HOME 高校

2023.06.17

走幅跳・成川倭士が向かい風で7m50の今季高校最高タイ! 全国入賞目標も「まずは楽しめれば」/IH東海
走幅跳・成川倭士が向かい風で7m50の今季高校最高タイ! 全国入賞目標も「まずは楽しめれば」/IH東海

向かい風のなか、7m50で東海地区大会男子走幅跳を制した成川倭士

◇インターハイ東海地区大会(6月16日~18日/静岡・エコパスタジアム)1日目

夏の北海道インターハイを懸けた東海地区大会の1日目が行われ、男子走幅跳は2回目に今季高校トップタイの7m50(-1.4)を跳んだ成川倭士(東海大翔洋2静岡)が優勝。ともに7m33を跳んだ奥澤真(浜松西2静岡)と平林駿登(安城東2愛知)がそれぞれ2位と3位を2年生が上位を占めた。

広告の下にコンテンツが続きます

成川の自己記録は県大会でマークした7m26。今大会は7m40台を持つ森部諒(名城大附3愛知)や奥澤を追いかける立場で臨んだが、「最近は走幅跳で全然うまく行っていなかった」と明かす。

その要因は、「脚が速くなって助走に生かすことが難しくなっていた」ことにある。実際、今季は100mで10秒41、200mはインターハイ都府県大会最高の21秒03(-0.2)をマークするなど、スプリントの向上が目覚ましかった。「ストライドが伸びて筋肉もついた」ことがパフォーマンスの向上につながっているという。

助走のスピードアップに対応すべく、この日は助走を大きく変更。「今までの助走から4歩、12mぐらい短くして、最初からスピードを上げていくという感じでした。(ファウルとなった)1本目もよく跳べたのですが、踏み切りの1歩前でブレーキをかけ過ぎて、上に跳ぶだけになってしまった」と話し、さらに修正した2回目でビッグジャンプを見せた。

3回目をパスした後も、他の選手たちが7m10~30台にとどまるなか、4回目に7m42(-0.1)、6回目に7m31(+0.7)と好記録を続け、7m50の跳躍で手応えをつかんだ様子。実は「2週間前のU20日本選手権後にふくらはぎを痛めた」というが、それを感じさせない充実ぶりだった。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会ではまだ200mと4×100mリレーを残すが、インターハイでの走幅跳は、「今年はできれば入賞を目指したいですが、まずは楽しめればいい」と良い意味で力んでいない。それでも、強力なライバルがひしめく静岡県大会と東海大会を制したことで、成川は全国の舞台でも優勝候補の1人に名乗りを上げた。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。
文/小野哲史
写真/樋口俊秀

◇インターハイ東海地区大会(6月16日~18日/静岡・エコパスタジアム)1日目 夏の北海道インターハイを懸けた東海地区大会の1日目が行われ、男子走幅跳は2回目に今季高校トップタイの7m50(-1.4)を跳んだ成川倭士(東海大翔洋2静岡)が優勝。ともに7m33を跳んだ奥澤真(浜松西2静岡)と平林駿登(安城東2愛知)がそれぞれ2位と3位を2年生が上位を占めた。 成川の自己記録は県大会でマークした7m26。今大会は7m40台を持つ森部諒(名城大附3愛知)や奥澤を追いかける立場で臨んだが、「最近は走幅跳で全然うまく行っていなかった」と明かす。 その要因は、「脚が速くなって助走に生かすことが難しくなっていた」ことにある。実際、今季は100mで10秒41、200mはインターハイ都府県大会最高の21秒03(-0.2)をマークするなど、スプリントの向上が目覚ましかった。「ストライドが伸びて筋肉もついた」ことがパフォーマンスの向上につながっているという。 助走のスピードアップに対応すべく、この日は助走を大きく変更。「今までの助走から4歩、12mぐらい短くして、最初からスピードを上げていくという感じでした。(ファウルとなった)1本目もよく跳べたのですが、踏み切りの1歩前でブレーキをかけ過ぎて、上に跳ぶだけになってしまった」と話し、さらに修正した2回目でビッグジャンプを見せた。 3回目をパスした後も、他の選手たちが7m10~30台にとどまるなか、4回目に7m42(-0.1)、6回目に7m31(+0.7)と好記録を続け、7m50の跳躍で手応えをつかんだ様子。実は「2週間前のU20日本選手権後にふくらはぎを痛めた」というが、それを感じさせない充実ぶりだった。 今大会ではまだ200mと4×100mリレーを残すが、インターハイでの走幅跳は、「今年はできれば入賞を目指したいですが、まずは楽しめればいい」と良い意味で力んでいない。それでも、強力なライバルがひしめく静岡県大会と東海大会を制したことで、成川は全国の舞台でも優勝候補の1人に名乗りを上げた。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/小野哲史 写真/樋口俊秀

インターハイ東海地区大会1日目の優勝者

●男子 400m    植田壮太(富士東3静岡)  47秒29 1500m    田中智稀(名経大高蔵2愛知)3分54秒69 110mH    宮本皓寿(浜松市立3静岡) 14秒08(+0.1)=大会新 走幅跳   成川倭士(東海大翔洋2静岡)7m50(-1.4) ハンマー投 市原想太(愛西工科3愛知) 57m60 ●女子 400m    平野里歩(中京大中京3愛知)55秒36 1500m    松本未空(鈴鹿3三重)   4分24秒58 100mH    林美希(中京大中京3愛知) 13秒51(-0.7)=大会新 走幅跳   小針陽葉(富士市立2静岡) 6m18(+1.0) 棒高跳   佐々木麦乃(伊勢3三重)  3m40 砲丸投   世古櫻紗(松阪商2三重)  13m36 ハンマー投 大陽和(伊勢工3三重)   53m24=大会新

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top