HOME 国内

2023.06.09

日本記録保持者・山﨑有紀「戦える準備できている」アジア室内V丸山優真「頑張り過ぎず」初Vへ/日本選手権混成
日本記録保持者・山﨑有紀「戦える準備できている」アジア室内V丸山優真「頑張り過ぎず」初Vへ/日本選手権混成

日本選手権混成の前日会見に臨んだ選手たち。右から丸山、山﨑、中村、大玉、田上

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場)

第107回日本選手権・混成競技を明日に控え、会場となる秋田県立陸上競技場で有力選手たちが前日会見に出席した。

広告の下にコンテンツが続きます

女子七種競技は前回5年ぶりに女王の座に就いたヘンプヒル恵(アトレ)がエントリーせず。日本記録(5975点)保持者の山﨑有紀(スズキ)に注目が集まる。

18年から4連覇があった山﨑。2月のアジア室内選手権(五種競技)では5位に入っている。5月の木南記念では5683点で優勝したが、「少し左膝を痛めた」と言う。それでも、その後は「ほとんど痛みはなくて、戦える準備ができています」。冬季は順調に土台アップができ、「スプリントと投てき種目で記録が出ている」と手応えをつかんでいる。

「アジア選手権、アジア大会に選んでいただけるような記録を出したい。4、5月よりも記録が出ると思います」

日本人初の6000点も見据えつつ、まずは自己ベスト更新、すなわち日本記録更新を目指していく。

広告の下にコンテンツが続きます

アジア室内選手権の七種競技で金メダルを獲得した丸山優真(住友電工)は2年ぶりの出場。昨年は木南記念で7807点(日本歴代6位)を叩き出したものの、その際に右手を故障した。それもあり、「順調だからこそ、頑張り過ぎずに」がテーマだ。先週誕生日を迎え、「25歳で中堅になったので、中堅らしく楽しみつつ」臨む構えだ。

背中を追いかけてきた中村明彦(スズキ)が今季で引退。「正直、まだ引退してほしくない。あこがれでしたし、日本選手権で戦えるのが幸せだった」。だからこそ、勝ちきって送り出したい。

高校記録、U20日本記録と塗り替えてきた大器。日大時代は胸椎分離症などで一時は競技生命も危ぶまれたが地道なリハビリとトレーニングで乗り越えた。25歳、最初の十種競技。大器がいよいよ本領発揮する。

木南記念をセカンドベストで制している田上駿(陸上物語)は、中村の引退に「初めて出た時から明彦さんは先頭に立たれていた。(引退は)いつかくるだろうと思っていたのですが、その時を迎えると寂しい」と思いを明かす。

広告の下にコンテンツが続きます

その上で、「レベルが下がったと言われないように世代交代して、僕が先頭に立って引っ張っていきたい」と覚悟を示す。

木南記念以降も「絶好調とはは言えないですが、ケガせずできています」。見せ場はスプリントで、「100mと走幅跳でトップに立って流れを作りたい」と初優勝へ意気込んでいる。

七種競技で山﨑を追いかけるのが大玉華鈴(日体大SNG横浜)。木南記念では走幅跳で3回ファウルの記録なしに終わったものの、初日は日本初の3500点超え。「記録も動きも良くてレベルアップできています」と言い、「得意な1日目でどれだけ点数を稼げるか。今年こそ優勝したい」と力強く語った。

◇第107回日本選手権・混成競技(6月10、11日/秋田県立中央公園陸上競技場) 第107回日本選手権・混成競技を明日に控え、会場となる秋田県立陸上競技場で有力選手たちが前日会見に出席した。 女子七種競技は前回5年ぶりに女王の座に就いたヘンプヒル恵(アトレ)がエントリーせず。日本記録(5975点)保持者の山﨑有紀(スズキ)に注目が集まる。 18年から4連覇があった山﨑。2月のアジア室内選手権(五種競技)では5位に入っている。5月の木南記念では5683点で優勝したが、「少し左膝を痛めた」と言う。それでも、その後は「ほとんど痛みはなくて、戦える準備ができています」。冬季は順調に土台アップができ、「スプリントと投てき種目で記録が出ている」と手応えをつかんでいる。 「アジア選手権、アジア大会に選んでいただけるような記録を出したい。4、5月よりも記録が出ると思います」 日本人初の6000点も見据えつつ、まずは自己ベスト更新、すなわち日本記録更新を目指していく。 アジア室内選手権の七種競技で金メダルを獲得した丸山優真(住友電工)は2年ぶりの出場。昨年は木南記念で7807点(日本歴代6位)を叩き出したものの、その際に右手を故障した。それもあり、「順調だからこそ、頑張り過ぎずに」がテーマだ。先週誕生日を迎え、「25歳で中堅になったので、中堅らしく楽しみつつ」臨む構えだ。 背中を追いかけてきた中村明彦(スズキ)が今季で引退。「正直、まだ引退してほしくない。あこがれでしたし、日本選手権で戦えるのが幸せだった」。だからこそ、勝ちきって送り出したい。 高校記録、U20日本記録と塗り替えてきた大器。日大時代は胸椎分離症などで一時は競技生命も危ぶまれたが地道なリハビリとトレーニングで乗り越えた。25歳、最初の十種競技。大器がいよいよ本領発揮する。 木南記念をセカンドベストで制している田上駿(陸上物語)は、中村の引退に「初めて出た時から明彦さんは先頭に立たれていた。(引退は)いつかくるだろうと思っていたのですが、その時を迎えると寂しい」と思いを明かす。 その上で、「レベルが下がったと言われないように世代交代して、僕が先頭に立って引っ張っていきたい」と覚悟を示す。 木南記念以降も「絶好調とはは言えないですが、ケガせずできています」。見せ場はスプリントで、「100mと走幅跳でトップに立って流れを作りたい」と初優勝へ意気込んでいる。 七種競技で山﨑を追いかけるのが大玉華鈴(日体大SNG横浜)。木南記念では走幅跳で3回ファウルの記録なしに終わったものの、初日は日本初の3500点超え。「記録も動きも良くてレベルアップできています」と言い、「得意な1日目でどれだけ点数を稼げるか。今年こそ優勝したい」と力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top