HOME 高校・中学

2023.10.19

【高校生FOCUS】男子110mH・山中恭介(市船橋高)勝負強くなって高校日本一 U20東アジアは記録に挑戦
【高校生FOCUS】男子110mH・山中恭介(市船橋高)勝負強くなって高校日本一 U20東アジアは記録に挑戦

東アジアU20選手権に出場する山中選手(提供写真)

FOCUS! 高校生INTERVIEW
山中恭介  Yamanaka Kyosuke
市船橋高3千葉

活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子110mの山中恭介選手(市船橋高3千葉)が登場します。昨年は悔しいシーズンを送ったそうですが、今季は北海道インターハイやU20日本選手権を制覇。その後も、8月の日韓中ジュニア交流競技会(和歌山)に出場し、今月は初めて行われる第1回東アジアU20選手権(10月26日~27日/中国・揚州)にも参加します。大会へ向けた意気込みもうかがいました。

インターハイとU20日本選手権の2冠

――高校最後の今シーズンはどんな目標を立てて臨みましたか。
山中 インターハイの優勝です。市船橋に入った時に立てた目標で、それは3年間ずっと変わっていません。タイムは13秒台を出したいと思っていました。

――2年生のシーズン後の冬季はどんな点を強化しましたか。
山中 昨年のインターハイ路線は、県大会も南関東大会も10台目で引っかけて減速。インターハイに出ることができましたが、予選のラスト15mで転んでしまいました。勝負に強くなく、競った場面で自分の走りができませんでした。だから、冬季はそこを強化するために、走り込みなどでも競った中で自分の走りや動きができるように取り組みました。イチフナには周りに強い選手が多いので、良い練習ができました。

――6月のU20日本選手権(U20規格の99.1㎝)は13秒54(+0.1)で優勝しました。
山中 予選は追い風参考ながら13秒27(+2.9)だったので、正直、調子のピークがここに来てしまったという感じでした。そういう意味では、決勝はもっとタイムを出せても良かったかなと。勝つつもりでいたので、しっかり勝てたことは自信になりましたが、インターハイ路線とはハードルの高さが違うので、過信はしませんでした。

――その後、順調に北海道インターハイを迎えられましたか。
山中 実は、前日は全然調子が良くなく、あまり走れずに不安がありました。とにかく「予選をしっかり走れれば大丈夫」と自分に言い聞かせて、予選を1番大事なポイントに考えていました。

――予選(14秒25/+0.3)と準決勝(14秒12/+1.8)は、危なげなく通過したように見えました。
山中 予選でそのタイムを出して、もうこれは大丈夫だと思えて、準決勝も良い走りができました。

――決勝は14秒01(+0.8)と自己ベストを0.09秒更新して優勝しました。
山中 決勝前に不安はまったくなかったです。自分としては攻めて、攻めて、1位か8位。攻めた結果8位なら仕方ないし、楽しんだ者勝ちというか、この中で1番楽しんだ選手が勝ちだと思っていました。スタート前からずっと意識して笑顔を出して、勝つイメージができていました。

――技術的にはどこに自信がありますか。
山中 インターバルの刻みと、バネがあるので、あまり身長が高くなくても遠くから踏み切ってハードルを跳べる所だと思います。

――2冠を達成し、反響も大きかったのでは。
山中 たくさんの友達や仲間に祝福の言葉やメッセージをもらって、うれしかったです。なかでもその日の夜、中学(松戸六)時代の顧問だった高嶋美佳先生と電話で話して、「よくここまで強くなったね」と本当に喜んでくれたのがうれしかったです。

――昨年のインターハイは予選敗退でした。この1年でどこが成長したと感じますか。
山中 勝負強くなりました。インターハイ路線とU20日本選手権を全部取って、U20、南関東、インターハイと決勝でその時点の自己ベストを出せたのは成長できたと感じます。

――インターハイ後は、日韓中ジュニア交流競技会(U20規格)で13秒70(+0.5)と13秒48(-0.5)でいずれも2位でした。
山中 13秒48(高校歴代5位)は自己ベストでしたが、狙っていた高校最高記録(13秒31)には届きませんでした。

――収穫はありましたか。
山中 自分はこれまで中盤ぐらいから出ていって、後半は逃げ切るようなレース展開が多かったのですが、優勝した中国の選手はとにかく後半が強くて、自分のレースをさせてもらえませんでした。国外にはそういう選手がいるんだと実感できたことが収穫です。

