HOME 世界陸上

2023.05.11

ブダペスト世界陸上、杭州アジア大会のスペシャルキャスターに高橋尚子さん!「勇気と感動をお届けしたい」 総合司会は江藤愛&石井大裕アナ
ブダペスト世界陸上、杭州アジア大会のスペシャルキャスターに高橋尚子さん!「勇気と感動をお届けしたい」 総合司会は江藤愛&石井大裕アナ

総合司会を務める江藤愛アナ、石井大裕アナ、スペシャルキャスターの高橋尚子さん 提供/TBS

TBSは5月11日、同社が中継する8月19日から27日に行われる「ブダペスト世界陸上」と9月23日から10月8日にかけて行われる「アジア大会 中国・杭州」のスペシャルキャスターをシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが務めることを発表した。また、総合司会は同局のアナウンサーの江藤愛さん、石井大裕さんが担当する。

TBSは世界陸上を1997年のアテネ大会から中継し、25年以上にわたり計13大会の放送を行ってきた。これまでは俳優の織田裕二さんとフリーアナウンサー・中井美穂さんがメインキャスターを務めていたが、昨年のオレゴン大会を最後にキャスターを卒業。新たなメンバーで、会場の熱気を届ける。

広告の下にコンテンツが続きます

高橋さんは「『世界陸上』は、超人たちが集結して世界一を争う興奮と感動が凝縮される大会。スポーツが生み出すことのできる勇気と感動を、多くの方にお届けしたいと思います」とコメント。江藤アナは「織田さん、中井さんの『世界陸上』の熱き心を引き継いで、石井アナウンサー、実況アナウンサー、スタッフと力を合わせ、丁寧にお届けしたいと思っています」と中継に込める思いを語っている。

TBSは5月11日、同社が中継する8月19日から27日に行われる「ブダペスト世界陸上」と9月23日から10月8日にかけて行われる「アジア大会 中国・杭州」のスペシャルキャスターをシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが務めることを発表した。また、総合司会は同局のアナウンサーの江藤愛さん、石井大裕さんが担当する。 TBSは世界陸上を1997年のアテネ大会から中継し、25年以上にわたり計13大会の放送を行ってきた。これまでは俳優の織田裕二さんとフリーアナウンサー・中井美穂さんがメインキャスターを務めていたが、昨年のオレゴン大会を最後にキャスターを卒業。新たなメンバーで、会場の熱気を届ける。 高橋さんは「『世界陸上』は、超人たちが集結して世界一を争う興奮と感動が凝縮される大会。スポーツが生み出すことのできる勇気と感動を、多くの方にお届けしたいと思います」とコメント。江藤アナは「織田さん、中井さんの『世界陸上』の熱き心を引き継いで、石井アナウンサー、実況アナウンサー、スタッフと力を合わせ、丁寧にお届けしたいと思っています」と中継に込める思いを語っている。

スペシャルキャスターを務める高橋尚子さん、司会の江藤愛アナ、石井大裕アナのコメント

<スペシャルキャスター・高橋尚子> 『世界陸上』は、超人たちが集結して世界一を争う興奮と感動が凝縮される大会となります。その中で活躍が期待される北口榛花選手、サニブラウン選手ら日本選手の中でも、私が注目するのは、男子20km競歩の山西利和選手です。19年ドーハ大会、22年オレゴン大会で金メダルを獲得。今大会は3連覇がかかります。その瞬間が現実となる可能性は極めて高く、とても待ち遠しいです。 そして、『アジア大会』は、五輪に次ぐ規模の総合大会ということで、選手たちの意思や頑張りが競技の枠を超えて強い団結力を生み出します。日本が205個のメダルを獲得した前回大会では、序盤で競泳・池江璃花子選手の活躍が日本選手団や日本中に勇気と元気を届けてくれました。日本選手の活躍に毎日興奮できる素晴らしい大会です。 そんなスポーツが生み出すことのできる勇気と感動を、多くの方にお届けしたいと思います。 <総合司会・江藤愛(TBSアナウンサー)> 先日、直向きに競技に向き合う選手を間近で見て、「陸上ってかっこいい」と、心がワクワクしました。 織田さん、中井さんの『世界陸上』の熱き心を引き継いで、石井アナウンサー、実況アナウンサー、スタッフと力を合わせ、丁寧にお届けしたいと思っています。 そして『世界陸上』が終われば、日本のメダルラッシュが期待される『アジア大会』が待っています。 私は、日々ニュースを伝えていく中で「スポーツがくれる感動こそ、みんなの心を一つにしてくれる」と感じてきました。 今年の夏と秋は、『世界陸上』と『アジア大会』でスポーツのチカラを一緒に感じていきましょう! <総合司会・石井大裕(TBSアナウンサー)> これまで『世界陸上』を取材し、アスリートの歓喜や涙、新記録や人間ドラマ、多くの心震える瞬間を目の当たりにしてきました。視聴者の皆様に、ブダペストのスタジアムに溢れるエネルギーを少しでも届けられるよう頑張ります! そしてアジアの圧倒的なスポーツ熱を感じる『アジア大会』! 目標に向かい、限界をつくらず挑戦する選手たちの姿を、私も覚悟を持ってお伝えしていきます。『世界陸上』、『アジア大会』、何卒よろしくお願いします!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top