HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子5000m決勝で田中希実8位!14分58秒99で日本勢26年ぶり入賞を果たす/世界陸上
女子5000m決勝で田中希実8位!14分58秒99で日本勢26年ぶり入賞を果たす/世界陸上

ブダペスト世界陸上女子5000mで入賞を果たした田中希実

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目

ブダペスト世界陸上8日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m決勝に出場した田中希実(New Balance)は14分58秒99で8位に入賞を果たした。

23日の予選で従来の日本記録を15秒近く更新する14分37秒98をマークした田中。2019年ドーハ、22年オレゴンに続く3大会連続の決勝もアフリカ勢をはじめ、海外の強豪に食らいついた。

最初の1周が65秒と速かったものの、その後はペースが落ち着き1000mは2分55秒。その後もペースが上がらず2000m6分04秒、3000m9分16秒とスローな展開となり、田中を含め、決勝を走る16人が集団となった。

3500mあたりからペースが上がり、4000m通過は12分14秒。その間に田中は集団の後方から中ほどまでポジションを上げた。

ラスト1周に入ってから優勝争いから離れたものの、しっかり粘って1997年アテネ大会で8位に入った弘山晴美(資生堂)以来となる入賞を達成。7月上旬の世界陸連コンチネンタルツアー(14分53秒60)、今大会の予選に続き、3大会連続の14分台をマークした。

今大会の田中は1500mこそ準決勝敗退と決勝には届かなかったが、5000mでは世界一を決める舞台で強烈な存在感を見せた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目 ブダペスト世界陸上8日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m決勝に出場した田中希実(New Balance)は14分58秒99で8位に入賞を果たした。 23日の予選で従来の日本記録を15秒近く更新する14分37秒98をマークした田中。2019年ドーハ、22年オレゴンに続く3大会連続の決勝もアフリカ勢をはじめ、海外の強豪に食らいついた。 最初の1周が65秒と速かったものの、その後はペースが落ち着き1000mは2分55秒。その後もペースが上がらず2000m6分04秒、3000m9分16秒とスローな展開となり、田中を含め、決勝を走る16人が集団となった。 3500mあたりからペースが上がり、4000m通過は12分14秒。その間に田中は集団の後方から中ほどまでポジションを上げた。 ラスト1周に入ってから優勝争いから離れたものの、しっかり粘って1997年アテネ大会で8位に入った弘山晴美(資生堂)以来となる入賞を達成。7月上旬の世界陸連コンチネンタルツアー(14分53秒60)、今大会の予選に続き、3大会連続の14分台をマークした。 今大会の田中は1500mこそ準決勝敗退と決勝には届かなかったが、5000mでは世界一を決める舞台で強烈な存在感を見せた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top