HOME 国内

2023.11.09

田中希実が12.9ホノルルで1マイルに出場!全米記録保持者ら豪華メンバーと激突
田中希実が12.9ホノルルで1マイルに出場!全米記録保持者ら豪華メンバーと激突

田中希実(New Balance)

12月9日に米国・ハワイ州のホノルルで行われる第7回カラカウア・メリー・マイルに田中希実(New Balance)がエントリーした。

同大会は大規模マラソンとして人気のホノルル・マラソン前日に行われるレースで、ワイキキビーチに隣接する世界陸連(WA)公認コースで実施される。田中は今大会において日本人初のエリート選手エントリー。田中は1500m(3分59秒19)、5000m(14分29秒18)の日本記録保持者で1マイルでも4分28秒94(室内)の日本記録を持ち、今年の世界ロードランニング選手権では8位入賞している。

田中は今年のブダペスト世界選手権で1500mと5000mに出場し、1500mで準決勝進出、5000mでは8位入賞を果たしている。5000mでは2度日本記録を更新し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも6位に食い込んだ。10月のミドルディスタンスサーキットでトラックシーズンが一段落。1ヵ月のオフをはさみ、状態次第で12月上旬に5000mへ出場する可能性も示唆していた。

同レースの女子には田中を含めて10人が出場。スタートして30秒後には男子エリートランナーが追いかけるレースとなり、男女それぞれの順位とは別に、男女合計でも順位づけされ賞金総額は1万ドルとなっている。

女子エリートの部には、米国の1マイル米国記録保持者で今年の1500m全米チャンピオン、ニッキー・ヒルツが出場。1500mでブダペスト世界選手権にも出場している。1マイルのベストは昨年出した4分16秒35で、1500mは3分59秒61が自己記録。同大会には3度目の出場となる。

他に2021年全米五輪トライアル1500m優勝のエル・サンピエールが出場。サンピエールは4分16秒85で室内の1マイル米国記録を持ち、19年大会を4分25秒0で女子優勝を飾っている。さらに、3000m(8分25秒05)、5000m(14分19秒45)、10000m(30分03秒82)で米国記録を持つアリシア・モンソンもエントリーした。1マイルは4分23秒55が自己記録。

女子のコースレコードは、2018年にミリアム・チェロップ(ケニア)が樹立した4分22秒6。

12月9日に米国・ハワイ州のホノルルで行われる第7回カラカウア・メリー・マイルに田中希実(New Balance)がエントリーした。 同大会は大規模マラソンとして人気のホノルル・マラソン前日に行われるレースで、ワイキキビーチに隣接する世界陸連(WA)公認コースで実施される。田中は今大会において日本人初のエリート選手エントリー。田中は1500m(3分59秒19)、5000m(14分29秒18)の日本記録保持者で1マイルでも4分28秒94(室内)の日本記録を持ち、今年の世界ロードランニング選手権では8位入賞している。 田中は今年のブダペスト世界選手権で1500mと5000mに出場し、1500mで準決勝進出、5000mでは8位入賞を果たしている。5000mでは2度日本記録を更新し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも6位に食い込んだ。10月のミドルディスタンスサーキットでトラックシーズンが一段落。1ヵ月のオフをはさみ、状態次第で12月上旬に5000mへ出場する可能性も示唆していた。 同レースの女子には田中を含めて10人が出場。スタートして30秒後には男子エリートランナーが追いかけるレースとなり、男女それぞれの順位とは別に、男女合計でも順位づけされ賞金総額は1万ドルとなっている。 女子エリートの部には、米国の1マイル米国記録保持者で今年の1500m全米チャンピオン、ニッキー・ヒルツが出場。1500mでブダペスト世界選手権にも出場している。1マイルのベストは昨年出した4分16秒35で、1500mは3分59秒61が自己記録。同大会には3度目の出場となる。 他に2021年全米五輪トライアル1500m優勝のエル・サンピエールが出場。サンピエールは4分16秒85で室内の1マイル米国記録を持ち、19年大会を4分25秒0で女子優勝を飾っている。さらに、3000m(8分25秒05)、5000m(14分19秒45)、10000m(30分03秒82)で米国記録を持つアリシア・モンソンもエントリーした。1マイルは4分23秒55が自己記録。 女子のコースレコードは、2018年にミリアム・チェロップ(ケニア)が樹立した4分22秒6。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top