレスリレー」です!何人かで最初は1000mを走って、次は800m、その次は400m、そして200mと続きます。もうずっと終わらないんです。あとは夏合宿もよく覚えています。

広告の下にコンテンツが続きます

――合宿もあったんですね!

土光 河口湖の西湖でありました。午前中に西湖を1周します。確か10kmくらいあるのですが、1時間以内に走りきらないとお昼ご飯にありつけないんです。もう死ぬ気で走って何とかご飯を食べないとって。でも、走りきって無事にご飯を食べるのですが、少食でなかなか食べ終わらないんです! 午後の練習もあるのでそれも大変でした。今思うと、人生で一番きつかった体験かもしれません。初めて乗り越えた高い壁でしたね。

――楽しかった思い出はありますか。

土光 やっぱり種目練習が楽しかったです。インターバルが3歩で跳べる台数が増えていくとうれしかったですね。先輩のまねをしたり、アドバイスをもらったり。前傾して、身体を折りたたむ姿勢を意識していました。家でも柔軟性を高めようとストレッチをしていましたね。結構、負けず嫌いなので“コソ練”していました!

広告の下にコンテンツが続きます

バトンの受け渡しを思い出す

――達成感があった瞬間は?

土光 一度、記録会に出るために走高跳に挑戦したんですが、練習の中で何度やっても跳べない高さをやっと跳べた時があったんです。着地して振り返った時にバーが落ちていなくて、その瞬間が一番感動しました!! ハードルではないんですけど(笑)

みんなでリレーや応援を頑張ったのも良い思い出です。リレーは先生が力を入れていて、専門種目に関係なくみんな練習しました。いろいろな組み合わせをしてタイムを計って。腕を上に上げて、手をしっかり広げて下に向けるって何度もやりましたね。

試合の時は会場に早く着いてシートを敷いて場所取りしていました。神奈川県出身なので、三ツ沢はよく試合で行っていましたね。強い先輩たちを全力で集団応援していて、団結するのはすごいなって感動していました。

オリンピックの花形である陸上競技! 球技に比べると、すこーし“地味”な印象があるかもしれない……。しかし、中高生合わせて、なんと約30万人以上が「陸部」なんです。 実は芸能界で活躍するあの人も、この人も、結構、陸上経験者が多いらしい……。そんな「元陸部」の方々へのインタビュー企画がスタート! きつかった練習は!? 楽しかった思い出は!? 陸上を通して学んだことは!? アイドルグループ「FES☆TIVE」の一員として人気の土光瑠璃子さんは中学時代に陸上部を経験。「部活をしていなかったらアイドルを続けられていない!」と言う土光さんに、陸上部時代の思い出を聞きました!

仮入部期間でくじけそうに…

――陸上部に入ったきっかけを教えてください。 土光 実はあまり覚えていないのですが……。たぶん、友達が入るから、という理由だったと思います! ウチの中学は全校生徒が1000人近い学校で、陸上部も70人くらいいたと思います。 ――運動は得意だったんですか? 土光 幼稚園の時から運動は好きでした。三姉妹の真ん中なのですが、私だけ活発で男の子たちと遊んでいました。いつも制服を汚して怒られていましたね(笑) 得意かどうかは…。走るのも球技も平均以上だったと思います。短距離やリレーよりも持久走のほうが得意でした。 ――他に習い事はしていましたか。 土光 小学校の時は水泳、テニス、新体操、チアダンスに通っていました! [caption id="attachment_121253" align="alignnone" width="800"] 幼い頃から活発だったという[/caption] ――陸上部に入っての第一印象は…? 土光 仮入部期間でくじけそうでした…(笑)。待って、やばい!って。もうすごくきつくて。運動は好きとは言えそこまで体力もないし、腹筋もめちゃくちゃやるし。 母に「何で陸上部に入ったの?」「実は私も陸上部だったんだよ」って後から聞いて知りました。ハードルをしていたそうです。そういう運命だったのかなって思って、背中を押されたのもあって続けました。 ――土光さんの種目は。 土光 私もハードルです! 仮入部のうちはいろいろな種目に挑戦しました。走高跳をやってみたくて挑戦したのですが、バーを落とししまってその上に背中が着地してめっちゃ痛かったんです!! それで友達と一緒にハードルをやってみました。 ――でもハードルも痛くないですか…? 土光 そうなんです(笑)。すごく痛くて大変でしたが、ずっとハードルでした。得意だったので長距離をやりたいなって思ったのですが、先輩も熱心に教えてくれるのもあって、種目を替えにくくて。 [caption id="attachment_121249" align="alignnone" width="800"] 陸上部時代の思い出を語る土光瑠璃子さん[/caption]

思い出深い河口湖での夏合宿!

