HOME 高校

2023.06.06

2年生・落合晃が800m1分50秒11の県高校新!山本麻斗は100m10秒52/IH滋賀県大会
2年生・落合晃が800m1分50秒11の県高校新!山本麻斗は100m10秒52/IH滋賀県大会

男子800m、1500mの2種目を制した落合晃

8月の北海道インターハイに向けた都道府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

滋賀県大会は大雨の影響で順延があり、6月1日と3日~4日の3日間、平和堂HATOスタジアムで行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

大会では県高校新が3つ、大会新が7つ誕生し、男子100mでは山本麻斗(草津3)が10秒52(+0.6)で圧勝。従来の県高校記録を0.01秒塗り替える県高校新記録となった。日本選手権女子400mハードルで優勝した山本亜美を姉に持つ山本は、200mも21秒43(-0.5)で優勝を果たして2冠を達成した。

男子中距離でも落合晃(滋賀学園2)が2種目制覇。初日の1500mを3分55秒75で優勝すると、大会最終日の800mでは1分50秒11の県高校新記録で優勝。今季高校リスト2位の好記録で近畿大会に弾みをつけている。

大会新記録決着となった男子やり投では昨年インターハイ5位の谷口大翔(彦根翔西館3)が67m92と今季高校最高記録と実力を見せつけ優勝。2位の渡邉宙(草津東3)も66m86と従来の大会記録(65m46)を上回った。

女子は草津東勢が4種目で大会記録を更新。徳島インターハイ800m2位の西田有里(3年)は、400m(55秒33、800m(2分07秒06)、4×400mリレー(4走/3分44秒50)と3種目で大会新Vを飾った。西田は5月の木南記念800mで2分05秒09の高校歴代9位をマークしている。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、400mハードルで60秒29の大会新をマークした石川優空(草津東3)は、100mハードル15秒06(-2.9)と合わせて、2冠となった。

学校対抗の男子は各種目で幅広く得点を重ねた総合力を強さを見せた比叡山が123点で優勝。女子は草津東が116点と100点超えで栄冠を手にしている。

近畿大会は6月15日から4日間、和歌山県の紀三井寺運動公園競技場で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

8月の北海道インターハイに向けた都道府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 滋賀県大会は大雨の影響で順延があり、6月1日と3日~4日の3日間、平和堂HATOスタジアムで行われた。 大会では県高校新が3つ、大会新が7つ誕生し、男子100mでは山本麻斗(草津3)が10秒52(+0.6)で圧勝。従来の県高校記録を0.01秒塗り替える県高校新記録となった。日本選手権女子400mハードルで優勝した山本亜美を姉に持つ山本は、200mも21秒43(-0.5)で優勝を果たして2冠を達成した。 男子中距離でも落合晃(滋賀学園2)が2種目制覇。初日の1500mを3分55秒75で優勝すると、大会最終日の800mでは1分50秒11の県高校新記録で優勝。今季高校リスト2位の好記録で近畿大会に弾みをつけている。 大会新記録決着となった男子やり投では昨年インターハイ5位の谷口大翔(彦根翔西館3)が67m92と今季高校最高記録と実力を見せつけ優勝。2位の渡邉宙(草津東3)も66m86と従来の大会記録(65m46)を上回った。 女子は草津東勢が4種目で大会記録を更新。徳島インターハイ800m2位の西田有里(3年)は、400m(55秒33、800m(2分07秒06)、4×400mリレー(4走/3分44秒50)と3種目で大会新Vを飾った。西田は5月の木南記念800mで2分05秒09の高校歴代9位をマークしている。 このほか、400mハードルで60秒29の大会新をマークした石川優空(草津東3)は、100mハードル15秒06(-2.9)と合わせて、2冠となった。 学校対抗の男子は各種目で幅広く得点を重ねた総合力を強さを見せた比叡山が123点で優勝。女子は草津東が116点と100点超えで栄冠を手にしている。 近畿大会は6月15日から4日間、和歌山県の紀三井寺運動公園競技場で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top