HOME プレゼント

2023.10.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2023秋冬限定デザインウェア」/2023年11月号
【プレゼント】クレーマージャパンの 「2023秋冬限定デザインウェア」/2023年11月号

「2023秋冬限定デザインウェア」のウォームアップパーカー(中綿仕様)

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な秋冬シーズンに向けて「2023秋冬限定デザインウェア」のウォームアップパーカー(中綿仕様)、サーキュレーションスーツ、プルオーバーサーキュレーションの受注生産をスタートした。

ウォームアップパーカーの生地は、フルダルエステル®(ポリエステル100%)を採用。高密度の組織で、張りがあり強度が高く、耐久性と防風性に優れて、風合いもソフトな素材となっている。また、耐水性も備えており、急な雨にも対応できる。

広告の下にコンテンツが続きます

サーキュレーションは、他のスポーツウェアに類を見ない発汗作用がある。外部との通気性を遮断し、ウェア内に熱を蓄えることによって短時間で体温が上昇。これにより循環器系が活性化し、驚異の発汗を促進する。また、傷害などで練習にフルに参加できない時のウエイトコントロールにも威力を発揮し、短時間で効果的なウォームアップを行える。

さらに寒さの中でもモチベーションを高めてくれるデザインも特長のひとつ。鮮やかなグラデーションのカモグラデや、シャープな印象のラインなど、多数のデザインが用意されている。まさに「スポーツ医科学」と「デザイン性」を兼ね備えた、アスリートのためにこだわり尽くす同社ならではの製品だ。

ウォームアップパーカーのホワイト(左)とネイビー


ウォームアップパーカー(税込13,000円〜)は4つのデザインが各2色、サーキュレーションスーツ(税込12,500円〜)、プルオーバーサーキュレーション(税込11,500円〜)はそれぞれ2つのデザインが各1色。男女共通S・M・L・2L・3L・4L・5L・6Lのサイズ展開となっている(プルオーバーサーキュレーションは異なる)。詳しくは下記特設WEBサイトを参照。

今回、同社のご厚意により、「ウォームアップパーカー」を2名にプレゼントする。デザインはそれぞれカモグラデでホワイト(M1)、ネイビー(L1)。
締め切りは10月31日(火)で、当選者は月刊陸上競技12月号誌上で発表します。
商品詳細:「2023秋冬限定デザインウェア」
プレゼント応募ページ

広告の下にコンテンツが続きます
クレーマージャパンは、これから迎える本格的な秋冬シーズンに向けて「2023秋冬限定デザインウェア」のウォームアップパーカー(中綿仕様)、サーキュレーションスーツ、プルオーバーサーキュレーションの受注生産をスタートした。 ウォームアップパーカーの生地は、フルダルエステル®(ポリエステル100%)を採用。高密度の組織で、張りがあり強度が高く、耐久性と防風性に優れて、風合いもソフトな素材となっている。また、耐水性も備えており、急な雨にも対応できる。 サーキュレーションは、他のスポーツウェアに類を見ない発汗作用がある。外部との通気性を遮断し、ウェア内に熱を蓄えることによって短時間で体温が上昇。これにより循環器系が活性化し、驚異の発汗を促進する。また、傷害などで練習にフルに参加できない時のウエイトコントロールにも威力を発揮し、短時間で効果的なウォームアップを行える。 さらに寒さの中でもモチベーションを高めてくれるデザインも特長のひとつ。鮮やかなグラデーションのカモグラデや、シャープな印象のラインなど、多数のデザインが用意されている。まさに「スポーツ医科学」と「デザイン性」を兼ね備えた、アスリートのためにこだわり尽くす同社ならではの製品だ。 [caption id="attachment_116725" align="alignnone" width="800"] ウォームアップパーカーのホワイト(左)とネイビー[/caption] ウォームアップパーカー(税込13,000円〜)は4つのデザインが各2色、サーキュレーションスーツ(税込12,500円〜)、プルオーバーサーキュレーション(税込11,500円〜)はそれぞれ2つのデザインが各1色。男女共通S・M・L・2L・3L・4L・5L・6Lのサイズ展開となっている(プルオーバーサーキュレーションは異なる)。詳しくは下記特設WEBサイトを参照。 今回、同社のご厚意により、「ウォームアップパーカー」を2名にプレゼントする。デザインはそれぞれカモグラデでホワイト(M1)、ネイビー(L1)。 締め切りは10月31日(火)で、当選者は月刊陸上競技12月号誌上で発表します。 商品詳細:「2023秋冬限定デザインウェア」 プレゼント応募ページ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top