HOME 高校・中学

2023.06.15

女子走幅跳の恒石望乃に注目!100m、三段跳を含む3冠なるか 男子棒高跳は矢野真一、佐々木秀晟による5m超えの争いに期待/IH四国
女子走幅跳の恒石望乃に注目!100m、三段跳を含む3冠なるか 男子棒高跳は矢野真一、佐々木秀晟による5m超えの争いに期待/IH四国

3冠の期待が懸かる恒石望乃(高知3)

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた四国大会(香川、徳島、愛媛、高知)が6月17日から19日までの3日間、香川県のPikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)で開催される。5月から行われた県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころを紹介していく。

男子の注目種目は棒高跳。矢野真一(観音寺総合3香川)と佐々木秀晟(高松一3香川)は香川県大会でそれぞれ5m00を跳んでいる。試技数差で佐々木に軍配が上がったが、実力はほぼ互角。さらに岸本都夢(高松商2香川)も今季に4m90を2度跳んでおり、香川県勢による5m超えの優勝争いに期待したい。

広告の下にコンテンツが続きます

男子短距離もハイレベルな戦いが見られそうだ。マルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西2)は5月に200mで21秒17の好タイムをマークしており、県大会では100m(10秒67/+1.4)、200m(21秒33/+1.2)、4×100mリレー(40秒97/2走)、4×400mリレー(3分19秒48/4走)の4冠を達成している。徳島県大会の200mで21秒32(+1.9)の大会新を出した吉田陸(鳴門渦潮3)や、愛媛県大会で100m(10秒65/±0.0)、200m(21秒92/+1.7)の2冠に輝いた曽我俊明(八幡浜3)がどう絡んでくるか。

男子投てきでは、やり投で昨年のU18大会6位になり、ハンマー投で59m04の記録を持つ久門奨弥(今治明徳3愛媛)や円盤投で45m33が自己ベストの田窪一翔(今治明徳2愛媛)に注目だ。

女子は走幅跳の恒石望乃(高知3)に注目。2月の日本室内U18では6m10の大会新で優勝している。屋外でも県大会で県高校新記録となる6m05(+0.1)をマーク。さらに100mでも予選で12秒07(+0.1)の県高校記録を樹立した。三段跳でも5月に12m20(+0.3)を跳んでおり、3冠の可能性も十分にある。

高知県大会の女子三段跳で恒石を上回る跳躍を見せたのが、小松迦帆(高知農3)。これまでの自己ベスト(11m84)を大きく上回る12m47(+1.5)の県高校新記録でトップに立った。四国大会でさらに記録を伸ばしてくるだろうか。

広告の下にコンテンツが続きます

女子棒高跳では3m80で香川県大会を制した豊田ひなた(観音寺一3)が有力。同大会を14秒21(+2.1)で制覇している100mハードルでも優勝争いに加わってきそうだ。1年生ながら3m52の県高校新記録で高知県大会を制した鈴木夢桜(高知1)は今後の伸びに期待が持てる。

女子中距離では昨年の全中800m5位の松岡美来(宇和1愛媛)が県大会で800m(2分11秒66)、1500m(4分30秒55)の2冠を獲得。四国大会でも1年生優勝を目指す。

文/馬場 遼

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた四国大会(香川、徳島、愛媛、高知)が6月17日から19日までの3日間、香川県のPikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)で開催される。5月から行われた県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころを紹介していく。 男子の注目種目は棒高跳。矢野真一(観音寺総合3香川)と佐々木秀晟(高松一3香川)は香川県大会でそれぞれ5m00を跳んでいる。試技数差で佐々木に軍配が上がったが、実力はほぼ互角。さらに岸本都夢(高松商2香川)も今季に4m90を2度跳んでおり、香川県勢による5m超えの優勝争いに期待したい。 男子短距離もハイレベルな戦いが見られそうだ。マルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西2)は5月に200mで21秒17の好タイムをマークしており、県大会では100m(10秒67/+1.4)、200m(21秒33/+1.2)、4×100mリレー(40秒97/2走)、4×400mリレー(3分19秒48/4走)の4冠を達成している。徳島県大会の200mで21秒32(+1.9)の大会新を出した吉田陸(鳴門渦潮3)や、愛媛県大会で100m(10秒65/±0.0)、200m(21秒92/+1.7)の2冠に輝いた曽我俊明(八幡浜3)がどう絡んでくるか。 男子投てきでは、やり投で昨年のU18大会6位になり、ハンマー投で59m04の記録を持つ久門奨弥(今治明徳3愛媛)や円盤投で45m33が自己ベストの田窪一翔(今治明徳2愛媛)に注目だ。 女子は走幅跳の恒石望乃(高知3)に注目。2月の日本室内U18では6m10の大会新で優勝している。屋外でも県大会で県高校新記録となる6m05(+0.1)をマーク。さらに100mでも予選で12秒07(+0.1)の県高校記録を樹立した。三段跳でも5月に12m20(+0.3)を跳んでおり、3冠の可能性も十分にある。 高知県大会の女子三段跳で恒石を上回る跳躍を見せたのが、小松迦帆(高知農3)。これまでの自己ベスト(11m84)を大きく上回る12m47(+1.5)の県高校新記録でトップに立った。四国大会でさらに記録を伸ばしてくるだろうか。 女子棒高跳では3m80で香川県大会を制した豊田ひなた(観音寺一3)が有力。同大会を14秒21(+2.1)で制覇している100mハードルでも優勝争いに加わってきそうだ。1年生ながら3m52の県高校新記録で高知県大会を制した鈴木夢桜(高知1)は今後の伸びに期待が持てる。 女子中距離では昨年の全中800m5位の松岡美来(宇和1愛媛)が県大会で800m(2分11秒66)、1500m(4分30秒55)の2冠を獲得。四国大会でも1年生優勝を目指す。 文/馬場 遼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top