――チームの雰囲気はいかがでしたか。 土光 顧問の先生も熱心で、全国大会に行く先輩たちもたくさんいました。厳しかったですね(笑)。入部して少ししてから、友達と笑いながら練習をしていたらすごく怒られました。そこからはまじめに練習しました! ――ハードルは難しくなかったですか。 土光 怖がりだったのでインターバル(ハードル間)の3歩がなかなかいけなかったです。最初は3歩で行っても途中から「ちょこちょこ」って走ってしまいました。先輩や同級生はポンポンと跳べるのに。フレキシブルハードルを使っても抜き脚を左右の柱部分にぶつけてしまって…。「先輩は脚が長いからだ!」ってひねくれていましたね(笑) ――きつかった練習は? 土光 「エンドレスリレー」です!何人かで最初は1000mを走って、次は800m、その次は400m、そして200mと続きます。もうずっと終わらないんです。あとは夏合宿もよく覚えています。 ――合宿もあったんですね! 土光 河口湖の西湖でありました。午前中に西湖を1周します。確か10kmくらいあるのですが、1時間以内に走りきらないとお昼ご飯にありつけないんです。もう死ぬ気で走って何とかご飯を食べないとって。でも、走りきって無事にご飯を食べるのですが、少食でなかなか食べ終わらないんです! 午後の練習もあるのでそれも大変でした。今思うと、人生で一番きつかった体験かもしれません。初めて乗り越えた高い壁でしたね。 ――楽しかった思い出はありますか。 土光 やっぱり種目練習が楽しかったです。インターバルが3歩で跳べる台数が増えていくとうれしかったですね。先輩のまねをしたり、アドバイスをもらったり。前傾して、身体を折りたたむ姿勢を意識していました。家でも柔軟性を高めようとストレッチをしていましたね。結構、負けず嫌いなので“コソ練”していました! [caption id="attachment_121254" align="alignnone" width="800"] バトンの受け渡しを思い出す[/caption] ――達成感があった瞬間は? 土光 一度、記録会に出るために走高跳に挑戦したんですが、練習の中で何度やっても跳べない高さをやっと跳べた時があったんです。着地して振り返った時にバーが落ちていなくて、その瞬間が一番感動しました!! ハードルではないんですけど(笑) みんなでリレーや応援を頑張ったのも良い思い出です。リレーは先生が力を入れていて、専門種目に関係なくみんな練習しました。いろいろな組み合わせをしてタイムを計って。腕を上に上げて、手をしっかり広げて下に向けるって何度もやりましたね。 試合の時は会場に早く着いてシートを敷いて場所取りしていました。神奈川県出身なので、三ツ沢はよく試合で行っていましたね。強い先輩たちを全力で集団応援していて、団結するのはすごいなって感動していました。