――高校生活も残りわずかですが、試合の予定とそこでの目標は。
山中 東アジアU20選手権代表に選ばれたので、U20日本記録(13秒19/U20規格)の更新を目指しています。年明けは日本室内大阪大会(2024年2月3日~4日)に出場する予定です。

FOCUS! 高校生INTERVIEW 山中恭介  Yamanaka Kyosuke 市船橋高3千葉 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子110mの山中恭介選手(市船橋高3千葉)が登場します。昨年は悔しいシーズンを送ったそうですが、今季は北海道インターハイやU20日本選手権を制覇。その後も、8月の日韓中ジュニア交流競技会(和歌山)に出場し、今月は初めて行われる第1回東アジアU20選手権(10月26日~27日/中国・揚州)にも参加します。大会へ向けた意気込みもうかがいました。

インターハイとU20日本選手権の2冠

――高校最後の今シーズンはどんな目標を立てて臨みましたか。 山中 インターハイの優勝です。市船橋に入った時に立てた目標で、それは3年間ずっと変わっていません。タイムは13秒台を出したいと思っていました。 ――2年生のシーズン後の冬季はどんな点を強化しましたか。 山中 昨年のインターハイ路線は、県大会も南関東大会も10台目で引っかけて減速。インターハイに出ることができましたが、予選のラスト15mで転んでしまいました。勝負に強くなく、競った場面で自分の走りができませんでした。だから、冬季はそこを強化するために、走り込みなどでも競った中で自分の走りや動きができるように取り組みました。イチフナには周りに強い選手が多いので、良い練習ができました。 ――6月のU20日本選手権(U20規格の99.1㎝)は13秒54(+0.1)で優勝しました。 山中 予選は追い風参考ながら13秒27(+2.9)だったので、正直、調子のピークがここに来てしまったという感じでした。そういう意味では、決勝はもっとタイムを出せても良かったかなと。勝つつもりでいたので、しっかり勝てたことは自信になりましたが、インターハイ路線とはハードルの高さが違うので、過信はしませんでした。 ――その後、順調に北海道インターハイを迎えられましたか。 山中 実は、前日は全然調子が良くなく、あまり走れずに不安がありました。とにかく「予選をしっかり走れれば大丈夫」と自分に言い聞かせて、予選を1番大事なポイントに考えていました。 ――予選(14秒25/+0.3)と準決勝(14秒12/+1.8)は、危なげなく通過したように見えました。 山中 予選でそのタイムを出して、もうこれは大丈夫だと思えて、準決勝も良い走りができました。 ――決勝は14秒01(+0.8)と自己ベストを0.09秒更新して優勝しました。 山中 決勝前に不安はまったくなかったです。自分としては攻めて、攻めて、1位か8位。攻めた結果8位なら仕方ないし、楽しんだ者勝ちというか、この中で1番楽しんだ選手が勝ちだと思っていました。スタート前からずっと意識して笑顔を出して、勝つイメージができていました。 ――技術的にはどこに自信がありますか。 山中 インターバルの刻みと、バネがあるので、あまり身長が高くなくても遠くから踏み切ってハードルを跳べる所だと思います。 ――2冠を達成し、反響も大きかったのでは。 山中 たくさんの友達や仲間に祝福の言葉やメッセージをもらって、うれしかったです。なかでもその日の夜、中学(松戸六)時代の顧問だった高嶋美佳先生と電話で話して、「よくここまで強くなったね」と本当に喜んでくれたのがうれしかったです。 ――昨年のインターハイは予選敗退でした。この1年でどこが成長したと感じますか。 山中 勝負強くなりました。インターハイ路線とU20日本選手権を全部取って、U20、南関東、インターハイと決勝でその時点の自己ベストを出せたのは成長できたと感じます。 ――インターハイ後は、日韓中ジュニア交流競技会(U20規格)で13秒70(+0.5)と13秒48(-0.5)でいずれも2位でした。 山中 13秒48(高校歴代5位)は自己ベストでしたが、狙っていた高校最高記録(13秒31)には届きませんでした。 ――収穫はありましたか。 山中 自分はこれまで中盤ぐらいから出ていって、後半は逃げ切るようなレース展開が多かったのですが、優勝した中国の選手はとにかく後半が強くて、自分のレースをさせてもらえませんでした。国外にはそういう選手がいるんだと実感できたことが収穫です。 ――高校生活も残りわずかですが、試合の予定とそこでの目標は。 山中 東アジアU20選手権代表に選ばれたので、U20日本記録(13秒19/U20規格)の更新を目指しています。年明けは日本室内大阪大会(2024年2月3日~4日)に出場する予定です。

