HOME 高校・中学

2023.10.12

3年越しの鹿児島特別国体!少年には黒木海翔、山形愛羽、林美希が参戦 男子100mで中学新、女子三段跳で高校新に期待
3年越しの鹿児島特別国体!少年には黒木海翔、山形愛羽、林美希が参戦 男子100mで中学新、女子三段跳で高校新に期待

左から山形愛羽、黒木海翔、林美希、片山瑛太

「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日、鹿児島県立鴨池陸上競技場(白波スタジアム)で開かれる。3年越しに行われる特別国体に出場する日本国内トップアスリート(少年)をピックアップしていく。

少年は少年A(高2~3世代)、少年B(中3~高1)、少年共通(中3~高3)の区分で競技を行う。

広告の下にコンテンツが続きます

少年男子Aから紹介する。100mにはインターハイ覇者で10秒28の自己記録を持つ黒木海翔(福岡・東福岡高3)が中心となるだろう。また、8月下旬に10秒31をマークした平澤櫂(広島・広島皆実高3)らがどこまで迫るか。300mには、昨年32秒85の高校最高をマークした平川慧(沖縄・コザ高3)がエントリー。今季はインターハイ400mで優勝している。記録の更新にも注目だ。

5000mはインターハイ日本人トップで、先月には高校歴代2位の13分28秒78をマークした折田壮太(兵庫・須磨学園高3)を軸に展開されそう。3000m障害高校記録(8分32秒12)保持者の永原颯磨(長野・佐久長聖高3)も参戦する。300mハードルでは、9月下旬に高校最高・U20日本最高の35秒46をマークした志村武(東京・日本工大駒場高3)や、前高校最高記録保持者・渕上翔太(福岡・東福岡高3)、インターハイ400mハードル優勝の下田隼人(愛知・豊川高3)の争いか。

棒高跳はインターハイVの原口顕次朗(群馬・前橋育英高3)と、5m25を跳んでいる村社亮太(千葉・日体大柏高)に注目。走幅跳は混戦になりそうで、インターハイVの殿岡稟太郎(山形・米沢中央高3)や2位の元木涼介(京都・洛南高3)らが激突する。

ハンマー投は高校歴代10位の66m74をインターハイで放った浅利磨海(茨城・守谷高3)に、65m11の記録を持つアツオビン・アンドリュウ(京都・花園高2)が挑む構図か。やり投はインターハイVの渡邉宙(滋賀・草津東高3)を軸に展開されるだろう。

広告の下にコンテンツが続きます

続いて少年女子A。100mはインターハイで200mとの2冠に輝いた山形愛羽(熊本・熊本中央高3)に注目。故障の影響でインターハイ準決勝敗退だった小針陽葉(静岡・富士市立高2)の復調次第で、優勝争いは激戦となるかもしれない。

300mは混戦になりそう。インターハイ400m優勝の宮地利璃香(千葉・市船橋高3)や、200mで高校歴代7位の23秒67(22年)を持つ税田ジェニファー璃美(東京・城西高3)、100mV候補の山形も参戦する。

800mは9月末に高校歴代4位の2分04秒15をマークした西田有里(滋賀・草津東高3)が軸になる。3000mは留学生同士の優勝争い。開催地から出場するジェプチルチル・ブレンダ(鹿児島・神村学園高2)の優勝もあり得るか。

100mハードルは、前回覇者の林美希(愛知・中京大中京高3)がインターハイに続く2連覇に挑戦。300mハードルは10月1日に400mハードルで高校新記録(56秒90)を打ち立てた瀧野未来(京都・京都橘高3)に注目。前回42秒03の大会新で制しているが、2連覇なるか。

広告の下にコンテンツが続きます

砲丸投はインターハイ2年生Vの坂ちはる(大阪・大体大浪商高)が夏に続く全国2連勝なるか。やり投は昨年高校歴代4位の57m17をマークした櫻井希美(岐阜・済美高3)が復調すれば、記録面でも目が離せない。

