HOME 高校

2023.10.29

智辯カレッジが1区からトップに立って独走 男女そろってオール区間賞で7連覇/奈良県高校駅伝
智辯カレッジが1区からトップに立って独走 男女そろってオール区間賞で7連覇/奈良県高校駅伝

全国高校駅伝の出場権を懸けた奈良県高校駅伝が10月29日、橿原市の県立橿原公苑陸上競技場外周コースで行われ、智辯カレッジが男女ともに7年連続7回目の優勝を飾った。

男子(7区間42.195km)は、1区(10km)を務めた柏木優希(3年)が後続と2分06秒の差をつける30分51秒のトップで中継。2区(3km)は福田海未(3年)が8分25秒でさらに差を広げると、3区(8.1075km)・和田拓真(2年)が24分49秒、4区(8.0875km)・南月人(2年)が25分11秒、5区(3km)・川嶋望叶(3年)が9分04秒、6区(5km)・土肥星太(2年)が15分32秒、7区(5km)・山本聖琉(2年)が15分29秒と、いずれも区間賞で走破した。1度もトップを譲らないまま、2位に5分05秒差をつける2時間9分21秒で独走V。7年連続7回目の全国大会出場を決めた。

女子(5区間21.0975km)は、1区(6km)で岡本藍里(3年)が20分46秒で首位発進。2位と1分36秒の差をつけた。その後も2区(4.0975km)・渡邊歩花(2年)が13分57秒、3区(3km)・梅本温加(3年)が10分26秒、4区(3km)・芋生美咲(1年)が10分37秒、5区(5km)・嶌田咲希(3年)が17分23秒とすべて区間賞。2位に4分19秒リードする1時間13分09秒で制し、男子と同じく7年連続7回目の都大路出場権を手にした。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝の出場権を懸けた奈良県高校駅伝が10月29日、橿原市の県立橿原公苑陸上競技場外周コースで行われ、智辯カレッジが男女ともに7年連続7回目の優勝を飾った。 男子(7区間42.195km)は、1区(10km)を務めた柏木優希(3年)が後続と2分06秒の差をつける30分51秒のトップで中継。2区(3km)は福田海未(3年)が8分25秒でさらに差を広げると、3区(8.1075km)・和田拓真(2年)が24分49秒、4区(8.0875km)・南月人(2年)が25分11秒、5区(3km)・川嶋望叶(3年)が9分04秒、6区(5km)・土肥星太(2年)が15分32秒、7区(5km)・山本聖琉(2年)が15分29秒と、いずれも区間賞で走破した。1度もトップを譲らないまま、2位に5分05秒差をつける2時間9分21秒で独走V。7年連続7回目の全国大会出場を決めた。 女子(5区間21.0975km)は、1区(6km)で岡本藍里(3年)が20分46秒で首位発進。2位と1分36秒の差をつけた。その後も2区(4.0975km)・渡邊歩花(2年)が13分57秒、3区(3km)・梅本温加(3年)が10分26秒、4区(3km)・芋生美咲(1年)が10分37秒、5区(5km)・嶌田咲希(3年)が17分23秒とすべて区間賞。2位に4分19秒リードする1時間13分09秒で制し、男子と同じく7年連続7回目の都大路出場権を手にした。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top