HOME 高校

2023.11.03

女子は2区でトップに立った錦城学園が3年ぶりV 男子は國學院久我山が中盤で抜け出し2年ぶり都大路/東京都高校駅伝

全国高校駅伝の出場権を懸けた東京都高校駅伝は11月3日、板橋区の荒川戸田橋競技場を発着とする荒川緊急用河川敷道路で行われ、女子(5区間21.0975km)は、錦城学園が1時間11分21秒で3年ぶり3回目の優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は、國學院久我山が2時間7分11秒で2年ぶり25回目の頂点に立った。

女子の錦城学園は1区こそ、トップから37秒差の3位スタートとなったが、2区(4.0975km)の今井亜実(3年)が13分49秒の区間賞でトップに浮上。3区の杉本花音(3年)、4区の外間結那(2年)、5区の位田明優(3年)も区間賞を獲得し、後続とのリードを広げた。全国大会出場は地区代表を含め、3年ぶり4回目となる。2位は1分26秒差で駒大高が入り、前回まで2連覇していた順天は3位だった。

激戦が予想された男子は、國學院久我山が前回2位の悔しさを晴らし、2年ぶり25回目の全国切符を手にした。3区終了時でトップと14秒差の4位だったが、4区(8.0875km)の飯國新太(3年)が区間新の23分57秒で3人を抜いて首位に。40秒のリードを作った。後続の追い上げで、6区終了時ではリードは10秒となったものの、最終区7区(5km)の寺田向希(3年)が14分41秒の区間新で突き放し、歓喜のフィニッシュ。2位は36秒差で拓大一。前回初優勝の城西は3位。連覇こそ逃したが、2区(3km)の堀川裕生(3年)が区間タイの8分35秒をマークするなど、3区間で区間賞を奪った。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝の出場権を懸けた東京都高校駅伝は11月3日、板橋区の荒川戸田橋競技場を発着とする荒川緊急用河川敷道路で行われ、女子(5区間21.0975km)は、錦城学園が1時間11分21秒で3年ぶり3回目の優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は、國學院久我山が2時間7分11秒で2年ぶり25回目の頂点に立った。 女子の錦城学園は1区こそ、トップから37秒差の3位スタートとなったが、2区(4.0975km)の今井亜実(3年)が13分49秒の区間賞でトップに浮上。3区の杉本花音(3年)、4区の外間結那(2年)、5区の位田明優(3年)も区間賞を獲得し、後続とのリードを広げた。全国大会出場は地区代表を含め、3年ぶり4回目となる。2位は1分26秒差で駒大高が入り、前回まで2連覇していた順天は3位だった。 激戦が予想された男子は、國學院久我山が前回2位の悔しさを晴らし、2年ぶり25回目の全国切符を手にした。3区終了時でトップと14秒差の4位だったが、4区(8.0875km)の飯國新太(3年)が区間新の23分57秒で3人を抜いて首位に。40秒のリードを作った。後続の追い上げで、6区終了時ではリードは10秒となったものの、最終区7区(5km)の寺田向希(3年)が14分41秒の区間新で突き放し、歓喜のフィニッシュ。2位は36秒差で拓大一。前回初優勝の城西は3位。連覇こそ逃したが、2区(3km)の堀川裕生(3年)が区間タイの8分35秒をマークするなど、3区間で区間賞を奪った。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top