「燃ゆる感動かごしま国体」の陸上競技が10月13日から17日、鹿児島県立鴨池陸上競技場(白波スタジアム)で開かれる。3年越しに行われる特別国体に出場する日本国内トップアスリート(少年)をピックアップしていく。 少年は少年A(高2~3世代)、少年B(中3~高1)、少年共通(中3~高3)の区分で競技を行う。 少年男子Aから紹介する。100mにはインターハイ覇者で10秒28の自己記録を持つ黒木海翔(福岡・東福岡高3)が中心となるだろう。また、8月下旬に10秒31をマークした平澤櫂(広島・広島皆実高3)らがどこまで迫るか。300mには、昨年32秒85の高校最高をマークした平川慧(沖縄・コザ高3)がエントリー。今季はインターハイ400mで優勝している。記録の更新にも注目だ。 5000mはインターハイ日本人トップで、先月には高校歴代2位の13分28秒78をマークした折田壮太(兵庫・須磨学園高3)を軸に展開されそう。3000m障害高校記録(8分32秒12)保持者の永原颯磨(長野・佐久長聖高3)も参戦する。300mハードルでは、9月下旬に高校最高・U20日本最高の35秒46をマークした志村武(東京・日本工大駒場高3)や、前高校最高記録保持者・渕上翔太(福岡・東福岡高3)、インターハイ400mハードル優勝の下田隼人(愛知・豊川高3)の争いか。 棒高跳はインターハイVの原口顕次朗(群馬・前橋育英高3)と、5m25を跳んでいる村社亮太(千葉・日体大柏高)に注目。走幅跳は混戦になりそうで、インターハイVの殿岡稟太郎(山形・米沢中央高3)や2位の元木涼介(京都・洛南高3)らが激突する。 ハンマー投は高校歴代10位の66m74をインターハイで放った浅利磨海(茨城・守谷高3)に、65m11の記録を持つアツオビン・アンドリュウ(京都・花園高2)が挑む構図か。やり投はインターハイVの渡邉宙(滋賀・草津東高3)を軸に展開されるだろう。 続いて少年女子A。100mはインターハイで200mとの2冠に輝いた山形愛羽(熊本・熊本中央高3)に注目。故障の影響でインターハイ準決勝敗退だった小針陽葉(静岡・富士市立高2)の復調次第で、優勝争いは激戦となるかもしれない。 300mは混戦になりそう。インターハイ400m優勝の宮地利璃香(千葉・市船橋高3)や、200mで高校歴代7位の23秒67(22年)を持つ税田ジェニファー璃美(東京・城西高3)、100mV候補の山形も参戦する。 800mは9月末に高校歴代4位の2分04秒15をマークした西田有里(滋賀・草津東高3)が軸になる。3000mは留学生同士の優勝争い。開催地から出場するジェプチルチル・ブレンダ(鹿児島・神村学園高2)の優勝もあり得るか。 100mハードルは、前回覇者の林美希(愛知・中京大中京高3)がインターハイに続く2連覇に挑戦。300mハードルは10月1日に400mハードルで高校新記録(56秒90)を打ち立てた瀧野未来(京都・京都橘高3)に注目。前回42秒03の大会新で制しているが、2連覇なるか。 砲丸投はインターハイ2年生Vの坂ちはる(大阪・大体大浪商高)が夏に続く全国2連勝なるか。やり投は昨年高校歴代4位の57m17をマークした櫻井希美(岐阜・済美高3)が復調すれば、記録面でも目が離せない。

少年Bは全中覇者、少年共通はインターハイ優勝者が参戦

ここからは少年男子Bを取り上げる。100mは8月に中学タイ記録の10秒56をマークした片山瑛太(千葉・鎌ケ谷二中3)と10秒59の記録を持つ石田正龍(北海道・旭川志峯高1)の対決か。中学記録更新の可能性もある。3000mは昨年中学記録(8分11秒12)をマークした増子陽太(福島・学法石川高1)ら高1世代の争いとなりそう。 U20規格(高さ99.1cm)で行われる110mハードルは昨年の全中を優勝した岩本咲真(福岡・東福岡高1)が中心となりそう。また、今年の全中で、岩本の持つ中学記録(中学規格91.4cm/13秒51)を更新する13秒50で制した髙城昊紀(宮崎・宮崎西高附中3)がどんなレースを見せるか。この種目の中学最高記録は昨年岩本が出した13秒98だ。走幅跳は大森恵偉音(福岡・福岡一高1)が今季7m24をマーク。円盤投(1.5kg)は中3の星川俊輔(山形・新庄中)が中学歴代6位の48m04を放っている。 続いて少年女子B。100mはインターハイ3位に入った山崎心愛(北海道・旭川志峯高1)や11秒80の記録を持つ松本真奈(広島・広島皆実高1)に注目だ。 100mハードル(U18規格/高さ76.2cm、ハードル間8.5m)は、7月に13秒61と中学最高記録(13秒58)にあと0.03秒に迫った楠田ゆうな(鹿児島・阿久根中3)に、地元優勝の可能性がある。円盤投は出場選手でただ1人40m以上を投げている東かれん(福岡・八女学院高1)が優勝に近い位置にいる。 少年共通種目は男女それぞれ3種目ずつ。男子では800mに今季高校歴代3位、高2歴代2位の1分47秒92を出している落合晃(滋賀・滋賀学園高2)、5000m競歩は20分06秒58のベストを持つ逢坂草太朗(兵庫・川西緑台高2)、走高跳は2m17の記録を持つ福士湊(東京・明星学園高3)がそれぞれ出場する。いずれもインターハイに続く優勝に挑む。記録にも注目だ。 女子の3種目はいずれも跳躍。走高跳は今年のインターハイを制した髙橋美月(埼玉・埼玉栄高2)、昨年優勝した森﨑優希(東京・明星学園高3)に加え、今夏の全中覇者鴨田るな(神奈川・相模原旭中3)が出場。走幅跳はインターハイVの恒石望乃(高知・高知高3)が軸となる。三段跳は、インターハイで高校歴代7位の12m85をマークした田口侑楽(埼玉・国際学院高3)があと11cmと迫る高校記録(12m96)更新に挑む。高校女子初の13m到達もあるかもしれない。 都道府県の代表として戦う熱い5日間。鹿児島特別国体は10月13日に開幕する。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top