HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.14

立教大 創立150周年の節目に本戦へ 監督解任にも「やるしかない」で2年連続突破/箱根駅伝予選会
立教大 創立150周年の節目に本戦へ 監督解任にも「やるしかない」で2年連続突破/箱根駅伝予選会

箱根駅伝予選会で6位通過となり、2年連続29回目の出場を決めた立教大

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

立教大が6位通過を果たし、2年連続29回目の本戦出場を果たした。

選手たちは予選通過の発表を聞くと、一礼。応援に来ていた関係者から祝福の声が飛ぶ。選手の横で代理監督を務めた原田昭夫総監督は涙を流していた。

前回同様、序盤から上位でレースを展開。10kmの通過ではトップに立った。その後、15kmで2位、17.4kmで3位と徐々に順位を下げていったものの、大学創立150周年の節目に行われる箱根路の切符をつかんだ。

大会3日前、上野裕一郎駅伝監督が不適切行為を行ったとして監督解任。前回、55年ぶりの本戦に導いた指揮官が不在になった。チームトップの個人14位(1時間2分15秒)と関口絢太は「いろいろありましたが、やるしかないと思っていました」と振り返る。

チームは崩れなかった。「前回の箱根では良くなかったけど、今回は本番で良い結果を出して終われるように4年生中心にやってきた」と関口。その思いはチームに伝わり、関口に続き。馬場賢人(2年)が2番手の31位、中山凜斗(4年)は3番手の36位と、ここまで1時間2分台でまとめた。

原田総監督は「関係者や選手を送っていただいた高校の方から応援していただいた。直前でこのような状況になったが、学生たちが自分たちでしっかりやってくれたと思います」と涙ながらに振り返った。

大学節目の年につかんだ前回に続く大舞台。原田総監督は「シード権を狙うという目標へ取り組んでいきたい」、関口は「残り3ヵ月足らず。良い結果を出せるようにしっかりやっていきたいです」とそれぞれ意気込んだ。

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 立教大が6位通過を果たし、2年連続29回目の本戦出場を果たした。 選手たちは予選通過の発表を聞くと、一礼。応援に来ていた関係者から祝福の声が飛ぶ。選手の横で代理監督を務めた原田昭夫総監督は涙を流していた。 前回同様、序盤から上位でレースを展開。10kmの通過ではトップに立った。その後、15kmで2位、17.4kmで3位と徐々に順位を下げていったものの、大学創立150周年の節目に行われる箱根路の切符をつかんだ。 大会3日前、上野裕一郎駅伝監督が不適切行為を行ったとして監督解任。前回、55年ぶりの本戦に導いた指揮官が不在になった。チームトップの個人14位(1時間2分15秒)と関口絢太は「いろいろありましたが、やるしかないと思っていました」と振り返る。 チームは崩れなかった。「前回の箱根では良くなかったけど、今回は本番で良い結果を出して終われるように4年生中心にやってきた」と関口。その思いはチームに伝わり、関口に続き。馬場賢人(2年)が2番手の31位、中山凜斗(4年)は3番手の36位と、ここまで1時間2分台でまとめた。 原田総監督は「関係者や選手を送っていただいた高校の方から応援していただいた。直前でこのような状況になったが、学生たちが自分たちでしっかりやってくれたと思います」と涙ながらに振り返った。 大学節目の年につかんだ前回に続く大舞台。原田総監督は「シード権を狙うという目標へ取り組んでいきたい」、関口は「残り3ヵ月足らず。良い結果を出せるようにしっかりやっていきたいです」とそれぞれ意気込んだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top