HOME 高校

2023.05.30

2年生・西岡尚輝が100mで10秒37!女子棒高跳の松井愛果は3m82の府高校新/IH大阪府大会
2年生・西岡尚輝が100mで10秒37!女子棒高跳の松井愛果は3m82の府高校新/IH大阪府大会

男子100mに10秒37の高校歴代10位タイの好タイムで優勝を飾った西岡尚輝(東海大仰星2)

8月の北海道インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

大阪府大会は5月26日から28日の3日間、ヤンマーフィールド長居で行われ、男子100mでは西岡尚輝(東海大仰星2)が、10秒37(+1.0)の大会新で優勝した。昨年の栃木国体少年Bで5位に入っている西岡は5月の木南記念で10秒41をマークしていたが、これを0.04秒上回るとともに、高2歴代10位タイの好記録となった。

広告の下にコンテンツが続きます

上位3位までが47秒台とハイレベルとなった男子400mは、堀田雅斗(枚方3)が47秒34で優勝。2位の山野遥希(清風3)が47秒45、3位のリード来優(大阪3)が47秒78で続いた。

男子1500mでは4月の関西学連長距離強化記録会で3分48秒88をマークしている粟野紡(大阪桐蔭3)が、留学生のフランシス・カマウ(興國2)を振り切り、3分50秒24の大会新で優勝。男子5000mはデイビット・ムワンギ(興國1)が14分25秒51でトップに立ち、2位の七枝直(関大北陽3)が14分31秒20と大会新記録を樹立している。

男子400mハードル優勝の石川心希(近大附3)は52秒17と大会記録(52秒19)を更新。2位の德田隼(寝屋川3)も52秒43の自己新でフィニッシュした。

男子走幅跳は追い風にも恵まれ好記録が続出。松田竜弥(清風2)が7m44(+3.5)、公認でも7m40(-0.3)を跳んで2年生優勝を果たした。2位の福島直樹(箕面自由学園2)が7m22(+1.8)、3位の亀之園新(関大北陽3)も7m16(+1.6)をマークしている。

広告の下にコンテンツが続きます

女子棒高跳の松井愛果(大塚2)は、3m50を1回目にクリアして優勝を決めると、4月に自身が樹立した府高校記録を1cm上回る3m82に挑戦。これも見事に1回で成功させて、優勝に花を添えた。

また、棒高跳2位の木村優来は(咲くやこの花3)は、100mハードルに13秒87(+0.5)の好タイムで優勝。13秒88で2位の妹尾千里(大阪2)、13秒96で3位の大久保碧(大阪女学院1)と3位までが13秒台とハイレベルとなった争いを制している。

女子800mでは昨年の全中優勝者の久保凛(東大阪大敬愛1)が2分8秒35と貫禄の走りを見せて快勝。先輩の亀井咲里(3年)が2分13秒10、小沢有希乃(3年)が2分13秒44で続き、東大阪大敬愛勢がメダルを独占した。

女子砲丸投は昨年のインターハイ4位、U18優勝の坂ちはる(大体大浪商2)が13m96で圧勝。円盤投も38m26で優勝して投てき2冠を獲得している。

広告の下にコンテンツが続きます

学校対抗は男子が大体大浪商がハンマー投で1、2、4位を獲得するなどフィールド種目で64点を獲得して優勝。関大北陽は1点差で涙を飲んだ。女子は東大阪大敬愛が124点で制している。

近畿大会は6月15日から4日間、和歌山県の和歌山市・紀三井寺公園陸上競技場で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

8月の北海道インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 大阪府大会は5月26日から28日の3日間、ヤンマーフィールド長居で行われ、男子100mでは西岡尚輝(東海大仰星2)が、10秒37(+1.0)の大会新で優勝した。昨年の栃木国体少年Bで5位に入っている西岡は5月の木南記念で10秒41をマークしていたが、これを0.04秒上回るとともに、高2歴代10位タイの好記録となった。 上位3位までが47秒台とハイレベルとなった男子400mは、堀田雅斗(枚方3)が47秒34で優勝。2位の山野遥希(清風3)が47秒45、3位のリード来優(大阪3)が47秒78で続いた。 男子1500mでは4月の関西学連長距離強化記録会で3分48秒88をマークしている粟野紡(大阪桐蔭3)が、留学生のフランシス・カマウ(興國2)を振り切り、3分50秒24の大会新で優勝。男子5000mはデイビット・ムワンギ(興國1)が14分25秒51でトップに立ち、2位の七枝直(関大北陽3)が14分31秒20と大会新記録を樹立している。 男子400mハードル優勝の石川心希(近大附3)は52秒17と大会記録(52秒19)を更新。2位の德田隼(寝屋川3)も52秒43の自己新でフィニッシュした。 男子走幅跳は追い風にも恵まれ好記録が続出。松田竜弥(清風2)が7m44(+3.5)、公認でも7m40(-0.3)を跳んで2年生優勝を果たした。2位の福島直樹(箕面自由学園2)が7m22(+1.8)、3位の亀之園新(関大北陽3)も7m16(+1.6)をマークしている。 女子棒高跳の松井愛果(大塚2)は、3m50を1回目にクリアして優勝を決めると、4月に自身が樹立した府高校記録を1cm上回る3m82に挑戦。これも見事に1回で成功させて、優勝に花を添えた。 また、棒高跳2位の木村優来は(咲くやこの花3)は、100mハードルに13秒87(+0.5)の好タイムで優勝。13秒88で2位の妹尾千里(大阪2)、13秒96で3位の大久保碧(大阪女学院1)と3位までが13秒台とハイレベルとなった争いを制している。 女子800mでは昨年の全中優勝者の久保凛(東大阪大敬愛1)が2分8秒35と貫禄の走りを見せて快勝。先輩の亀井咲里(3年)が2分13秒10、小沢有希乃(3年)が2分13秒44で続き、東大阪大敬愛勢がメダルを独占した。 女子砲丸投は昨年のインターハイ4位、U18優勝の坂ちはる(大体大浪商2)が13m96で圧勝。円盤投も38m26で優勝して投てき2冠を獲得している。 学校対抗は男子が大体大浪商がハンマー投で1、2、4位を獲得するなどフィールド種目で64点を獲得して優勝。関大北陽は1点差で涙を飲んだ。女子は東大阪大敬愛が124点で制している。 近畿大会は6月15日から4日間、和歌山県の和歌山市・紀三井寺公園陸上競技場で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top