HOME 駅伝

2023.11.26

積水化学Vも新谷仁美は「区間賞が取れず散々な結果」次戦は明言せずも「自分の目標に向かって」/クイーンズ駅伝
積水化学Vも新谷仁美は「区間賞が取れず散々な結果」次戦は明言せずも「自分の目標に向かって」/クイーンズ駅伝

新谷仁美(積水化学)

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km)

実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。

ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美は5区(10km)を務め、31分57秒の区間2位。佐々木梨七からトップでタスキを受け、「みんなのお陰で(テレビに)ずっと映れた」と茶目っ気たっぷりに笑顔を見せた。

ただ、自身の走りとしては「区間賞が取れず散々な結果」と厳しい評価。「各選手が実績を重ねることができたからこそ、勝つことができました」。

今年はパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は出場せずに、9月のベルリン・マラソンで日本記録(2時間19分12秒)の更新を狙ったものの、万全とはいかず2時間23分08秒にとどまった。

かねてより「パリ五輪を目指さない。日本記録を狙いたい」と明言している新谷。次戦については明言しなかったが、「また自分の目標に向かって頑張りたい」と語った。

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。 ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美は5区(10km)を務め、31分57秒の区間2位。佐々木梨七からトップでタスキを受け、「みんなのお陰で(テレビに)ずっと映れた」と茶目っ気たっぷりに笑顔を見せた。 ただ、自身の走りとしては「区間賞が取れず散々な結果」と厳しい評価。「各選手が実績を重ねることができたからこそ、勝つことができました」。 今年はパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は出場せずに、9月のベルリン・マラソンで日本記録(2時間19分12秒)の更新を狙ったものの、万全とはいかず2時間23分08秒にとどまった。 かねてより「パリ五輪を目指さない。日本記録を狙いたい」と明言している新谷。次戦については明言しなかったが、「また自分の目標に向かって頑張りたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top