HOME 駅伝

2023.11.26

パナソニック「3強を脅かそう」を実現する3位!「想定通りの100%の力を出せた」/クイーンズ駅伝
パナソニック「3強を脅かそう」を実現する3位!「想定通りの100%の力を出せた」/クイーンズ駅伝

23年クイーンズ駅伝3位のパナソニック(2区・内藤早紀子から3区・渡邊菜々美へ)

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km)

実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。パナソニックがJP日本郵政グループ、資生堂との2位争いで、2番目でフィニッシュ。2時間15分01秒で3位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

「外向けには昨年(7位)以上の順位が目標としてきましたが、チーム内では3強(資生堂、積水化学、JP日本郵政グループ)を脅かす。『ジャイアントキリングを起こそう』と話してきました」と安養寺俊隆監督。その言葉通り3強に割って入り、選手たちは歓喜の輪を作った。

2018年に創業100周年を2連覇で飾ったが、21年に25位になるなど苦戦を経験してきた。特にこの数年は「1区でふたケタ順位と出遅れていた」(安養寺監督)ことで、難しいレース展開を強いられていた。

そこでこの1年、「1区でしっかりと8位以内に入る」ことを最大のテーマにチームを強化。その中で、3年目の22歳・信櫻空が6月の日本選手権1500mで3位と活躍。1区候補として8月には月間1000kmの走り込みをこなして、7kmの距離への対応を図ってきたという。

安養寺監督が立てた今大会への戦略が、「1区で8位以内、2区で5位、3区でその順位をキープして、4区から3位以内へ」。信櫻が1区で6位と好スタートを切り、一気に流れに乗った。

広告の下にコンテンツが続きます

これが引退レースだった2区の内藤早紀子が区間2位の好走で4位に上がり、3区の渡邊菜々美で早くも3位に浮上する。4区のジャネット・ニーヴァは2位まで押し上げた。

5区の中村優希が1つ順位を下げたものの、アンカー・森田香織が2位争いを粘り強く戦い抜く。内藤、渡邊、森田と、その後に加入した選手たちが融合し、19年の3位以来となるトップスリー復帰を果たした。

安養寺監督は「タイムも、前回3位だったJP日本郵政グループさんの2時間15分15秒、チームベストの2時間15分21秒を超えることが目標でした。すべて想定通りの3位。みんなが100%の走りをしてくれました」と選手たちを手放しで称えた。

【大会結果】全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/2023年11月26日)をチェック!

広告の下にコンテンツが続きます
◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。パナソニックがJP日本郵政グループ、資生堂との2位争いで、2番目でフィニッシュ。2時間15分01秒で3位に入った。 「外向けには昨年(7位)以上の順位が目標としてきましたが、チーム内では3強(資生堂、積水化学、JP日本郵政グループ)を脅かす。『ジャイアントキリングを起こそう』と話してきました」と安養寺俊隆監督。その言葉通り3強に割って入り、選手たちは歓喜の輪を作った。 2018年に創業100周年を2連覇で飾ったが、21年に25位になるなど苦戦を経験してきた。特にこの数年は「1区でふたケタ順位と出遅れていた」(安養寺監督)ことで、難しいレース展開を強いられていた。 そこでこの1年、「1区でしっかりと8位以内に入る」ことを最大のテーマにチームを強化。その中で、3年目の22歳・信櫻空が6月の日本選手権1500mで3位と活躍。1区候補として8月には月間1000kmの走り込みをこなして、7kmの距離への対応を図ってきたという。 安養寺監督が立てた今大会への戦略が、「1区で8位以内、2区で5位、3区でその順位をキープして、4区から3位以内へ」。信櫻が1区で6位と好スタートを切り、一気に流れに乗った。 これが引退レースだった2区の内藤早紀子が区間2位の好走で4位に上がり、3区の渡邊菜々美で早くも3位に浮上する。4区のジャネット・ニーヴァは2位まで押し上げた。 5区の中村優希が1つ順位を下げたものの、アンカー・森田香織が2位争いを粘り強く戦い抜く。内藤、渡邊、森田と、その後に加入した選手たちが融合し、19年の3位以来となるトップスリー復帰を果たした。 安養寺監督は「タイムも、前回3位だったJP日本郵政グループさんの2時間15分15秒、チームベストの2時間15分21秒を超えることが目標でした。すべて想定通りの3位。みんなが100%の走りをしてくれました」と選手たちを手放しで称えた。 【大会結果】全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/2023年11月26日)をチェック!

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top