HOME 国内

2023.06.02

円盤投・堤雄司 V10の金字塔!「目の前の試合に勝ちたい」/日本選手権
円盤投・堤雄司 V10の金字塔!「目の前の試合に勝ちたい」/日本選手権

23年日本選手権男子円盤投で10回目の優勝を飾った堤雄司

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の2日目に男子円盤投が行われ、堤雄司(ALSOK群馬)が57m98で優勝。この種目では畑山茂雄に続いて2人目となる通算10回目の日本一を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

日本選手権の単一種目10回優勝は男子で8人目、5連覇を含む優勝となると史上7人目の偉業となった。

大雨警報が出るほどの天気。「すべるので1回目に100%集中した」。これも経験のなせる技。誰もが苦しむなか、優勝記録を1回目に放った。6回目はすべって腰を押さえる仕草もあったが、何度もガッツポーズを作る。王者らしい勝ち方だった。

初優勝したのは2012年で、同じ大阪が舞台。「すごくうれしかったのを覚えていますし、今回も変わらずうれしいですね」と胸を張った。

北海道出身の33歳。高校の教員であり指導者だった父の元で中1の夏休みに円盤投を初めて投げた。「その時は1kgで、どうやってこんな重たいものを投げるんだろうって思いました」。中3でジュニア五輪優勝。高校記録も樹立し、インターハイも制した。国士大では日本インカレ4連覇を果たしている。

広告の下にコンテンツが続きます

サークルに入って、手を投てき方向に向けて胸に当てるルーティンは威光を放つ。2017年に2度日本記録を樹立し、翌年に湯上剛輝(トヨタ自動車)に更新された後、2020年3月に62m59とさらに日本記録を取り返した。

「10回も勝てると思っていなかった。一つひとつの日本選手権を覚えていますし、ここまでやってこられて幸せです」

心境の変化や、ケガなど身体の変化も当然ある。「5年前、10年前にあったような日本代表や世界大会、記録へのこだわりはありません」。ではなぜ続けてこられたのか。勝ち続けられるのか。

「勝ちたい。それだけです。これまでの円盤投の選手で、自分が一番勝ちたいと思ってやってきた自負があります」

広告の下にコンテンツが続きます

積み上げてきた10回優勝の金字塔。「勝ちたい。その炎はまだ消えていません」。これからも、目の前の試合を全力で勝ちにいく。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の2日目に男子円盤投が行われ、堤雄司(ALSOK群馬)が57m98で優勝。この種目では畑山茂雄に続いて2人目となる通算10回目の日本一を飾った。 日本選手権の単一種目10回優勝は男子で8人目、5連覇を含む優勝となると史上7人目の偉業となった。 大雨警報が出るほどの天気。「すべるので1回目に100%集中した」。これも経験のなせる技。誰もが苦しむなか、優勝記録を1回目に放った。6回目はすべって腰を押さえる仕草もあったが、何度もガッツポーズを作る。王者らしい勝ち方だった。 初優勝したのは2012年で、同じ大阪が舞台。「すごくうれしかったのを覚えていますし、今回も変わらずうれしいですね」と胸を張った。 北海道出身の33歳。高校の教員であり指導者だった父の元で中1の夏休みに円盤投を初めて投げた。「その時は1kgで、どうやってこんな重たいものを投げるんだろうって思いました」。中3でジュニア五輪優勝。高校記録も樹立し、インターハイも制した。国士大では日本インカレ4連覇を果たしている。 サークルに入って、手を投てき方向に向けて胸に当てるルーティンは威光を放つ。2017年に2度日本記録を樹立し、翌年に湯上剛輝(トヨタ自動車)に更新された後、2020年3月に62m59とさらに日本記録を取り返した。 「10回も勝てると思っていなかった。一つひとつの日本選手権を覚えていますし、ここまでやってこられて幸せです」 心境の変化や、ケガなど身体の変化も当然ある。「5年前、10年前にあったような日本代表や世界大会、記録へのこだわりはありません」。ではなぜ続けてこられたのか。勝ち続けられるのか。 「勝ちたい。それだけです。これまでの円盤投の選手で、自分が一番勝ちたいと思ってやってきた自負があります」 積み上げてきた10回優勝の金字塔。「勝ちたい。その炎はまだ消えていません」。これからも、目の前の試合を全力で勝ちにいく。

【動画】10回目の日本一!男子円盤投・堤雄司のスローをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top