HOME 国内、世界陸上、日本代表
3000m障害・三浦龍司「上位入賞、表彰台を目指す」DL2位の実績引っさげ再びファイナルで勝負/ブダペスト世界陸上
3000m障害・三浦龍司「上位入賞、表彰台を目指す」DL2位の実績引っさげ再びファイナルで勝負/ブダペスト世界陸上

今季はダイヤモンドリーグで手応えをつかんでいる三浦龍司。予選落ちとなった前回のリベンジを誓う

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。

三浦龍司(順大)の世界デビューは衝撃だった。21年東京五輪では7位入賞。しかし、昨年のオレゴン世界選手権では「最低、決勝進出」を掲げながらも予選敗退に終わる。前に出るか出ないか。その一瞬のためらいが結果に表れ、「なんで、あそこ(ラスト2周)で行けなかったんだろう」という悔しさは今も残っている。

広告の下にコンテンツが続きます

今年は春から「動きが悪かった」と、フラットレースで持ち味のバネを生かした走りができないレースが続いた。しかし、セイコーゴールデングランプリ、日本選手権と徐々に状態を上げると、ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会では世界新が誕生したレースで2位を確保。自身の日本記録も0.01秒更新する8分09秒91をマークした。

「日本記録はレースが終わるまで知りませんでした。順位が評価できると思います」。内容についても「ハイペースでも冷静に対応できて、2000mまでもいつもの感覚と違って粘れている。良いなと思っていました」と振り返る。順大の長門俊介駅伝監督が「世界トップ」と評する水濠や障害を越えるたびに前との差を詰めていく。

「まだまだ経験不足ですが、勝負についていけそうな感覚やビジョンは見えました」

7月12日のホクレンディスタンスチャレンジ5000m(13分31秒31)を経て、2週間ほど長野・湯の丸高原で高地合宿を実施。8月11日の順大競技会3000m障害で2000mまで走り5分29秒。合宿の成果も「平地に戻ってきて動きにもあると思います」と手応えがあった。すでにブダペスト入りして調整に入っている。

広告の下にコンテンツが続きます

世界記録(7分52秒11)保持者のラメチャ・ギルマ(エチオピア)と世界王者のソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)という7分台が2人、その他の面々も強力なライバルたちがいるが、「楽しみです。そこに食らいつきたいです。海外選手は最後までめちゃくちゃ身体を動かしますが、競り合っていると集中が切れる瞬間というのがあるんです。そういうふうに持っていける力をつけたい」。

持ち記録だけで言えば、この2年の成長幅は0.01秒かもしれない。ただ、「レースに向かっていく気持ち、レースの中で挑む気持ちは今のほうがあります。『ただ速い』ところから、いろいろな経験、スキルがあるので厚みが違うと思っています」と胸を張る。

「今回は確実に決勝に残りたい。しっかりと上位入賞、表彰台を目指していきます」

もう躊躇はしない。自分の感覚を頼りに勝負を仕掛ける。

広告の下にコンテンツが続きます

文/向永拓史

■男子3000m障害(日本時間)
予選:8月19日 18時35分~
決勝:8月22日 深夜4時42分~

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。 三浦龍司(順大)の世界デビューは衝撃だった。21年東京五輪では7位入賞。しかし、昨年のオレゴン世界選手権では「最低、決勝進出」を掲げながらも予選敗退に終わる。前に出るか出ないか。その一瞬のためらいが結果に表れ、「なんで、あそこ(ラスト2周)で行けなかったんだろう」という悔しさは今も残っている。 今年は春から「動きが悪かった」と、フラットレースで持ち味のバネを生かした走りができないレースが続いた。しかし、セイコーゴールデングランプリ、日本選手権と徐々に状態を上げると、ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会では世界新が誕生したレースで2位を確保。自身の日本記録も0.01秒更新する8分09秒91をマークした。 「日本記録はレースが終わるまで知りませんでした。順位が評価できると思います」。内容についても「ハイペースでも冷静に対応できて、2000mまでもいつもの感覚と違って粘れている。良いなと思っていました」と振り返る。順大の長門俊介駅伝監督が「世界トップ」と評する水濠や障害を越えるたびに前との差を詰めていく。 「まだまだ経験不足ですが、勝負についていけそうな感覚やビジョンは見えました」 7月12日のホクレンディスタンスチャレンジ5000m(13分31秒31)を経て、2週間ほど長野・湯の丸高原で高地合宿を実施。8月11日の順大競技会3000m障害で2000mまで走り5分29秒。合宿の成果も「平地に戻ってきて動きにもあると思います」と手応えがあった。すでにブダペスト入りして調整に入っている。 世界記録(7分52秒11)保持者のラメチャ・ギルマ(エチオピア)と世界王者のソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)という7分台が2人、その他の面々も強力なライバルたちがいるが、「楽しみです。そこに食らいつきたいです。海外選手は最後までめちゃくちゃ身体を動かしますが、競り合っていると集中が切れる瞬間というのがあるんです。そういうふうに持っていける力をつけたい」。 持ち記録だけで言えば、この2年の成長幅は0.01秒かもしれない。ただ、「レースに向かっていく気持ち、レースの中で挑む気持ちは今のほうがあります。『ただ速い』ところから、いろいろな経験、スキルがあるので厚みが違うと思っています」と胸を張る。 「今回は確実に決勝に残りたい。しっかりと上位入賞、表彰台を目指していきます」 もう躊躇はしない。自分の感覚を頼りに勝負を仕掛ける。 文/向永拓史 ■男子3000m障害(日本時間) 予選:8月19日 18時35分~ 決勝:8月22日 深夜4時42分~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top