HOME 国内、大学、日本代表
女子ハンマー投はマッカーサー・ジョイが銀「次のアジア大会では1位を狙いたい」 村上来花は銅で日本勢Wメダル/アジア選手権
女子ハンマー投はマッカーサー・ジョイが銀「次のアジア大会では1位を狙いたい」 村上来花は銅で日本勢Wメダル/アジア選手権

女子ハンマー投でメダルを獲得して笑顔を見せたマッカーサー・ジョイ(右)と村上来花

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)2日目

アジア選手権の2日目午後セッションが行われ、女子ハンマー投ではマッカーサー・ジョイ(NMFA)が66m56で銀メダル、村上来花(九州共立大)が64m17で銅メダル。日本記録(69m89)保持者とU20世界陸上銅メダリストが、ともに表彰台に上がった。この種目の複数メダルは2011年神戸大会以来5大会ぶりだ。

広告の下にコンテンツが続きます

マッカーサーは「うれしいけど、ちょっと悔しい」。優勝を狙って臨み、この日の最高記録となった最終投てきでは「本当に良かった」という出来。一方で、それを「前半で出せていれば、もうちょっと伸びた」と反省を口にする。

米国出身でバスケットボール元日本代表の父エリック・マッカーサーさんと、日本人の母を持つ。生後5ヵ月から8歳まで名古屋で過ごし、米国・ロサンゼルスに移り住んだ。昨年2月に日本国籍を選択し、待望の日本代表としての初試合に「緊張した」と言うが、「代表になったからにはちゃんと投げないといけない」と臨んでいた。4月に米国・ロサンゼルスで70mに迫る日本新をマークした実力を、アジアの舞台でしっかりと発揮した。

「次のアジア大会では1位を狙いたい」と力強く語ったマッカーサー。今後は米国に戻り、もう1度トレーニングに集中するという。

村上も「初めてのシニアの国際大会で銅メダルを取れて、目標だったのですごくうれしい」と笑顔で振り返った。

広告の下にコンテンツが続きます

「ターンへの入りもしっかり決まっていて、調子も良かった」そうで、3投目に63m70、そして4投目に学生記録の自己ベスト(65m33)、同じ大会で出した64m26に次ぐ自己3番目の記録をマークした。3投目までに記録を残し、後半に伸ばす。「これからもそういった試合展開ができるように練習も経験値も積んでいきたい」と力強く語った。

昨年はU20の世界3位となり、今年はシニアでアジアの3位。大学2年のホープは、8月上旬に控えるワールドユニバーシティゲームズに向けて、「しっかり調整して、がんばりたい。また表彰台に立てたらいいなと思います」と抱負を語った。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)2日目 アジア選手権の2日目午後セッションが行われ、女子ハンマー投ではマッカーサー・ジョイ(NMFA)が66m56で銀メダル、村上来花(九州共立大)が64m17で銅メダル。日本記録(69m89)保持者とU20世界陸上銅メダリストが、ともに表彰台に上がった。この種目の複数メダルは2011年神戸大会以来5大会ぶりだ。 マッカーサーは「うれしいけど、ちょっと悔しい」。優勝を狙って臨み、この日の最高記録となった最終投てきでは「本当に良かった」という出来。一方で、それを「前半で出せていれば、もうちょっと伸びた」と反省を口にする。 米国出身でバスケットボール元日本代表の父エリック・マッカーサーさんと、日本人の母を持つ。生後5ヵ月から8歳まで名古屋で過ごし、米国・ロサンゼルスに移り住んだ。昨年2月に日本国籍を選択し、待望の日本代表としての初試合に「緊張した」と言うが、「代表になったからにはちゃんと投げないといけない」と臨んでいた。4月に米国・ロサンゼルスで70mに迫る日本新をマークした実力を、アジアの舞台でしっかりと発揮した。 「次のアジア大会では1位を狙いたい」と力強く語ったマッカーサー。今後は米国に戻り、もう1度トレーニングに集中するという。 村上も「初めてのシニアの国際大会で銅メダルを取れて、目標だったのですごくうれしい」と笑顔で振り返った。 「ターンへの入りもしっかり決まっていて、調子も良かった」そうで、3投目に63m70、そして4投目に学生記録の自己ベスト(65m33)、同じ大会で出した64m26に次ぐ自己3番目の記録をマークした。3投目までに記録を残し、後半に伸ばす。「これからもそういった試合展開ができるように練習も経験値も積んでいきたい」と力強く語った。 昨年はU20の世界3位となり、今年はシニアでアジアの3位。大学2年のホープは、8月上旬に控えるワールドユニバーシティゲームズに向けて、「しっかり調整して、がんばりたい。また表彰台に立てたらいいなと思います」と抱負を語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top