HOME 国内

2023.05.21

男子走幅跳で吉田弘道が日本歴代3位の8m26! 世界陸上参加標準突破ジャンプで世界王者に勝利!/セイコーGGP
男子走幅跳で吉田弘道が日本歴代3位の8m26! 世界陸上参加標準突破ジャンプで世界王者に勝利!/セイコーGGP

23年セイコーGGP男子走幅跳で日本歴代3位の8m26をマークした吉田弘道

◇セイコーゴールデングランプリ2023(5月21日/神奈川・日産スタジアム)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は吉田弘道(神崎陸協)が日本歴代3位となる8m26(+1.0)の大ジャンプ。ブダペスト世界選手権参加標準記録(8m25)も見事に突破した。

広告の下にコンテンツが続きます

3回目までは7m91(+0.7)が最高で、5位でトップ8に進んだ吉田。ファウルとなった4回目、追い風参考ながら8m11(+2.6)でトップに立った5回目を含め、「ファウルが怖くて動きが小さくなっていた」とそれほど手応えを持っていたわけではなかったという。

だが、最終跳躍で「ファウルでも追い風参考でも何でもいいから、今日出せる力を120%出そう」と助走をスタート。力強い踏み切りから、ビッグジャンプが飛び出した。

これまでの自己記録は2年前の7月に出した日本歴代8位の8m14。それを12㎝も上回るだけでなく、昨年のオレゴン世界選手権覇者・王嘉男(中国)も4㎝差で抑える殊勲の優勝を飾った。

吉田自身は、「記録や勝つことはまったく意識していなかった」そうで、結果については「たまたま」と謙遜する。ただ、世界王者に勝ち、歴代記録でも城山正太郎(ゼンリン/8m40)や橋岡優輝(富士通/8m36)に次ぐ位置まで浮上したことの意味は大きい。

広告の下にコンテンツが続きます

兵庫・姫路商高ではインターハイで2位。立命大4年時に8mジャンパーの仲間入りを果たした。ただ、全国大会のタイトルになかなか縁がなく、大学を卒業した昨年からは地元・神崎郡の陸協登録で、地道な活動を続けている。

昨年は自己ベストに迫る8m12をジャンプしているが、今季は3月に7m99と順調な出足を見せた後、「練習でも試合でも、自分のイメージとかみ合わずになかなかモチベーションを保てなかった」と言う。

踏み切りで少し後傾していたり、着地動作がベストを出せていた時と動きができていなかったり。試行錯誤を重ねてもその状態が続いた。そのため、この日は「まずは試合に出る楽しさを思い返せれば」と開き直り、ウォーミングアップから「1つひとつの動きを丁寧に」繰り返した。その取り組みが、6本目に「やっと出せた」。

8m26は今季世界5位。初の世界大会がグッと近づいたが、吉田は「この1回限りじゃダメ」と気を引き締める。「毎試合、8m前後を3回目までに出すこと」が世界で戦うために必要なことと認識し、それを6月の日本選手権で目指していく。

広告の下にコンテンツが続きます

日本選手権では「しっかりと勝ち切りたい。最低でも3位以内を」と吉田。世界チャンピオンとは「まだまだ足元にも及ばない」と感じていて、国内でも「世界を経験している人たちとはまだまだ差がある」と思っている。それでも、「力はついてきた」という手応えは十分得た。「経験値を少しでも上げていければ」と、まっすぐ前を見つめる。

◇セイコーゴールデングランプリ2023(5月21日/神奈川・日産スタジアム) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は吉田弘道(神崎陸協)が日本歴代3位となる8m26(+1.0)の大ジャンプ。ブダペスト世界選手権参加標準記録(8m25)も見事に突破した。 3回目までは7m91(+0.7)が最高で、5位でトップ8に進んだ吉田。ファウルとなった4回目、追い風参考ながら8m11(+2.6)でトップに立った5回目を含め、「ファウルが怖くて動きが小さくなっていた」とそれほど手応えを持っていたわけではなかったという。 だが、最終跳躍で「ファウルでも追い風参考でも何でもいいから、今日出せる力を120%出そう」と助走をスタート。力強い踏み切りから、ビッグジャンプが飛び出した。 これまでの自己記録は2年前の7月に出した日本歴代8位の8m14。それを12㎝も上回るだけでなく、昨年のオレゴン世界選手権覇者・王嘉男(中国)も4㎝差で抑える殊勲の優勝を飾った。 吉田自身は、「記録や勝つことはまったく意識していなかった」そうで、結果については「たまたま」と謙遜する。ただ、世界王者に勝ち、歴代記録でも城山正太郎(ゼンリン/8m40)や橋岡優輝(富士通/8m36)に次ぐ位置まで浮上したことの意味は大きい。 兵庫・姫路商高ではインターハイで2位。立命大4年時に8mジャンパーの仲間入りを果たした。ただ、全国大会のタイトルになかなか縁がなく、大学を卒業した昨年からは地元・神崎郡の陸協登録で、地道な活動を続けている。 昨年は自己ベストに迫る8m12をジャンプしているが、今季は3月に7m99と順調な出足を見せた後、「練習でも試合でも、自分のイメージとかみ合わずになかなかモチベーションを保てなかった」と言う。 踏み切りで少し後傾していたり、着地動作がベストを出せていた時と動きができていなかったり。試行錯誤を重ねてもその状態が続いた。そのため、この日は「まずは試合に出る楽しさを思い返せれば」と開き直り、ウォーミングアップから「1つひとつの動きを丁寧に」繰り返した。その取り組みが、6本目に「やっと出せた」。 8m26は今季世界5位。初の世界大会がグッと近づいたが、吉田は「この1回限りじゃダメ」と気を引き締める。「毎試合、8m前後を3回目までに出すこと」が世界で戦うために必要なことと認識し、それを6月の日本選手権で目指していく。 日本選手権では「しっかりと勝ち切りたい。最低でも3位以内を」と吉田。世界チャンピオンとは「まだまだ足元にも及ばない」と感じていて、国内でも「世界を経験している人たちとはまだまだ差がある」と思っている。それでも、「力はついてきた」という手応えは十分得た。「経験値を少しでも上げていければ」と、まっすぐ前を見つめる。

男子走幅跳日本歴代10傑をチェック!

男子走幅跳日本歴代10傑 8.40 1.5 城山正太郎(ゼンリン)   2019. 8.17 8.36 0.6 橋岡 優輝(富士通)    2021. 6.27 8.26 1.0 吉田 弘道(神崎陸協)   2023. 5.21 8.25 1.6 森長 正樹(日大3)    1992. 5. 5 8.23 0.6 津波 響樹(東洋大4)   2019. 8.17 8.20 1.8 寺野 伸一(サンクラブ)  2004. 6. 6 8.18 1.3 菅井 洋平(ミズノ)    2015. 4.18 8.17 0.9 山川 夏輝(佐賀県スポ協) 2022. 6.19 8.15 2.0 田川  茂(ミズノ)    1999. 6.12 8.13 0.7 朝原 宣治(同大3)    1993.12. 3

【動画】吉田弘道が見せたビッグジャンプ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top