HOME 国内

2023.08.13

ハンマー投・植松直紀が引退 16年日本選手権2位「最後までやり切ることができた」
ハンマー投・植松直紀が引退 16年日本選手権2位「最後までやり切ることができた」

男子ハンマー投の植松直紀

スズキアスリートクラブは12日、男子ハンマー投の植松直紀が引退したことを発表した。

28歳の植松は三重・久居高2年時に日本ユース選手権優勝の実績を誇り、その後は中京大を経て、スズキアスリートクラブへ加入。自己記録は2020年に樹立した70m46(日本歴代14位タイ)、日本選手権では中京大4年時の16年に2位、18年と19年で3位と、表彰台に3度上った。

広告の下にコンテンツが続きます

植松は8月12日の中京大土曜記録会で現役最後の試合を終え、「最後まで世界を目指して挑戦し、よい環境で練習をさせてもらうことができ、思う存分競技をすることが出来たので悔いはなく、最後までやりきることが出来ました。会社のサポートのおかげでよい競技生活を送ることが出来たので本当に感謝しています」とコメントを残した。

今後は国家資格の柔道整復師を目指し、3年間専門学校へ通うことを明らかにしている。

スズキアスリートクラブは12日、男子ハンマー投の植松直紀が引退したことを発表した。 28歳の植松は三重・久居高2年時に日本ユース選手権優勝の実績を誇り、その後は中京大を経て、スズキアスリートクラブへ加入。自己記録は2020年に樹立した70m46(日本歴代14位タイ)、日本選手権では中京大4年時の16年に2位、18年と19年で3位と、表彰台に3度上った。 植松は8月12日の中京大土曜記録会で現役最後の試合を終え、「最後まで世界を目指して挑戦し、よい環境で練習をさせてもらうことができ、思う存分競技をすることが出来たので悔いはなく、最後までやりきることが出来ました。会社のサポートのおかげでよい競技生活を送ることが出来たので本当に感謝しています」とコメントを残した。 今後は国家資格の柔道整復師を目指し、3年間専門学校へ通うことを明らかにしている。

【動画・写真】植松直紀 引退試合の様子

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top