陸上は中学から、足は速くなかった

――陸上はいつから、どんなきっかけで始めましたか。 山中 2歳上の姉が陸上部にいたことと、中学で初めて仲良くなった友達が陸上部に入るというのが理由です。 ――小学校までのスポーツ歴はありますか。 山中 6年間、体操をやっていました。 ――中学では最初からハードルだったようですが、当時の目標は。 山中 姉がハードルだったこともあって始めました。実は、それほど足は速くなく、同級生の中でも全然速くないほうだったので、そういう人たちに勝てるようにハードルを始めたということもありました。 ――中学時代で特に思い出に残っていることは。 山中 3年生になる前後ぐらいからコロナ禍でさまざまな大会が中止になりましたが、休校期間は午前に部活の人たちと練習して、午後は姉と近所の運動公園で走り込んだりして、かなり練習を積みました。そうしたら脚がすごく速くなって、ハードルも伸びて、全国中学生大会に出ることができました。 ――市船橋高に進んだ経緯を教えてください。 山中 千葉の強豪校は“イチフナ”と成田ぐらいしか知らなくて、“イチフナ”の練習会に参加してから決めました。周りの人たちが速過ぎて、練習についていけるか少し不安でした。 ――どんな目標を掲げて高校生活をスタートしましたか。 山中 インターハイで優勝することが一番の目標で、あとは100mでできれば10秒台を出したいと思っていました。 ――市船橋の雰囲気や練習の内容はどうでしたか。 山中 強豪なので、入学前は先生が怖くて、先輩には圧をかけられたりするんじゃないかと想像していましたが、まったくそんなことはなくて、良い雰囲気で、自分がやりたい練習もできてとてもやりやすかったです。周りに強い人も多いから、いろいろと刺激にもなりました。 [caption id="attachment_117521" align="alignnone" width="800"] 8月のインターハイを制覇。予選敗退した昨年の悔しさを晴らした[/caption] ――普段の練習で意識していることは。 山中 試合や練習で出た課題を次の日の1本目から意識して改善することは心掛けています。課題をそのままにしておくと成長していかないので、次の日の1本目に修正するようにしています。 ――ハードル種目の魅力を教えてください。 山中 まず単純にカッコ良いと思います。それと、自分のように脚があまり速くなくてもバネがあれば戦えますし、可能性が感じられる所が魅力です。 ――あこがれや目標とする選手はいますか。 山中 村竹ラシッドさん(順大)です。(村竹選手の)中学時代の恩師が高嶋先生という関係で、ラシッドさんは何度か中学の練習に来てくれて、当時からハードリングを真似していました。今でもラシッドさんの大会結果を追いかけています。 ――勉強や交友関係など、学校生活は順調ですか。 山中 はい、めちゃくちゃ楽しいです。勉強は中学までは苦手でしたが、高校卒業後の進路を見据えて、“イチフナ”に入ってからはしっかり勉強するようになりました。 ――好きな教科、得意な教科は。 山中 それほど好きではないですけど、伸ばしたい教科は英語です。 ――オフの日や自由な時間はどんなふうに過ごしていますか。 山中 自分は温泉が好きで、温泉施設の「湯楽の里」によく行きます。シーズン中は疲労を溜めたくないので、そういう所に行って遊びつつ、疲労を回復しています。 ――競技者としての今後の目標を教えてください。 山中 来年からは大学で競技を続けますが、まず来年はU20世界選手権3位を目標にしています。将来的には泉谷駿介さん(住友電工)やラシッドさんのようにオリンピックに出場したいです。 構成/小野哲史

山中恭介 PROFILE

◎やまなか・きょうすけ/2005年10月3日生まれ。千葉県出身。松戸六-市船橋高(千葉)。中学から陸上を始めるとともにハードルに取り組む。110mハードル(中学用)では1年時18秒13だったのが、2年時には16秒32、3年時には14秒74をマーク。コロナ禍で中止となった全中の代替大会として行われた全国中学生大会に出場している。高校では1年時こそ全国経験がなかったが、2年時にインターハイ出場。日本室内大阪大会U20・60mハードルでは5位に入った。シーズンイン後はさらに成長を遂げ、インターハイとU20日本選手権を制覇。第1回東アジアU20選手権に出場を予定している。主な自己ベストは100m11秒17(23年)、110mH(一般用/106.7cm)14秒01(23年)、110mH(U20規格/99.1cm)13秒48(23年) [caption id="attachment_117522" align="alignnone" width="800"] インターハイで頂点に立ち、さらなる飛躍を期す[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top