HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.14

日本人トップの東農大・前田和摩が1時間1分42秒!「ラストで出し切ろう」三浦龍司のU20日本最高にあと1秒/箱根駅伝予選会
日本人トップの東農大・前田和摩が1時間1分42秒!「ラストで出し切ろう」三浦龍司のU20日本最高にあと1秒/箱根駅伝予選会

1時間1分42秒で日本人トップフィニッシュとなった東農大・前田和摩

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

来年正月の第100回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。

圧巻の走りを見せたのが東農大のスーパールーキー・前田和摩だ。

15kmまでは日本人第2集団で待機。「どんなに余裕があっても、15kmまでは我慢する」と決めていた。そして、「ラストで出し切って終わることを想定していた」という言葉通り、44分06秒で15kmを通過した直後、弾けるように飛び出した。

この時点で、ただ1人留学生たちに割って入って日本人トップを力走する中央学大・吉田礼志(3年)との差は40秒以上ある。だが、グングンとその差を詰めていく。

「今の4年生は監督が代わって最初の代。4年間苦労されてきた。今の4年生に箱根を走ってほしい、このチームで箱根に行きたい、このチームで本選で勝負したいと思っていた」
チームへの思いをこめた激走で、20km付近で一気に逆転。そのままフィニッシュに飛び込んだ。タイムは1時間1分42秒。3年前のこの大会で、順大のスーパールーキーとして臨んだ三浦龍司が出したU20日本最高記録にあと1秒と迫る快走だった。

兵庫の名門・報徳学園高出身。高2の兵庫県高校駅伝1区を28分59秒で走破してにわかに注目を集めると、高3ではインターハイ5000mで日本人トップの4位を占めた。

東農大に進んでからは、さらにスケールアップ。6月の全日本大学駅伝関東学連選考会の最終組でU20日本歴代2位の28分03秒51をマークし、チームの14年ぶり全日本出場を貢献した。

そして、今大会でも10年ぶり箱根路復活を牽引。「チーム一丸となって戦いたい」と力強く語った。

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 来年正月の第100回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。 圧巻の走りを見せたのが東農大のスーパールーキー・前田和摩だ。 15kmまでは日本人第2集団で待機。「どんなに余裕があっても、15kmまでは我慢する」と決めていた。そして、「ラストで出し切って終わることを想定していた」という言葉通り、44分06秒で15kmを通過した直後、弾けるように飛び出した。 この時点で、ただ1人留学生たちに割って入って日本人トップを力走する中央学大・吉田礼志(3年)との差は40秒以上ある。だが、グングンとその差を詰めていく。 「今の4年生は監督が代わって最初の代。4年間苦労されてきた。今の4年生に箱根を走ってほしい、このチームで箱根に行きたい、このチームで本選で勝負したいと思っていた」 チームへの思いをこめた激走で、20km付近で一気に逆転。そのままフィニッシュに飛び込んだ。タイムは1時間1分42秒。3年前のこの大会で、順大のスーパールーキーとして臨んだ三浦龍司が出したU20日本最高記録にあと1秒と迫る快走だった。 兵庫の名門・報徳学園高出身。高2の兵庫県高校駅伝1区を28分59秒で走破してにわかに注目を集めると、高3ではインターハイ5000mで日本人トップの4位を占めた。 東農大に進んでからは、さらにスケールアップ。6月の全日本大学駅伝関東学連選考会の最終組でU20日本歴代2位の28分03秒51をマークし、チームの14年ぶり全日本出場を貢献した。 そして、今大会でも10年ぶり箱根路復活を牽引。「チーム一丸となって戦いたい」と力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top