HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子4×100mR・日本が2大会ぶり決勝進出!パフォーマンス歴代4位の37秒71で3着通過/世界陸上
男子4×100mR・日本が2大会ぶり決勝進出!パフォーマンス歴代4位の37秒71で3着通過/世界陸上

男子4×100mRでパフォーマンス日本歴代4位の37秒71をマークした日本。アンカーはサニブラウンが務めた

【動画】米国、ジャマイカと接戦!男子4×100mR予選をチェック!

男子4×100mR日本歴代5傑をチェック

37.43 世界選手権代表(ドーハ)   2019.10. 5
(多田,白石,桐生,サニブラウン)
37.60 五輪代表(リオデジャネイロ) 2016. 8.19
(山縣,飯塚,桐生,ケンブリッジ)
37.68 五輪代表(リオデジャネイロ) 2016. 8.18
(山縣,飯塚,桐生,ケンブリッジ)
37.71 世界選手権代表(ブダペスト) 2023. 8.26
(坂井,栁田,小池,サニブラウン)
37.78 日本選抜(DLロンドン)   2019. 7.21
(多田,小池,桐生,白石)

世界選手権での男子4×100mリレー入賞歴

95年シュツットガルト 5位
01年エドモントン   4位
03年パリ       6位
05年ヘルシンキ    8位
07年大阪       5位
09年ベルリン     4位
13年モスクワ     6位
17年ロンドン     3位
19年ドーハ      3位

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)7日目 ブダペスト世界陸上7日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子4×100mリレーの予選1組に出場した日本は37秒71の3着となり、決勝進出を果たした。 1走から坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)、そしてアンカーに100m6位のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)というオーダーで挑んだ日本。同組には米国やジャマイカなど強豪国が揃う厳しい予選だったが、両国と僅差の3着で2大会ぶりのファイナルを決めた。 日本は16年のリオ五輪で銀メダル。17年、19年の世界選手権でも銅メダルを獲得した。しかし、21年東京五輪ではバトンがつながらず途中棄権。昨年のオレゴン大会でもバトンミスで失格と世界大会での予選敗退が続いていた。 今大会に向けては7月まで出場権を獲得できていなかったが、7月23日のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会で37秒80の今季世界最高タイをマーク。記録上位国として出場を決めていた。 決勝は日本時間の27日午前4時40分から行われる。

【動画】米国、ジャマイカと接戦!男子4×100mR予選をチェック!

男子4×100mR日本歴代5傑をチェック

37.43 世界選手権代表(ドーハ)   2019.10. 5 (多田,白石,桐生,サニブラウン) 37.60 五輪代表(リオデジャネイロ) 2016. 8.19 (山縣,飯塚,桐生,ケンブリッジ) 37.68 五輪代表(リオデジャネイロ) 2016. 8.18 (山縣,飯塚,桐生,ケンブリッジ) 37.71 世界選手権代表(ブダペスト) 2023. 8.26 (坂井,栁田,小池,サニブラウン) 37.78 日本選抜(DLロンドン)   2019. 7.21 (多田,小池,桐生,白石)

世界選手権での男子4×100mリレー入賞歴

95年シュツットガルト 5位 01年エドモントン   4位 03年パリ       6位 05年ヘルシンキ    8位 07年大阪       5位 09年ベルリン     4位 13年モスクワ     6位 17年ロンドン     3位 19年ドーハ      3位

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

NEWS 東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団は7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である男 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top