陸上部だったからアイドルを続けられた

――芸能活動は始めたのはいつ頃ですか。 土光 中2の途中からです。夏くらいに最初に所属していたグループのオーディションを受けました。最初は妹がアイドルになりたいって言っていて、そこから自分も少しずつ興味が湧きました。そうしたら、今同じグループにいる従姉妹の青葉ひなりが芸能活動をして、「自分も!」ってさらに強く思ってオーディションに応募しました。 しばらく応募したのも忘れて、普通に西湖の夏合宿に行っていました(笑)。帰ってきてしばらくしてから一次審査の通過の連絡がありました。当時は日焼けして真っ黒だったので、「それは日焼け? 地黒?」って聞かれました。ずっと部活をやっていましたし、メイクもしていなかったので…。 合格してからは部活に顔を出せなくなりました。負けず嫌いだし、最後まで続けたかったので、結局、退部届を出していないと思います(笑) [caption id="attachment_121250" align="alignnone" width="800"] お祭りアイドルグループとして活動する[/caption] ――アイドルを始めて大変だったのはどんなことですか。 土光 私は当時、4期生としてグループに加入したので、それまで出した楽曲とダンスを覚えるのが大変でした。加入した時が一番きつかったです。ゼロから数十曲覚えないといけないので。 ダンスも歌も、メイクもまったく知らなかったのでイチから勉強です。学校との両立も大変でした。日焼けは1年後くらいにやっと消えてきたと思います。下半身も筋肉質だったので、まずは筋肉がつかないようにしたのですが、ダンスをしているだけで硬くなっちゃって。痩せるのも大変でした。 ――2017年3月にグループが解散。その後、現在の「FES☆TIVE」に加入されました。 土光 違うことをやってみたいと思うこともあったのですが、解散で終わったのが少し心残りで、「まだアイドルとしてやりきれていない」「もっと大きなステージでダンスや歌をやってみたい」という気持ちが強かったんです。アイドルとして続けることを決めて、オーディションを受けて加入しました。 ――「FES☆TIVE」はどんなグループですか? 土光 “お祭り”がコンセプトで、ファンの方々も声を出すだけじゃなくて振りコピもしてくれるんです。ライブではみんなで一緒に「騒げる」というのが一番のアピールポイントです! 自分たちだからこそ魅せられる、という思いを持っています。だからこそ、パフォーマンスには力を入れていて、レッスンを重ねています。 ――一番のやりがいは何ですか。 土光 ライブで盛り上がって、その後のファンの方々との交流で「パフォーマンスがいいね」とか「声量がすごいね」と感想をいただけると、努力してきて良かったなって思えます。 ――12月にはライブを控えていらっしゃいます。 土光 12月4日に「FES☆TIVEワンマンライブ-コズミック祭り大革命-」がZepp Diver Cityであります! 1年半ぶりのワンマンライブ。これまでイベントでもみんなで騒いできたと思いますが、久しぶりのワンマンライブでレッスンも重ねてきました。初めての方もぜひ遊びに来てほしいです! ――今後やってみたいお仕事はありますか。 土光 ファッションにすごく興味があるので、モデルさんやアパレルブランドとのコラボなど挑戦してみたいです。あとは、少し前に舞台のお仕事をさせていただいてから、演技もまたやってみたいなって思います。パフォーマンスと似ている部分もあって、感情を入れて何かを表現できればと思います。 [caption id="attachment_121258" align="alignnone" width="800"] 今も「ハードル」を観るのが好きだという[/caption] ――今でも陸上を観たり、運動をしたりしますか? 土光 テレビでやっていたら観ちゃいます! 自分のやった種目だと、「1歩目が速い!」とか「回転が速いな」とか、技術的に観ることもあります。今も「走りたいな」って思うこともありますし、ダンスのために腹筋やプランクで鍛えています。腹筋が割れているのは陸上経験のお陰です! ――陸上を経験してお仕事に役立ったり、良かったって思ったりすることはありますか。 土光 やっぱり精神面の強さです! 部活をやっていなかったら、ここまでアイドルを続けられなかったと思います。夏合宿の厳しさに比べたらお仕事は全然大丈夫です!(笑) ――最後に陸上を頑張っている人たちへメッセージをお願いします。 土光 私はそれほど試合で結果を残せたわけではないですが、積み重ねているものはどういう形になっても将来につながると思います。その時は記録として残らなくても、自分の経験としてつながるんだなって。将来、必ずやってよかったなって思う時がきます!心を折らさずに頑張ってください!ワッショーイ!! [caption id="attachment_121257" align="alignnone" width="800"] 中学時代に陸上部に所属していた「FES☆TIVE」の土光瑠璃子さん[/caption]
どこう・るりこ/1999年10月7日生まれ、神奈川県出身。中学時代に陸上部に所属してハードルが専門種目だった。中2の秋に「Tokyo Cheer② Party」の4期生として加入。17年3月の解散まで活動した。18年4月に「FES☆TIVE」に加入。愛称は「るー」で、イメージカラーは赤。同じグループの青葉ひなりは従姉妹。グループの公式HPX(Twitter)Instagram
構成/向永拓史 土光瑠璃子さんサイン入りチェキを2名様にプレゼント! 詳しくは月陸の公式X(Twitter)と公式Instagramで情報をチェックしてください。 【関連ページ】 朝比奈彩さん(モデル・女優)「練習をすれば少しずつでも力になる!」 仮面ライダーヒロイン役の高田夏帆さん「中学時代の青春は陸上部!」 準ミス青学の新田さちかさん「陸上部で身についたのは集中力!」 =LOVE(イコラブ)野口衣織さん「時間を惜しまずに追求していました!」 注目の若手女優・上原実矩さん「人として大事なことをたくさん学びました!」 話題の映画出演・菊池日菜子さん「ハンマー投に捧げた時間に後悔はありません!」 モデル・女優として活躍する“美しき怪物”優希クロエ「負けず嫌いでコソ練していました!」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top