HOME 国内

2023.11.06

レジェンド43歳の末續慎吾が10秒81!「まだ速く走れる」オリンピック・世界陸上メダリスト健在!
レジェンド43歳の末續慎吾が10秒81!「まだ速く走れる」オリンピック・世界陸上メダリスト健在!

末續慎吾(21年撮影)

11月5日に福岡・北九州市立本城陸上競技場で行われた北九州カーニバルの男子100mに元日本代表で200m日本記録保持者の末續慎吾(EAGLERUN)が出場した。

5月の日大競技会以来のレースとなった末續は、予選で10秒81(+0.5)をマーク。自身が持つ最年長10秒台を43歳5ヵ月に更新した。さらに決勝でも10秒87(+0.1)と、10秒8台を2本そろえている。

レースの様子を自身のSNSで公開し、「もはや今後はフィジカルのみ」「⁡こりゃ、まだ速く走れるな。もう1試合出よ」と綴った。

末續は⁡2003年パリ世界選手権の200mで日本人初となる銅メダルを獲得。2008年北京五輪4×100mリレーでは日本初のメダル獲得に貢献した。200m20秒03は今も破られない日本記録で、100mも10秒03(日本歴代10位タイ)のベストを持つ。近年は競技を続けながら種目を問わずトップ選手を指導している。

11月5日に福岡・北九州市立本城陸上競技場で行われた北九州カーニバルの男子100mに元日本代表で200m日本記録保持者の末續慎吾(EAGLERUN)が出場した。 5月の日大競技会以来のレースとなった末續は、予選で10秒81(+0.5)をマーク。自身が持つ最年長10秒台を43歳5ヵ月に更新した。さらに決勝でも10秒87(+0.1)と、10秒8台を2本そろえている。 レースの様子を自身のSNSで公開し、「もはや今後はフィジカルのみ」「⁡こりゃ、まだ速く走れるな。もう1試合出よ」と綴った。 末續は⁡2003年パリ世界選手権の200mで日本人初となる銅メダルを獲得。2008年北京五輪4×100mリレーでは日本初のメダル獲得に貢献した。200m20秒03は今も破られない日本記録で、100mも10秒03(日本歴代10位タイ)のベストを持つ。近年は競技を続けながら種目を問わずトップ選手を指導している。

【動画】レジェンド末續慎吾が10秒81!43歳も「まだ速く走れる」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top