HOME 駅伝

2023.10.09

駒大 圧巻の独走で大会新V2!初の2年連続3冠へ好発進「選手が伸び伸びやってくれた」藤田敦史監督の初陣飾る/出雲駅伝
駒大 圧巻の独走で大会新V2!初の2年連続3冠へ好発進「選手が伸び伸びやってくれた」藤田敦史監督の初陣飾る/出雲駅伝

23年出雲駅伝2連覇を大会新で飾った駒大のアンカー・鈴木芽吹

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ)

第35回出雲駅伝が行われ、駒大が2時間7分51秒の大会新で2年連続5度目の優勝を果たした。駒大の出雲連覇は1997、98年の第9、10回大会以来2度目。全日本大学駅伝、箱根駅伝を合わせた三大駅伝で通算28回目のタイトルとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年度の3冠王者が、2年連続3冠へ圧巻のタスキリレーを繰り広げた。1区の篠原倖太朗(3年)が区間賞を獲得。「予想していた展開で落ち着いてレースを進められました」と言うように、IVYリーグの後方でしっかり待機、ラストで抜け出した。

中国・杭州のアジア大会5000mに出場したばかりの佐藤圭汰(2年)が2区で力走。2年連続区間賞を獲得も「去年より50秒近く遅くなってしまった。実力を発揮できず悔しい」と言う。それでも、ライバル校との差をつけて3区へ。

藤田敦史監督が「初出走の3、4区でしのぐのがポイント」と話していたが、その山川拓馬と伊藤蒼唯の2年生コンビも安定した走りを見せる。山川は区間日本人トップ(区間3位)。地元・島根出身の伊藤も淡々と脚を前へと運ぶ。

さらに当日変更で赤星雄斗(4年)から替わった5区の安原太陽(4年)が区間2位。最後は2年連続でアンカーの鈴木芽吹(4年)が区間賞の走りで締めくくり、フィニッシュテープを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

駒大は昨年度で長くチームを率いた大八木弘明監督が勇退して総監督に就任。コーチから昇格した藤田敦史新監督は、指揮官としての初陣を飾った。

「うれしい、私の初優勝になった。おそらく私が一番緊張していたと思う。でも、選手たちが伸び伸びやってくれたので感謝しかない」と藤田監督。アンカーを務めた主将の鈴木は「勝ちにきたので、良かった。2年連続3冠という目標はあるけど、去年のチームを超えるのが一つのテーマ。それができた」と胸を張った

前回作ったばかりの大会記録を41秒更新して5度目の出雲制覇を果たし、これで史上初となる2年連続3冠への資格を得た駒大。令和の常勝軍団への道をまた一歩進めた。

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ) 第35回出雲駅伝が行われ、駒大が2時間7分51秒の大会新で2年連続5度目の優勝を果たした。駒大の出雲連覇は1997、98年の第9、10回大会以来2度目。全日本大学駅伝、箱根駅伝を合わせた三大駅伝で通算28回目のタイトルとなった。 昨年度の3冠王者が、2年連続3冠へ圧巻のタスキリレーを繰り広げた。1区の篠原倖太朗(3年)が区間賞を獲得。「予想していた展開で落ち着いてレースを進められました」と言うように、IVYリーグの後方でしっかり待機、ラストで抜け出した。 中国・杭州のアジア大会5000mに出場したばかりの佐藤圭汰(2年)が2区で力走。2年連続区間賞を獲得も「去年より50秒近く遅くなってしまった。実力を発揮できず悔しい」と言う。それでも、ライバル校との差をつけて3区へ。 藤田敦史監督が「初出走の3、4区でしのぐのがポイント」と話していたが、その山川拓馬と伊藤蒼唯の2年生コンビも安定した走りを見せる。山川は区間日本人トップ(区間3位)。地元・島根出身の伊藤も淡々と脚を前へと運ぶ。 さらに当日変更で赤星雄斗(4年)から替わった5区の安原太陽(4年)が区間2位。最後は2年連続でアンカーの鈴木芽吹(4年)が区間賞の走りで締めくくり、フィニッシュテープを切った。 駒大は昨年度で長くチームを率いた大八木弘明監督が勇退して総監督に就任。コーチから昇格した藤田敦史新監督は、指揮官としての初陣を飾った。 「うれしい、私の初優勝になった。おそらく私が一番緊張していたと思う。でも、選手たちが伸び伸びやってくれたので感謝しかない」と藤田監督。アンカーを務めた主将の鈴木は「勝ちにきたので、良かった。2年連続3冠という目標はあるけど、去年のチームを超えるのが一つのテーマ。それができた」と胸を張った 前回作ったばかりの大会記録を41秒更新して5度目の出雲制覇を果たし、これで史上初となる2年連続3冠への資格を得た駒大。令和の常勝軍団への道をまた一歩進めた。

駒大の出雲駅伝Vメンバーと成績をチェック!

総合 1位 2時間7分51秒=大会新 1区 篠原倖太朗(3年) 22分45秒(区間1位) 2区 佐藤圭汰(2年)  16分08秒(区間1位タイ) 3区 山川拓馬(2年)  24分20秒(区間3位) 4区 伊藤蒼唯(2年)  17分47秒(区間3位タイ) 5区 安原太陽(4年)  17分51秒(区間2位) 6区 鈴木芽吹(4年)  29分00秒(区間1位) 補員 赤星雄斗(4年) 補員 安原海晴(1年)

【動画】駒大が1区からの独走!最後は主将鈴木芽吹が笑顔でフィニッシュ

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top