HOME 海外

2023.06.25

英国のヒューズが今季世界最高の9秒83!ライルズが19秒83マーク/WAコンチネンタルツアー
英国のヒューズが今季世界最高の9秒83!ライルズが19秒83マーク/WAコンチネンタルツアー

英国のエース・ヒューズ(左端)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのニューヨーク・グランプリが6月24日、米国・ニューヨークで開催され、男子100mではZ.ヒューズ(英国)が今季世界最高、英国新の9秒83(+1.3)で優勝した。

ヒューズは15年北京世界選手権で200m5位、19年ドーハ世界選手権100m6位の27歳。4×100mリレーでは英国チームの一員として世界選手権で2大会連続でメダルを手にしている(ドーハ銀、オレゴン銅)。これまでの自己記録は9秒91(18年)。

広告の下にコンテンツが続きます

女子800mでは東京五輪・オレゴン世界選手権金メダルのA.ムー(米国)が約11ヵ月ぶりにレースに出場し、1分58秒73で快勝。2位以下に2秒以上の差をつけた。

女子100mハードルは東京五輪銀メダルのK.ハリソン(米国)が12秒29(+2.8)で、男子110mハードルはD.ロバーツ(米国)が13秒01(+1.6)でいずれも接戦を制した。

男子200m(+0.8)は世界選手権2大会連続金メダルのN.ライルズ(米国)が19秒83で勝利。ウサイン・ボルト(ジャマイカ)に並ぶキャリア最多35度目の20秒切りとなった。18歳のI.アシンガ(スリナム)が20秒25で2位に続いている。

女子400mは、400mハードル世界記録保持者のS.マクローリン(米国)が49秒51の自己新で勝利。女子円盤投では19年ドーハ世界選手権金メダルのY.ペレス(キューバ)が67m44で勝った。

広告の下にコンテンツが続きます
世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのニューヨーク・グランプリが6月24日、米国・ニューヨークで開催され、男子100mではZ.ヒューズ(英国)が今季世界最高、英国新の9秒83(+1.3)で優勝した。 ヒューズは15年北京世界選手権で200m5位、19年ドーハ世界選手権100m6位の27歳。4×100mリレーでは英国チームの一員として世界選手権で2大会連続でメダルを手にしている(ドーハ銀、オレゴン銅)。これまでの自己記録は9秒91(18年)。 女子800mでは東京五輪・オレゴン世界選手権金メダルのA.ムー(米国)が約11ヵ月ぶりにレースに出場し、1分58秒73で快勝。2位以下に2秒以上の差をつけた。 女子100mハードルは東京五輪銀メダルのK.ハリソン(米国)が12秒29(+2.8)で、男子110mハードルはD.ロバーツ(米国)が13秒01(+1.6)でいずれも接戦を制した。 男子200m(+0.8)は世界選手権2大会連続金メダルのN.ライルズ(米国)が19秒83で勝利。ウサイン・ボルト(ジャマイカ)に並ぶキャリア最多35度目の20秒切りとなった。18歳のI.アシンガ(スリナム)が20秒25で2位に続いている。 女子400mは、400mハードル世界記録保持者のS.マクローリン(米国)が49秒51の自己新で勝利。女子円盤投では19年ドーハ世界選手権金メダルのY.ペレス(キューバ)が67m44で勝った。

【動画】今季世界最速の9秒83を出した英国のヒューズ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top