HOME 駅伝

2023.11.05

11位の順大・三浦龍司は2区で5つ順位上げるも「ふがいない走りだった」最後の学生駅伝へ「やるしかない」/全日本大学駅伝
11位の順大・三浦龍司は2区で5つ順位上げるも「ふがいない走りだった」最後の学生駅伝へ「やるしかない」/全日本大学駅伝

今季駅伝初戦となった順大・三浦龍司(左)は2区区間8位。右は3区の吉岡大翔

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。

3年連続シード権獲得中で前々回3位、前回4位の順大は5時間22分50秒で11位。来年は予選会に回ることとなった。

藤原優希(4年)とともに駅伝主将を務める三浦龍司(4年)は2区を務めて32分04秒の区間8位。順位を5つ上げて8位までジャンプアップさせた。「悪くない出だしで、展開的にも一つずつ追いかけながら行きましたが、もう少し押し上げられれば後ろの区間に違う影響を与えられたと思うと悔しい。順位は上げられたがタイムを見てふがいない走りでした」と悔しさを見せた。

出雲駅伝は10位。その時点でも「チームの状態は良くなかったですし、現状がシビアに出た結果。(全員が)自分のパフォーマンスをはっきできていない」と話し、「この場にいるみんな感じたと思うので、チームで共有したい」と言う。主将を務める中で、「選手層もまだまだ未熟。学年関係なく同じような目線、気持ちを持って取り組む必要があると思います」と危機感を募らせる。

個人では3000m障害でブダペスト世界選手権6位、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも5位となり、2年ぶりに日本記録も更新。世界トップ選手の一人として活躍した。9月中旬までトラックで極限まで仕上げてきたなか、急ピッチで駅伝シーズンに合わせてきた。

実績と知名度ゆえに駅伝で世間から求められる結果と自らの現状と役割との乖離は覚悟の上。主将を務め、学生最後のシーズンで仲間とともに駅伝を戦い抜く覚悟の表われでもある。

「ここまでチームとしては成功体験をつかめていない。あとは箱根駅伝しかない状況で、やるしかない。この2大会を経て、チームが変化し、レベルアップして、終わりよければすべて良し、なるように」

『J』を背負い、タスキをつなぐ最後の駅伝。三浦はやはり、“エース”としてチームを鼓舞し、牽引していく。

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。 3年連続シード権獲得中で前々回3位、前回4位の順大は5時間22分50秒で11位。来年は予選会に回ることとなった。 藤原優希(4年)とともに駅伝主将を務める三浦龍司(4年)は2区を務めて32分04秒の区間8位。順位を5つ上げて8位までジャンプアップさせた。「悪くない出だしで、展開的にも一つずつ追いかけながら行きましたが、もう少し押し上げられれば後ろの区間に違う影響を与えられたと思うと悔しい。順位は上げられたがタイムを見てふがいない走りでした」と悔しさを見せた。 出雲駅伝は10位。その時点でも「チームの状態は良くなかったですし、現状がシビアに出た結果。(全員が)自分のパフォーマンスをはっきできていない」と話し、「この場にいるみんな感じたと思うので、チームで共有したい」と言う。主将を務める中で、「選手層もまだまだ未熟。学年関係なく同じような目線、気持ちを持って取り組む必要があると思います」と危機感を募らせる。 個人では3000m障害でブダペスト世界選手権6位、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも5位となり、2年ぶりに日本記録も更新。世界トップ選手の一人として活躍した。9月中旬までトラックで極限まで仕上げてきたなか、急ピッチで駅伝シーズンに合わせてきた。 実績と知名度ゆえに駅伝で世間から求められる結果と自らの現状と役割との乖離は覚悟の上。主将を務め、学生最後のシーズンで仲間とともに駅伝を戦い抜く覚悟の表われでもある。 「ここまでチームとしては成功体験をつかめていない。あとは箱根駅伝しかない状況で、やるしかない。この2大会を経て、チームが変化し、レベルアップして、終わりよければすべて良し、なるように」 『J』を背負い、タスキをつなぐ最後の駅伝。三浦はやはり、“エース”としてチームを鼓舞し、牽引していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top